むねこのICTスペース

「日本の世界遺産」「国宝・史跡・名勝」「日帰り温泉」を巡る、旅ブログを主に綴っています。

フォトアルバムup(姫路城)

with 3 comments

フォトアルバムをupしました。
写真フォトh 姫路城(世界遺産・国宝)2008.12」です。

兵庫県姫路市にある「姫路城」は、1993年12月、日本で初めてユネスコの世界文化遺産に登録されました。

5層7階の華麗な大天守と、東・西・乾(北西)の3つの小天守などから成る「連立式天守閣」や、白漆喰総塗籠造の城壁など、「白鷺城」とも呼ばれる美しい景観です。
敵を簡単に天守に近づけない迷路のような縄張り(道順)と、敵を攻め込む仕掛けが随所に施され、要塞としても高い機能性を誇ります。

また、400年の歴史の中で、一度も戦にまみえることなく、近代の戦災に遭うこともなかったために、城全体がよく保存され、内曲輪の城郭建築がほぼ完全に当時の様式を伝えている点でも貴重な文化財(国の特別史跡)となっています。

○むねこのフォト(モバイルケータイ)「姫路城」のページはこちら↓
http://mphotos.live.com/5eb9cd7858bd1612/t.aspx?rid=5EB9CD7858BD1612!1750

城の瓦は、城主の家紋が入ります。姫路城は城主がよく変わったので、その種類も多いそうです。
歴代城主は、赤松氏(二ツ引両)、黒田氏(橘)、羽柴氏(桐)、池田氏(揚羽蝶)、本多氏(三ツ葉立ち葵)、榊原氏(源氏車)、奥平姓松平氏(沢瀉)、松平氏(三ツ巴)、酒井氏(剣酸漿)です。

天守閣最上階の長壁神社は、この天守の丘にあった地主神で、築城の際城外へ移転されたのが、神のたたりがあると城内に戻されました。
宮本武蔵の妖怪退治の伝説も有名です。

☆尚、平成21年秋から大天守の保存修理工事(26年度まで)に着手します。
当面は本格工事の準備期間ですので、21年度中は通常どおり「姫路城見学が可能」だそうです。

◇国宝 姫路城
兵庫県姫路市本町68番地 TEL 079-285-1146(姫路城管理事務所)
交通:JR姫路駅から北方向へ、徒歩約15分。

広告

Written by むねこ

2008年12月17日 @ 9:33 PM

3件のフィードバック

Subscribe to comments with RSS.

  1. […] 「姫路城(世界遺産・国宝) 2008.12」 カテゴリー:おでかけ(兵庫), 日本の世界遺産 タグ: 国宝, 城・城跡 […]

  2. […] 天守閣は、国宝に指定されている犬山城、松本城、彦根城、姫路城の四城のなかでも、最も古い城だそうです。 四城では、望楼から廻縁(外)に出られたのは、ここだけでした。 見晴らしは、抜群でしたが…。 木造で約半間(90cm幅)しかない廻縁からは、気持ちが良いよりも…怖かったです(^_^;)。 […]

  3. […] 「姫路城(世界遺産・国宝)2008.12」 Like […]


コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。