むねこのICTスペース

「日本の世界遺産」「国宝・史跡・名勝」「日帰り温泉」を巡る、旅ブログを主に綴っています。

お寺が面白い3(仏像)

leave a comment »

今回は仏像についてです。
仏像は、大きく分けると「如来」「菩薩」「明王」「天部」の4つに区分できます。
それぞれに異なる役割をもち、ご利益も異なるそうです。

●如来…仏陀の別名。修行を完成し、宇宙の真理を悟った者、すなわち釈迦のことです。厳密に言えば仏像はこの如来像だけを指すそうです。
東大寺の大仏さんは、如来像です。

●菩薩…悟りを開く前の釈迦の姿、あるいは衆生を救うために修行している仏の姿とも言われています。
法隆寺の百済観音像は、スラッとして優しい笑みの美しい姿でした。

●明王…大日如来の指示で、如来に変わって悪を砕き、仏に従わせる役目を持っている。
火焔光背を背負い、武器を手にした力強い像が多い。

●天部…仏教以外の神が取り入れられ、仏教の守護神となったもの。武将の姿をした男性神が多い。
寺門の左右に立つ像もそうですよね。

仏像は、撮影禁止になっていることが多いので、その場でジックリ観察してください。
私は、「よくわかる国宝」と言う本まで買ってしまいました(^^ゞマイブーム?

 
 
 
広告

Written by むねこ

2009年3月17日 @ 11:42 AM

カテゴリー: 雑学

Tagged with

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。