むねこのICTスペース

「日本の世界遺産」「国宝・史跡・名勝」「日帰り温泉」を巡る、旅ブログを主に綴っています。

フォトアルバムup(吉野山)

with 3 comments

フォトアルバムをupしました。
写真フォトn 金峯山寺・吉水神社・他(世界遺産)2009.7」です。

前回記事にしました「大峯山」の吉野郡吉野町吉野山の方を先にまとめました。
吉野・大峯にはわが国独自の宗教「修験道」が生まれ、その文化が今も色濃く残る「紀伊山地の霊場と参詣道」が、ユネスコの世界遺産に登録されました。

また、南北朝時代には、第96代後醍醐天皇が、足利氏との争いのため京都をのがれ吉野に移り、南朝を興しました。

今回は、後醍醐天皇(太平記)ゆかりの史跡を中心に見学しました。
●如意輪寺…後醍醐天皇、楠木正行(正成の子)ゆかりの寺。
●金峯山寺 蔵王堂(国宝)…後醍醐天皇の第二皇子大塔宮護良親王が北条幕府と戦った本陣。
●吉水神社…後醍醐天皇南朝の皇居。…です。

○むねこのフォト(モバイルケータイ)「金峯山寺・吉水神社・他(世界遺産)」のページ↓
http://mphotos.live.com/5eb9cd7858bd1612/t.aspx?rid=5EB9CD7858BD1612%214656&mkt=ja-JP

◇総本山 金峯山寺
奈良県吉野郡吉野町吉野山2498 Tel 0746-32-8371
境内自由。 蔵王堂拝観:400円 8:30~16:30。
【電車】近鉄吉野線「吉野駅」→吉野ロープウェイ「吉野山駅」から徒歩10分。
(近鉄橿原線「大和西大寺~橿原神宮前」急行で約30分。近鉄吉野線「橿原神宮前~吉野」急行で約50分。)
【車】奈良市街から国道24・169号線経由約45km。
駐車場:吉野山観光駐車場(桜の時期は、有料・マイカーの乗入れ規制有)

日本史の知識があったら、もっと面白しかっただろうなぁ…と思いましたので、この先は調べた略史を書きます。

鎌倉幕府時代末期、幕府は次第に武士層からの支持を失っていた。
一方で、朝廷では大覚寺統と持明院統が対立し、相互に皇位を交代する両統迭立が行われる。
1318年(文保2年)に大覚寺統の後醍醐天皇が即位し、皇統の一本化を図るために、両派の排除及びこれを支持する鎌倉幕府の打倒を計画する。
1324年(正中元年)の正中の変、1331年(元弘元年)の元弘の変です。
2度目の討幕計画が発覚し、後醍醐天皇は捕らわれて隠岐島に配流される。
鎌倉幕府に擁立された持明院統の光厳天皇が即位する。
しかし、後醍醐天皇の討幕運動に呼応した楠木正成や第二皇子大塔宮護良親王らが幕府軍に抵抗。
さらに幕府側の御家人である足利尊氏(高氏)らが幕府から朝廷へ寝返り、諸国の反幕府勢力を集める。
1333年(元弘3年/正慶2年)に後醍醐天皇は隠岐を脱出し、京都へ帰還する。
後醍醐天皇は天皇親政によって朝廷の政治(建武の新政)を復権しようとしたが、武士層の不満を招き、1336年(建武3年)に足利尊氏が離反したことにより、政権は崩壊する。
後醍醐天皇は京都を脱出し、吉野へ逃れて吉野朝廷(南朝)を成立させる。
京都の朝廷(北朝)と対立する南北朝時代が到来し、1392年(元中9年/明徳3年)の南北朝合一まで約60年間にわたって南北朝の抗争が続く。
…と、こんな感じです…m(__)mおしまい

参考までに…
嵯峨にあります「天龍寺(てんりゅうじ)」は、大覚寺統(亀山天皇の系統)の離宮であった亀山殿を寺に改めたものです。
足利尊氏が、1339年(暦応2年/延元4年)吉野で死去された後醍醐天皇の菩提を弔うため、夢窓疎石を開山として創建した禅寺です。
「天龍寺(世界遺産)」については、以前にこちらで記事にしています↓
http://gugumuneko.spaces.live.com/blog/cns!5EB9CD7858BD1612!3221.entry

広告

Written by むねこ

2009年7月20日 @ 6:35 AM

カテゴリー: おでかけ(奈良), 日本の世界遺産

Tagged with

3件のフィードバック

Subscribe to comments with RSS.

  1. […] 紀伊山地は古都奈良や京都の南に位置します。 古代より自然信仰を起源とし、神々が鎮まる特別な地域と考えられていました。 「仏教」も、深い森林に覆われた紀伊山地の山々を「浄土」に見立て、山岳修行の舞台としました。 その結果、紀伊山地には、それぞれの起源や内容が異なる「吉野・大峯」、「熊野三山」、「高野山」の三つの「山岳霊場」とそこに至る「参詣道」が生まれました。 その「紀伊山地の霊場と参詣道」は、2004年7月7日、世界遺産(文化遺産)に登録されました。 […]

  2. […] 〈参考〉後醍醐天皇の南朝については、以前こちらで記事にしました↓ 「フォトアルバムup(吉野山)」 […]

  3. […] ☆ちなみに以前、吉野山に来た時の記事です↓ 「フォトアルバムup(吉野山)2009.7」 […]


コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。