むねこのICTスペース

「日本の世界遺産」「国宝・史跡・名勝」「日帰り温泉」を巡る、旅ブログを主に綴っています。

フォトアルバムup(洞川)

with 3 comments

フォトアルバムをupしました。
写真フォトn 大峯山(世界遺産)・龍泉寺・洞川温泉・他 2009.7」です。

前回記事にしました「大峯山」の洞川(どろがわ)の方をまとめました。
「大峯山寺」は奈良県吉野郡天川村にある修験道の寺院です。
大峯山の中心である山上ケ岳(1719m)の山頂にあり、2004年(平成16年)7月ユネスコの世界遺産に登録されました。

その登山口に洞川温泉があり、町の中に大峯山への参道が通ります。
いわゆる温泉街とはまた違う風情がありました。いい感じ猫

今回、見学したのは…。
●龍泉寺…洞川にある真言宗醍醐派の寺院で、同派の別格本山です。大峯山寺の護持院の1つ。
●洞川温泉…大峯山から発する山上川のほとり、標高約820m余りの高地に位置する山里。
●天河大弁財天社…奈良県吉野郡天川村坪内にある神社で、日本三弁財天のひとつです。

○むねこのフォト(モバイルケータイ)「大峯山(世界遺産)・龍泉寺・洞川温泉」のページ↓
http://mphotos.live.com/5eb9cd7858bd1612/t.aspx?rid=5EB9CD7858BD1612%214762&mkt=ja-JP

洞川温泉」は、自然が豊かです。夏に行くには最高の所だと思いました。
「名水の里」と言うだけあり、あちらこちらで水が流れています。
また、渓谷の遊歩道から登山コースまであり、運動をして汗をたっぷり流し、名水を飲み、温泉に入る。
これはもう、体に悪いわけありませんよね。
私もスッキリして帰宅しました。が…1週間もするともとに戻りますね(^^ゞ。
大阪から車で約2時間の場所にありますので、また避暑に行きたいと思います。

◇洞川温泉
奈良県吉野郡天川村洞川
【交通】近鉄吉野線「下市口駅」からバスで約1時間。
(近鉄橿原線「大和西大寺~橿原神宮前」急行で約30分。近鉄吉野線「橿原神宮前~下市口」急行で約30分)
【車】奈良市街から国道24・169・309号線「天川村川合」経由で約65km。
(橿原神宮・明日香村から約1時間)
パソコン「大峯山洞川温泉観光協会」のWebページです↓
http://www.dorogawaonsen.jp/

広告

Written by むねこ

2009年7月22日 @ 12:54 AM

3件のフィードバック

Subscribe to comments with RSS.

  1. […] コンテンツへ移動 ホームようこそ ← フォトアルバムup(洞川) 黒滝茶屋の「柿の葉寿し」 […]

  2. […] 「赤目」の名の由来は… 「役小角」がこの地に来た折りに、滝に向かって行を修めると、不動明王が牛に乗って出現。その牛の目が赤かったので。 不動院の本尊である、不動明王の目が赤く輝いているところから。 …と、古くから伝えられているそうです。 (役小角(えんのおづぬ、役行者)…伝承的な修験道の開祖。以前「大峰山」「洞川」でも記事にしています。) […]

  3. […] 紀伊山地は古都奈良や京都の南に位置します。 古代より自然信仰を起源とし、神々が鎮まる特別な地域と考えられていました。 「仏教」も、深い森林に覆われた紀伊山地の山々を「浄土」に見立て、山岳修行の舞台としました。 その結果、紀伊山地には、それぞれの起源や内容が異なる「吉野・大峯」、「熊野三山」、「高野山」の三つの「山岳霊場」とそこに至る「参詣道」が生まれました。 その「紀伊山地の霊場と参詣道」は、2004年7月7日、世界遺産(文化遺産)に登録されました。 […]


コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。