むねこのICTスペース

「日本の世界遺産」「国宝・史跡・名勝」「日帰り温泉」を巡る、旅ブログを主に綴っています。

神社門前の名物甘味3(嵯峨鳥居本)

leave a comment »

久しぶりの「門前の名物甘味」。パート3でございます(^^ゞ。
今回は、「嵯峨鳥居本」の愛宕(あたご)神社の「一の鳥居」の茶屋です。

嵯峨鳥居本は、愛宕山神社の参詣道で、町並みは「国の重要伝統的建造物群保存地区」です。
「一の鳥居」には2件茶屋がありました。「平野屋」さんと「つたや」さんです。

鳥居本に到着したのが、朝9時過ぎで…。
本当は、先に「大覚寺」に行く予定だったのですが。
間違って、「清滝」の方へ行ってしまいました(-_-;)マタ,マイゴデス.
この清滝からさらに徒歩で2時間ほど登ると「愛宕神社」があるようです。

早朝でしたが、「平野屋」さんには明りがついていました。
お店の方に、「しんこ」をいただけますか?と、こころよく「OK」してもらいました。
「これから蒸すので、しばらく待ってください」と言われて、上にあがらせてもらい。
囲炉裏に火をおこしてもらいました。炭のいいにおい(*^_^*)。

「しんこ」とは、お米の粉をこねたおだんご。
ひねりねじりして、三色にして、その上に黄な粉と黒砂糖をまぶしたもの。
愛宕神社への山坂道をイメージしているそうです。
おくどさんで蒸しているそうで、400年まえからの味です。
(名物しんこ付おうす 840円)

待っている間、外人さんの団体が、店の前を通過。
みなさん、陽気に手を振って行きました…。
一の鳥居からだと、愛宕街道を歩くにしても下り坂で、効率的なんだなぁ~~と納得(=_=)。

○「平野屋」 京都市右京区鳥居本仙翁町16 電話075-861-0359
パソコンお店のWebページ http://www13.ocn.ne.jp/~a0359/index.html

◇ちなみに、以前記事にした「門前の名物甘味」
みたらし団子」「あぶり餅」「粟餅」・・・どこの神社でしょうか?

広告

Written by むねこ

2010年4月11日 @ 10:20 PM

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。