むねこのICTスペース

「日本の世界遺産」「国宝・史跡・名勝」「日帰り温泉」を巡る、旅ブログを主に綴っています。

島根に行ってきました。

with 5 comments

先月のお話ですが、島根県に行ってきました。
1日目「出雲大社(国宝)」~2日目「石見銀山(世界遺産)」~3日目「松江城(重文)」とまわりました。
メインは「石見銀山遺跡とその文化的景観」。世界遺産です。

行きは、朝6時に出発です。出雲まで車で約370km(約5時間半)です
(ETC割引の期間中に、行っておこうと思いまして(^^ゞ)

名神高速-中国自動車道-米子自動車道と走りました。
中国自動車道-米子自動車道では、雷の大雨でしたが、宍道湖SAで小雨になり…。
出雲ICを出て町を走ったあたりからお天気回復です(^^)。
(あの佐用町のあたりが一番雨が強くて、怖かったです。)
出雲市に入って、空が広い…。そして、沢山の雲が東に流れていく…と感動。

まず出雲から。出雲の国といいますと。神話の国です。
出雲大社の御祭神は、大国主大神(国津神(くにつかみ))です。素戔嗚尊の子孫とされるようです。
素戔嗚尊の後に、葦原中国の国づくりを完成させ、国土を「天津神(あまつかみ)」である天孫に譲って、後に出雲大社の祭神となった…。
…ようなことがあらすじのようです。(すみません神話むずかしいです(T_T))
この「天津神」とは、高天原にいる神で、天照大御神など皇祖神のようです。
つまり、天孫降臨以前から日本にいた古来の神が、皇祖神に国を譲ったわけです。

ここで神話にこだわったのは、出雲大社に行った後に、島根半島の西端にある「日御碕神社(ひのみさき)」に行ったからです。
日御碕神社は、「天照大御神」と「神素盞嗚尊」が主祭神です。出雲大社 の「祖神(おやがみ)さま」とあり…。
(+_+)ヨクワカラン…。…で、調べました。

伊勢神宮が「日の本の昼を守り」、日御碕神社は「日の本の夜を護らん」 との「勅命」を受け天照大御神をお祀りしたのが起源だそうです。
島根は「日が沈む」国なのですねぇ(^^ゞ。

〈参考〉今年1月に伊勢神宮に行きました。→「お伊勢参り 2010.1」のページへ

広告

Written by むねこ

2010年10月16日 @ 2:09 AM

5件のフィードバック

Subscribe to comments with RSS.

  1. […] 前の記事(島根)の続きです。 […]

  2. […] 「前の記事」(島根)の続きです。 […]

  3. […] 「前の記事」で、「日御碕神社」のお話をしました。 伊勢神宮が「日の本の昼を守り」、日御碕神社は「日の本の夜を護らん」と天照大御神をお祀りした…って話です。 […]

  4. […] 「前の記事」(島根)の続きです。 島根の旅も最終日です。 […]

  5. […] 以前「出雲の記事」で、スサノオは、出雲の国造りをした「大国主」の祖神(おやがみ)と書きました。 「出雲」と「熊野」は関係があるの?と思い調べてみました。 […]


コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。