むねこのICTスペース

「日本の世界遺産」「国宝・史跡・名勝」「日帰り温泉」を巡る、旅ブログを主に綴っています。

名張 赤目四十八滝 滝編

with one comment

前の記事」(赤目四十八滝 散策路編)の続きです。
赤目四十八滝は、三重県名張市赤目町長坂にある渓谷です。
三重と奈良の国境を流れる滝川の上流に、数々の美しい瀑布が連なります。
室生赤目青山国定公園の中心に位置し、渓谷の長さは約4kmにも及びます。

前回は、散策路についてでした。今回は、赤目五瀑のうちの3つです。
なぜ、5つの内の3つか?は、途中で引き返したからです(^^ゞ。

「赤目」の名の由来は…
「役小角」がこの地に来た折りに、滝に向かって行を修めると、不動明王が牛に乗って出現。その牛の目が赤かったから。
不動院の本尊である、不動明王の目が赤く輝いているところから。
…と、古くから伝えられているそうです。
(役小角(えんのおづぬ、役行者)…伝承的な修験道の開祖。以前「大峰山」「洞川」でも記事にしています。)

また、「赤目四十八滝」は、伊賀忍者が修行をしたところとも伝えられています。

千手滝

「不動滝」「千手滝」は高さ15m。「布曳滝」は高さ30m。
近くまで行くと結構な迫力でした。マイナスイオンたっぷりです。

今回は、紅葉の「色づき始め」に行きましたが、少し寒かったです。
夏に来たら、きっと涼しく過ごせるだろうと思いました。

◇「赤目四十八滝」
三重県名張市赤目町長坂(近鉄大阪線「赤目口駅」からバス10分、赤目滝下車)
入山料:大人300円(サンショウウオセンター入館料込み)
時間:8時30分~17時(12~3月は、9時~16時30分) 休館:12/29~12/31
(国道165号線(初瀬街道)「赤目口」から、県道543号→567号(赤目滝線)へ)
駐車場:あり(民間有料800円)

「続きを読む…」からは、滝のフォトギャラリー(8枚)+スライドショーです↓

↑フォトをクリックするとギャラリーになっています。

↓ここから先は、携帯電話(モバイルページ)では表示されません<(_ _)>

スライドショーには JavaScript が必要です。

広告

Written by むねこ

2010年11月4日 @ 10:06 AM

1件のフィードバック

Subscribe to comments with RSS.

  1. […] 役行者(役小角)の修行場という滝は、名張の「赤目四十八滝」もそうだった…なぁ。 […]


コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。