むねこのICTスペース

「日本の世界遺産」「国宝・史跡・名勝」「日帰り温泉」を巡る、旅ブログを主に綴っています。

己高山 鶏足寺(旧飯福寺) 紅葉

with one comment

前の記事」(己高山 石道寺)のつづきです。
「鶏足寺(旧飯福寺)」(滋賀県長浜市木之本町古橋)へは、石道寺から遊歩道を徒歩で5分です。

境内には、二百本に及ぶ古木の紅葉があると言うことなので、見に行きました。
参道は、「湖東三山」を思わせる紅葉のトンネルでした。

お堂

鶏足寺(旧飯福寺)は、かつては己高山佛教寺院のひとつとして、大いに栄えていたそうですが、現在は無住寺で往時の遺構を残すのみです。
飯福寺(鶏足寺)の霊像や寺宝の数々は、木之本町古橋の「己高閣」に納められているそうなので、己高閣とセットで行くと良いと思います。

木之本町古橋から「鶏足寺(旧飯福寺)」へは、徒歩で15分です。
鶏足寺(旧飯福寺)への道は、遊歩道なので、車は通れません。
古橋から行くのであれば、「己高閣」近辺の駐車場を利用することになります。

歩く距離は、「石道寺」からの方が近いです(^^ゞ。
この日は、「須賀谷温泉」でゆっくりしたので、己高閣へは行きませんでした<(_ _)>。

木之本町古橋は、高時川と己高山(こだかみやま)の間にある里地です。
己高閣へは、北陸自動車道 木之本ICから車で約10分です。
(国道8号→国道303号川合手前を右折→県道281号古橋へ)
◇古橋鶏足寺案内所 Tel 0749-82-2784

「続きを読む…」からは、「鶏足寺(旧飯福寺)」の紅葉のフォトギャラリー(8枚)です↓

 己高山佛教寺院とは…
嘉吉元年(1441)大和「興福寺官務牒疏」によると、己高山五箇寺として、法華寺・石道寺・観音寺・高尾寺・安楽寺。
観音寺別院として飯福寺・鶏足寺・円満寺・石道寺・法華寺・安楽寺とある。
特に古代から中世にかけては大規模な密教寺院があって隆盛を極め、歴史を重ねながら天台ないし真言宗の名刹としてよくその法統を守ってきました。
しかし明治以降は次第に衰退し、現在では飯福寺・安楽時(尾山の釈迦堂)が無住寺ながら僅かに往時の堂宇を遺す程度で、昭和の初め頃には山上の鶏足寺も無くなり、他は廢寺となってしまいました。

…ややこしいのですが、山上にあった鶏足寺は焼失し、飯福寺の事を今は「鶏足寺(旧飯福寺)」と呼んでいるようです。
そして、法華寺・飯福寺(鶏足寺)は「己高閣」に、高尾寺・石道寺は「新石道寺」に、それぞれの霊像や寺宝を納め、いずれも地区民の方が管理をされているそうです。

◇己高閣・世代閣:長浜市木之本町古橋1103
拝観料:500円(己高閣・世代閣共通) 時間9時~17時(11~3月は、~16時)
【電車】JR木ノ本駅→湖国バス金居原行きで13分、バス停:古橋下車。
【車】北陸道木之本ICから国道8・303号経由5km(約10分) P50台

◇鶏足寺(旧飯福寺)アクセスマップ(PDF 444KB)↓
http://www.okubiwako.jp/pdf/keisokuji_access.pdf
◇鶏足寺(旧飯福寺)散策マップ(PDF 4M)↓
http://www.okubiwako.jp/pdf/keisokuji_map.pdf
◇奥びわ湖観光連盟のWebページ↓
http://www.okubiwako.jp/

Written by むねこ

2010年11月16日 @ 1:58 PM

カテゴリー: おでかけ(滋賀)

Tagged with

1件のフィードバック

Subscribe to comments with RSS.

  1. […] 「前の記事」(己高山 鶏足寺(旧飯福寺))の続きです。 日を改めてもう一度、長浜市木之本町に行きました。 […]


コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。