むねこのICTスペース

「日本の世界遺産」「国宝・史跡・名勝」「日帰り温泉」を巡る、旅ブログを主に綴っています。

木之本 己高庵(ここうあん)

with 3 comments

前の記事」(己高山 鶏足寺(旧飯福寺))の続きです。
日を改めてもう一度、長浜市木之本町に行きました。
「己高庵」(己高閣隣の宿泊施設)の日帰り入浴が目的です。

21日は、「己高庵(ここうあん)」で己高庵茶室運営委員会による「茶会」が催されていました。
まず、駐車場がいっぱいで…。ロビーに入ったら人がいっぱいで…。
先週と打って変わっての賑わいに驚きました(+_+)。

しかし「日帰り入浴」の方は、貸切状態でした(^^ゞ。
己高庵は、山野草風呂で、温泉ではないようです。
しかし、ポカポカとよく体が温まりました。
地場採取、栽培の山野草入浴剤がフロントで売っていたので、購入しました。

◇「己高庵」 滋賀県長浜市木之本町古橋1094 Tel 0749-82-6020
日帰り入浴料金 大人500円 定休日 無休
営業時間 10:30~17:30(月曜は14:30~17:30)
己高庵のWebページです↓
http://www.biwa.ne.jp/~yumekosh/kokohan.html

その後、先週行けなかった「己高閣」(法華寺、飯福寺(鶏足寺)の霊像や寺宝を納める文化財収蔵庫)へ行こうと予定をしていたのですが…。
人が多すぎたので予定を変更して、北国街道の方へ行きました。

木之本宿は、北国街道(中山道と北陸地方を結ぶ南北路)と北国脇往還(北陸地方と名古屋地方を結ぶ近道)が交わる宿場町です。
木之本地蔵院」の門前町で、酒蔵・ 醤油店・庄屋屋敷など歴史を感じる建物が立ち並んでいます。

「冨田酒造」さんで「七本鎗(しちほんやり)」と言うお酒を購入しました(^^)。
銘柄は、賤ヶ岳の戦いで、 羽柴秀吉軍にあって活躍した七人の武将の「賤ヶ岳の七本槍」に因んだのだそうです。

「七本鎗(しちほんやり)」の、辛口の「互楽」を買いました。
米の香りが強く、しっかりとした味と辛さがしました。
あまりに香りが良いので、酒粕も買ってしまいました(^^ゞ。
最近、ぽんちゃんは、地酒にハマリつつあるようです。

「木之本観光案内所」のWebページです↓
http://www.sushikei.com/kinomoto/

この日は、祖父の三回忌が近いので、朝8時に京都の東山に着き。
お墓と本堂へのおまいりを済ませ、紅葉の観光客が少ないうちに京都を出ました。
その後、山科から国道161号~海津~塩津~国道8号・303号~木之本へ…。
ほぼ、琵琶湖を半周したのかな?

☆琵琶湖西岸のドライブについては、次の記事で…(^^ゞ。

広告

Written by むねこ

2010年11月22日 @ 3:33 AM

カテゴリー: おでかけ(滋賀)

Tagged with ,

3件のフィードバック

Subscribe to comments with RSS.

  1. […] 「前の記事」(木之本 己高庵)のつづきです。 この日は、京都にお墓まいりに行き、山科から国道161号~海津~塩津~国道8号・303号~木之本へ行きました。 結果的には、琵琶湖西岸をドライブしたわけです(^^ゞ。 […]

  2. […] 長浜市には、「北近江リゾート」「須賀谷温泉」「己高庵」「健康パークあざい」など…以外とたくさん、日帰り入浴が出来る施設があります。 […]

  3. […] そんな伊吹山麓の薬草を使った薬草風呂ですが… 滋賀県側に「ジョイいぶき」「己高庵」等ありますが、岐阜県側の春日にもあると初めて知りました。
    […]


コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。