むねこのICTスペース

「日本の世界遺産」「国宝・史跡・名勝」「日帰り温泉」を巡る、旅ブログを主に綴っています。

大原 三千院 紅葉

with 2 comments

国道367号線(鯖街道)は、京都府京都市から福井県三方上中郡若狭町に至る一般国道です。
以前、「比良山系 国道161・367」の記事を書きました。
今回は「比叡山」側です。「途中越」で京都市左京区大原の三千院に行きました

大原には、春には山菜を買いに…、夏には避暑に…、と…たびたび訪れます。
京都の紅葉シーズンは、車も渋滞するので避けていたのですが、ぽんちゃんが久しぶりに平日休みをもらったので、気合を入れて行ってみました。
朝、9時過ぎに到着。まだ観光バスは来ていないようです(^^)。

三千院の参道は、呂川沿いを上ります。漬物屋・土産屋・食事処のお店が並び、風情があります。
朝の川沿いは、「非常に寒い」と思いました(+_+)。

参道

三千院(さんぜんいん)は、天台宗の寺院です。三千院門跡とも称する。
山号は、魚山(ぎょざん)。本尊は秘仏、薬師瑠璃光如来。
創建は傳教大師最澄上人(767~822)が比叡山延暦寺建立の際、草庵を結ばれたのに始まるそうです。
お堂に比べて大きい「阿弥陀三尊像」(国宝)と、杉木立の中の苔と紅葉の庭園が有名です。

「客殿」→「宸殿」→「往生極楽院」→「金色不動堂」→「観音堂」→「円融蔵」の順路で拝観しました。
客殿からは、「聚碧園」と言う庭園を観ることが出来ます。茶席もあるのですが、庭を撮影する人が集まっていて…。ここは早々に通過しました。
「観音堂」の前でも茶席があったので、ここでいっぷくしました(^^ゞ。

「はぁ…静かだなぁ…」と思いながら、一番奥にある「観音堂」から折り返して戻ると、観光の団体客がぞくぞく…。
「きゃー」と思い、ゆっくりとお土産も見ぬまま、立ち去りました(^_^;)。
また、シーズンでない時に、ゆっくりと里山を楽しみたいです。

続きを読むからは、「大原 三千院」の紅葉のフォトギャラリー(7枚)+スライドショーです↓

今回、赤い紅葉を期待していたのですが、「有清園」は黄色いままでヒラヒラと散っていました。
紅葉の種類が違うのでしょうか?気温が暖かいからでしょうか?

◇京都市左京区大原来迎院町540 三千院門跡 tel:075-744-2531
拝観料:700円 時間:3月~11月8:30~17:00/12月~2月8:30~16:30
交通:JR京都駅から京都バス17系統で約1時間、「大原」下車徒歩約10分。

↓ここから先は、モバイルページでは表示しません<(_ _)>。

スライドショーには JavaScript が必要です。

広告

Written by むねこ

2010年11月25日 @ 11:33 PM

2件のフィードバック

Subscribe to comments with RSS.

  1. […] 「前の記事」(大原三千院 紅葉)の続きです。 大原の地は千有余年前より「魚山」とよばれ、仏教音楽(天台声明)の発祥の地です。 魚山を源とする呂川と律川の名前は、和楽の旋法に因んで名付けられました。 調子はずれを「呂律が回らない」と言うのもこの事が語源になっているそうです。 […]

  2. […] ちなみに… 昨年秋に来た時の記事です→「大原 三千院 紅葉」 […]


コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。