むねこのICTスペース

「日本の世界遺産」「国宝・史跡・名勝」「日帰り温泉」を巡る、旅ブログを主に綴っています。

赤穂 大石神社と赤穂城跡

leave a comment »

前の記事」(赤穂市坂越)の続きです。
坂越でランチを食べて、御崎で日帰り温泉に入り…。
中国自動車道赤穂ICへ戻る途中、兵庫県赤穂市上仮屋旧城内にある「大石神社」と「赤穂城跡」に寄りました。

○「大石神社」は、赤穂四十七義士などを祀る神社です。
○「赤穂城跡」は、1648(慶安元)年から浅野長直が13年かけて築城した海岸平城です。現在は、櫓門の本の丸門、厩口門、本の丸御殿の基礎が復元されています。

江戸時代中期に発生した、赤穂浪士の復仇事件「元禄赤穂事件」に題材をとった、創作作品(歌舞伎や演劇・映画)「忠臣蔵」の名でも知られています。

「赤穂城跡」の三の丸に「大石神社」があり、参道には、大石内蔵助良雄をはじめ四十七義士の石像が並んでいます。
元は旧赤穂城内の大石邸内にて、密かに祀られていたもので、明治33年に神社を創建することが政府から許可され、大正元年(1912年)に社殿が竣工しました。
毎年12月14日(討入の日)には「赤穂義士祭」が催され、義士行列や大名行列など、赤穂城跡の大手門から市中パレードが行なわれるそうです。

この日は、夕方に行ったのですごく寒く、うさぎ年の絵馬が飾ってあり、すっかり年末の気分でした。

◇赤穂大石神社
兵庫県赤穂市上仮屋旧城内 Tel:0791-42-2054
【電車】JR赤穂線「播州赤穂駅」下車徒歩15分
【車】山陽 自動車道「赤穂IC」から車で10分
駐車場有(無料)
「赤穂大石神社」のWebページです↓
http://www2.117.ne.jp/~akoooisi/

赤穂では、「かきおこ」と看板があり、なんでしょう?と思ったら…
ぽんちゃんが「牡蠣のお好み焼きやで」と…。(゜_゜>ヘー。
赤穂城跡の門前には「塩味饅頭(しおみまんじゅう)」のお店がありました。
これは、塩をかくし味に使ったお饅頭です。←おつな味。
かん川の「塩味饅頭」は、「播磨焼」(おかき)と共に私の定番のおみやげです(^^ゞ。

広告

Written by むねこ

2010年12月20日 @ 12:21 PM

カテゴリー: おでかけ(兵庫)

Tagged with ,

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。