むねこのICTスペース

「日本の世界遺産」「国宝・史跡・名勝」「日帰り温泉」を巡る、旅ブログを主に綴っています。

Archive for 2月 2011

越前やべ清 「おさかな料理ごっつお亭」

leave a comment »

前の記事」(北陸自動車道 木之本~武生)のつづきです。
北陸自動車道の武生ICから国道8号線を敦賀方面に走りました。
この海岸線(敦賀街道)沿いにあるドライブイン「大漁市場 越前やべ清」へ行くのが目的です。

「越前やべ清」は、JR敦賀駅前通りにある「地魚料理まるさん屋」の姉妹店らしく…。
「まるさん屋」には、ちょくちょく行くのですが、「越前やべ清」は今回初めて行きました。
ドライブインと言うだけあり、駐車場はバス50台・乗用車200台。
JR敦賀駅前の方のお店「矢部魚問屋」より、規模が大きく、品ぞろえも豊富でした。

そして、「越前やべ清」内に食事処「おさかな料理ごっつお亭」と言う所を見つけました。
ドライブインの食事処の雰囲気ですが、味は「地魚料理まるさん屋」です。

◇「大漁市場 越前やべ清」(矢部魚問屋直営)
福井県敦賀市大比田50号5-1
Tel 0770-28-1011 Fax 0770-28-1770
敦賀ICより車で15分、武生ICより車で30分、東尋坊より車で100分。
http://www.yabesei.com/
◇「おさかな料理ごっつお亭」
営業時間 11:00~15:30(15:00オーダーストップ)

越前・河野しおかぜライン (旧河野海岸有料道路)は、平成20年9月30日から無料になったそうです。
今は、水仙が見ごろだそうですよ。

広告

Written by むねこ

2011年2月21日 at 12:53 PM

越前市 しきぶ温泉 湯楽里

leave a comment »

前の記事」(北陸自動車道 木之本~武生)のつづきです。
まず、北陸自動車道「武生IC」より車で約15分、越前市の公共宿「しきぶ温泉 湯楽里」で日帰り入浴を利用しました。

武生ICから国道8号線を敦賀方面へ。「白崎」交差点を通り過ぎ、次の信号を右折。
白崎公園に隣接する温泉です。
北陸自動車道を降りた下道は、銀世界でした。
雪に隠れて、「しきぶ温泉 湯楽里」の建物が見つからず…迷子になりました(^^ゞ。

泉質は、ナトリウム炭酸水素塩泉です。
36℃~45℃の温度の違う5種類の浴槽があり、その他ジャグジー、薬湯など…。
浴場は1つですが、小~中くらいの浴槽がたくさんあるので、人が分散されて、混んでいるように感じませんでした。

しきぶ温泉の「しきぶ」は、源氏物語の作者、紫式部の「しきぶ」ようです。
越前国司に任ぜられた父・藤原為時とともに、一年余りを越前市で過ごしたといわれているそうです。

北陸の日帰り温泉も色々行ってみたいと思い、「体験版 ゆらん」富山・石川・福井のシールラリーの台紙を貰いました。
温泉シールラリー参加施設は33カ所。北陸は、温泉が多いですねぇ(*^_^*)。

◇「しきぶ温泉 湯楽里」
〒915-0876
福井県越前市白崎町68-8 Tel 0778-25-7800
休館日:毎週水曜日(夏休み期間・祝日などは除く)
日帰り入浴料:6:00~8:00大人450円、9:30~17:00大人600円、17:00~23:00大人500円。
http://www.shikibuonsen.jp/

Written by むねこ

2011年2月21日 at 9:47 AM

カテゴリー: おでかけ(福井)

Tagged with

北陸自動車道 木之本~武生(雪景色)

with 2 comments

12月、1月は大雪が続いたので、北陸方面へは行ってなかったのですが…。
そろそろ、美味しいお魚料理が食べたくなってきて。

この土日は良いお天気(^^)。雪による交通の影響はないだろうと思い…。
2月20日に北陸自動車道を走りました。

今回の目的は…
○福井県越前市白崎町にある公共の宿「しきぶ温泉 湯楽里」の日帰り入浴
○福井県敦賀市大比田にあるドライブイン「大漁市場 越前やべ清」

「越前やべ清」は、JR敦賀駅前通りにある「地魚料理まるさん屋」の姉妹店らしく…。
敦賀~武生の国道8号線沿いにあります。
この海岸線(敦賀街道)は、まったく通ったことがなく、全然知らなかったのですが…。
まるさん屋の1Fの「矢部魚問屋」で買い物をして、レジ袋に「矢部魚問屋直営 越前やべ清」と書いてあるのを見て、最近知りました。

「しきぶ温泉 湯楽里」は、北陸自動車道「武生IC」より約15分なので、武生ICで降りて、国道8号線を敦賀方面へ走りました。
下道の雪の方が心配だったのですが、道は除雪してあるので、全然問題ありませんでした。

☆「しきぶ温泉 湯楽里」と「「越前やべ清」」については、次の記事で書きます(^^ゞ。

Written by むねこ

2011年2月21日 at 1:37 AM

カテゴリー: おでかけ(福井)

Tagged with

第5回 坂本盆梅展

leave a comment »

前の記事」(伊勢上野城跡)につづき…。
「歴史街道 スタンプラリー」の比叡山と石積みのまち、大津市坂本に行きました。

坂本は、比叡山の麓にあり、「延暦寺」「日吉大社」の門前町として栄えてきました。
この一帯は、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定さています。

スタンプ設置箇所は、「元里坊 旧竹林院」です。
里坊は、延暦寺の僧侶の隠居所で、今も数多く残されています。
旧竹林院は、こうした里坊のひとつです。
邸内の主屋の南西に約3300平方mの庭園が広がります。
八王子山を借景に、大宮川の清流がれる回遊式庭園で、国指定名勝庭園です。
大正年間に建てられた2棟の茶室とあずまやは、市指定文化財です。

現在、旧竹林院では、「第5回 坂本盆梅展」開催期間中です。
期間 2011年1月22日(土)~2011年3月6日(日)
(期間中は、休館なし)

室内に、梅の盆栽が展示されていて、梅の上品な香りが漂います。
行ったのは、2月12日です。小型の鉢は咲いていましたが、中型はこれからでした。
坂本盆梅展の盆梅は、中型小型の鉢が多く、座ってゆっくり眺める事が出来ます。
窓の外の名勝庭園も眺めつつ…お抹茶などをいただき…ぼーとしていると癒されます(^^ゞ。

ちなみに…「旧竹林院」には以前、秋にも行きました。
その時の記事です→「山装う 2008.11

◇「元里坊 旧竹林院」
滋賀県大津市坂本五丁目2番13号 TEL 077-578-0955
開園時間:9時~17時(受付は16時30分まで)
休園日:月曜日(祝休日は開園)・祝休日の翌日、12月26日~同31日
入園料:大人310円、小学生150円
交通 :JR湖西線「比叡山坂本駅」から山手へ徒歩約20分。京阪電車「坂本駅」から徒歩約10分。
名神高速道路京都東ICから、国道161号線、西大津バイパス滋賀里ランプ降りる坂本方面日吉大社鳥居下まで。

Written by むねこ

2011年2月13日 at 12:53 PM

津市 一志温泉 やすらぎの湯

leave a comment »

前の記事」(津市 伊勢上野城跡)のつづきです。

三重県津市で日帰り温泉施設を利用しようと思い、「一志温泉 やすらぎの湯」に寄りました。
津市営の「とことめの里 一志」と言う、図書館、保健センターなどがある複合施設内にある温泉です。

泉質は、アルカリ性単純温泉です。
脱衣所から浴場への入口が2つあり、それぞれに洗い場と内風呂があり、露天風呂でつながっています。
入場料は、一般550円、65歳以上350円、12歳未満300円。
浴槽の大きさと設備から思うと、すごくお手頃な値段だと思いました。

…ただ…近所のご年配の方でいっぱい…。輪の中には入りにくいですねぇ(^^ゞ。
行った日は、雪が降っていたので、露天風呂は人が少なかったです。
泉質は、ヌルツルで非常に良かったですよ(*^_^*)。

一志温泉

◇一志温泉 やすらぎの湯
三重県津市一志町井関1792 TEL 059-295-0118
営業時間 AM10:00~PM 9:00(入館受付AM10:00~PM8:30)
休館日 毎週火曜日(祝日の場合は翌日)、12月29日~1月1日
入館料 一般550円 65歳以上350円 12歳未満300円
http://www.tsukanko.jp/article/article.php?case=disp_data&sendNo=119

Written by むねこ

2011年2月12日 at 8:09 PM

カテゴリー: おでかけ(三重)

Tagged with

津市 伊勢上野城跡

with 5 comments

三連休、1日目(建国記念日)。天気、雪。
この日は、三重県津市河芸町上野にある「伊勢上野城跡」に行きました。
「伊勢上野城」は、NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」の主人公のお江が0歳~7歳まで過ごした城です。

伊勢上野城は、織田信包(信長の弟)が安濃津城(のちの津城)の仮城として1570年に改修築城しました。
その後1580年に安濃津城が築城されると、信包は安濃津城へ移り、お市の方と三人姉妹も信包とともに安濃津城へ移りました。
(…ちなみに江は、お市の方が柴田勝家と再婚する9歳までを津で過ごした…)

インフルエンザから、約2週間…。
どこにも行かず、過去の写真を整理して、フォトアルバムを作っていました(^^ゞ。
そろそろ…外出したいなぁ…と思い、今年も「歴史街道 スタンプラリー」をすることにしました。(スタンプラリーの実施期間は2010年7月24日~2011年5月31日まで)

今年は、大河ドラマの影響か?津市に新しいスタンプ設置箇所が出来ていて…。
三重なら、雪による交通の影響が少ないだろう…。と思い行ってみることにしました。

「津城跡」の方は、近くに県庁があり、場所もわかりやすいのですが…。
「伊勢上野城跡」の方は、「歴史街道 スタンプラリー」で知りました。
近鉄名古屋線の「津駅」よりさらに北の「豊津上野駅」から徒歩約15分、「旧伊勢街道」沿いにあります。
車ですと、津インターから伊勢街道(国道23号線)を北進、「一色」交差点左折(イオンの手前)。
その先は、「江ちゃん」の幟を目印に行くと良いと思いますが、伊勢鉄道を越えると行き過ぎです。

近くに「イオンスーパーセンター津河芸ショッピングセンター」があり、駐車場から国道23号線を挟んで、やや北の向かいに高台(標高38m)が見えます…。
それが「伊勢上野城跡」です。

今は、「本城山青少年公園」となっていて、二の丸はアスレチック設備のある広場で、本丸北端の櫓台跡にはコンクリート製の展望台があります。
その展望台の2階の資料室でスタンプを貰います。

◇「本城山青少年公園(伊勢上野城跡)展望台資料室」
三重県津市河芸町上野(本城山)
資料室の営業時間:9時から16時30分まで。
休業日:月曜日・12月29日~1月3日。無料。
問い合わせ先:津市河芸総合支所地域振興課(059-244-1700)

◇津市観光協会のWebページです↓
http://www.tsukanko.jp/go_special/spot01.html

Written by むねこ

2011年2月12日 at 11:59 AM

道の駅 紀宝町ウミガメ公園

with one comment

前の記事」(熊野三山・世界遺産)のつづきです。
熊野三山からの帰り道、「道の駅 紀宝町ウミガメ公園」によりました。
単に道の駅に、休憩に入ったのですが、ウミガメが泳ぐプールがあり、驚きました。

三重県南牟婁郡紀宝町は、三重県の最南端の町です。
牟婁(むろ)地区は、「熊野」と呼ばれている地域の一つです。
三重県南牟婁郡紀宝町は、熊野川を隔て、和歌山県新宮市と隣接しています。

国道42号線沿いには「七里御浜」があり、三重県熊野市から紀宝町鵜殿まで約22Km続く砂礫海岸です。
「七里御浜」は単に美しいだけでなく、熊野参詣道(熊野古道)伊勢路の一部で、アカウミガメの産卵地でもあります。

国道42号線の「七里御浜」が見える浜街道は、大変気持ちよく走る事が出来ました。
世界遺産の「熊野古道 伊勢路」として、「花の窟神社」「獅子岩」「鬼ヶ城」などの見どころもありますので、時間があれば通過せず、立ち寄ってみてください(^^)。

余談ですが…
国道42号線、熊野市から紀勢大内山ICまでは、長いです…途中峠道もあります。
昔、熊野に参詣する人々にとって、参詣道は遠く険しく、それを越えること自体が一種の修行であり、そこへたどり着くことで誰もが救われると考えられていたそうです。

◇熊野の鬼ケ城(国指定名勝・天然記念物)
三重県熊野市木本町
【電車】JR紀勢本線熊野市駅からバスで5分。
【車】紀勢自動車道「紀勢大内山IC」から国道42号経由 約75km(1時間30分)

◇花の窟神社(イザナミの墓所)
三重県熊野市有馬町上地130
【車】鬼ケ城から10分。 駐車場あり(無料)

◇「紀宝町ウミガメ公園」ウミガメふれあいパーク
三重県南牟婁郡紀宝町井田568番地7 TEL 0735-32-3686
営業時間 9:00~17:00。 休業日 年中無休。 入館料 無料。

〈この記事は、2009.10に「熊野三山」に行った時の内容です〉

Written by むねこ

2011年2月10日 at 10:03 PM