むねこのICTスペース

「日本の世界遺産」「国宝・史跡・名勝」「日帰り温泉」を巡る、旅ブログを主に綴っています。

神話の国 木の国

leave a comment »

前の記事」(熊野三山・世界遺産)のつづきです。

「熊野権現」とは、熊野三山(本宮・新宮・那智山)の祭神である神々をいいます。
特に主祭神である「家津美御子神(けつみみこ)、速玉神(はやたま)、夫須美神(ふすび、むすび)」を指し「熊野三所権現」といいます。

熊野権現信仰は奈良朝に起こり、神仏習合の流布にともない、神々はそのままでは俗世に御姿を現わすことは出来ないので、仮に仏にお姿を変えて現れる(権現)と説かれました。
【本宮】家津美御子大神=スサノオ=阿弥陀如来。
【新宮】熊野速玉大神=イザナギ=薬師如来。
【新宮・那智】熊野夫須美大神=イザナミ=千手観音。

以前「出雲の記事」で、スサノオは、出雲の国づくりをした「大国主」の祖神(おやがみ)と書きました。
「出雲」と「熊野」は関係があるの?と思い調べてみました。

○イザナミの墓所
「古事記」では、出雲と伯伎(伯耆)の境の比婆山(現在の島根県安来市伯太町)。
「日本書紀」では、紀伊の熊野の有馬村(三重県熊野市有馬の花窟神社)に葬られたという。
「古事記」によれば、高天原を追放されたスサノオは、母イザナミのいる黄泉国に行きたいと願いそこに行きました。

○出雲一の宮 熊野大社(島根県松江市八雲町)
祭神名は「伊邪那伎日真名子 加夫呂伎熊野大神 櫛御気野命」とし、スサノオの別名であるとしている。
出雲も紀伊も、ともに奥深い地で、熊野の社名・地名が双方にある。
古代から両国の経路は海路によって結ばれていた。

○スサノオの子、イタケル、オオヤツヒメノミコト、ツマツヒメノミコト。この三柱の神が木種を播て、国土を全部青山にして、最後にやってきた木の国でお鎮まりになった。

○オオナムヂ(大国主)が兄弟神から逃れる時、五十猛神(イタケル)のいる「木の国」を通って、スサノオのいる「根の国」へ行った。

他にもあるようですが…。
スサノオ(またその子孫)も紀伊国(木の国)と関係しているようです。
スサノオは木の神でもあり、どの木が船、宮、棺を造るのに適しているか教えたそうです。(すみません神話むずかしいです(T_T))

〈この記事は、2009.10に「熊野三山」に行った時の内容です〉

Written by むねこ

2011年2月8日 @ 3:55 AM

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。