むねこのICTスペース

「日本の世界遺産」「国宝・史跡・名勝」「日帰り温泉」を巡る、旅ブログを主に綴っています。

天理市 石上神宮(いそのかみじんぐう)

with 2 comments

前の記事」(歴史街道スタンプラリー古代史ゾーン)のつづきです。
奈良盆地の東部、青垣の山麓に南北に続く「山の辺の道」は、記録に残る日本最古の道と言われています。
桜井の三輪山麓~天理の石上神宮までは、ハイキングコースとして親しまれています。

奈良県天理市布留町布留山に鎮座する「石上神宮(いそのかみじんぐう)」は、日本最古の神社の一つです。
元々は古来朝廷の武器庫として物部氏が守っていたといわれています。
主祭神は、神武天皇が東征の折に、国土平定に偉功をたてられた霊剣で、第10代崇神天皇7年に現地石上布留の高庭に祀られました。

境内はうっそうとした常緑樹に囲まれ、神さびた自然の姿を今に残しています。
この周辺は古墳密集地帯として知られています。

この「山の辺の道」のハイキングコース(桜井駅~大神神社~長岳寺~石上神宮~天理駅)は、約16キロあるそうです。
今回は、スタンプを押すのが目的なので、参拝だけしました(^^ゞ。

◇石上神宮(いそのかみじんぐう)
奈良県天理市布留町384 (境内自由)
【電車】JR桜井線・近鉄天理線「天理駅」から徒歩30分(約2km)
【車】名阪国道「天理東IC」から5分 駐車場有(無料)
(国道169号線を「川原城町(市役所前)」交差点で東へ1.5km→「布留」交差点を右折、県道51号線へ)

〈参考〉「近鉄てくてくまっぷ(奈良-9) 山の辺の道コース」のWebページ↓。
http://www.kintetsu.co.jp/zigyou/teku2/teku-nara09.html

広告

Written by むねこ

2011年4月8日 @ 12:06 AM

2件のフィードバック

Subscribe to comments with RSS.

  1. […] 「前の記事」(天理市 石上神社)のつづきです。奈良盆地の東部、青垣の山麓に南北に続く「山の辺の道」。神の住む山と崇められる桜井の三輪山の麓から奈良まで続く道です。 […]

  2. […] ☆ちなみに以前、「山の辺の道」に行った時の記事です↓。 「桜井市 大神神社(おおみわじんじゃ)」 「天理市 石上神宮(いそのかみじんぐう)」 […]


コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。