むねこのICTスペース

「日本の世界遺産」「国宝・史跡・名勝」「日帰り温泉」を巡る、旅ブログを主に綴っています。

桜井市初瀬 長谷寺の桜

with 2 comments

奈良県桜井市初瀬にある長谷寺は、三輪山の東に位置し、大和と伊勢を結ぶ初瀬街道(国道165号線)を見下ろす初瀬山の中腹にあります。

宇陀市の「大野寺」につづいて、2011年4月14日に「長谷寺」にも、桜を見に行きました。
山の斜面は、桜の花でうめつくされているといった感じで、風が吹くと花びらが舞い上がり、歓声があがるほど奇麗でした。
…あの調子で散ると、週末は花が少なくなっているかもしれません。

長谷寺(門前町から)

長谷寺は、真言宗豊山派の総本山で、高さ10mを超える十一面観世音菩薩立像(重文)を本尊とする、西国三十三所観音霊場の第八番札所です。
仁王門(重文)をくぐると、399段の長い登廊が続き、登り切った先に舞台造の本堂(国宝)が建ちます。

本堂では、毎日午前11時より、御本尊十一面観世音菩薩の御宝前にて法要が行われています。
(真言のお経は聞いていて心地よいです)
御本尊は立像ですので、見上げるほどの大きさで、「わぁ」と感動します。普段は御足の方は見えないようです。
正午になると、鐘と法螺貝の音が響き渡ります。千年の昔から続く習わしなのだそうです。

長谷寺は、「花の御寺」としても知られ、牡丹の名所で有名です。
牡丹の見頃は、4月中旬~5月上旬で、登廊の両側や本坊、東参道などに約7000株もの牡丹が植えられています。
「長谷寺ぼたんまつり」が、平成23年4月16日(土)~5月8日(日)とありましたが、14日の時点では、堅そうなつぼみでしたので、開花まではもう少し先のように思います。

…続きを読むからは、フォトギャラリー(8枚)です。

ぼたんまつりの他にも…
平成23年4月1日(金)~5月31日(火)には、本尊大観音尊像「特別拝観」(料金千円、入山料別途)として、御足に触れることが出来るそうです。
平成23年3月19日(土)~5月31日(火)、「春季特別寺宝展」(料金100円、入山料別途)も行なわれています。

今回、車で行ったのですが、国道165号線から門前までの道(約1キロ)が、非常に狭いです。
(「ぼたんまつり中」は、時間規制で車両通行禁止)
「仁王門の横」に有料駐車場(500円)がありますが、平日のAM10時前に着いて、もう満車になっていました。
迷わないように、あらかじめ調べて行くことをお勧めします。
帰りは、初瀬ダムの方から針ICへ(県道38号桜井都祁線・約13.5km)抜けました。
こちらの道は国道165号線より狭いですが、この日はすいていました。

◇真言宗豊山派総本山 長谷寺(西国八番)
奈良県桜井市初瀬731-1 入山料:大人500円。
入山時間:8:30~17:00(10~3月は9:00~16:30)
【電車】近鉄大阪線「長谷寺駅」下車 徒歩約15分。
【車】西名阪自動車道「天理IC」から国道169号線を桜井市経由約40分。
名阪国道「針IC」から国道369号線を榛原区経由約30分。
〈参考〉大型用アクセスマップ↓(PDF540KB)
http://www.hasedera.or.jp/2009/img/map_bus.pdf

広告

Written by むねこ

2011年4月15日 @ 10:31 PM

カテゴリー: おでかけ(奈良)

Tagged with ,

2件のフィードバック

Subscribe to comments with RSS.

  1. […] 以前、記事にしました、初瀬街道(国道165号線)沿いにある、桜井市初瀬の「長谷寺」の東に位置し、宇陀市の「大野寺」は室生寺の入口(西門)にあたります。 […]

  2. […] 奈良県桜井市の三輪山の東方、大和と伊勢を結ぶ初瀬街道(国道165号線)沿いに、桜井市初瀬の「長谷寺」と宇陀市室生区の「室生寺」があります。 […]


コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。