むねこのICTスペース

「日本の世界遺産」「国宝・史跡・名勝」「日帰り温泉」を巡る、旅ブログを主に綴っています。

日本三名泉 下呂温泉の湯

leave a comment »

前の記事」(温泉街散策)のつづきです。
岐阜県の下呂温泉は、町の真ん中を南北に流れる清流「飛騨川」沿いに50を超える温泉宿が建ち並ぶ山間の温泉地です。
江戸時代の儒学者 林羅山により、兵庫県の「有馬温泉」、群馬県の「草津温泉」と並ぶ「日本三名泉のひとつ」と称されたことでも有名です。

泉質は、単純温泉(アルカリ性単純温泉)で、ツルツルした肌触りです。
湯上りもお肌がしっとりツルツルになり、私は好きな泉質です。

温泉街には、足湯が10カ所もあり、無料開放しているのは8カ所です。
温泉街を散策しながら、足湯で休憩するのも楽しいものです(*^_^*)。

今回は、朝から高山市一之宮の方にまで足を延ばしましたので、明るいうちに帰宅するのは無理だろうと言うことで、下呂温泉に宿泊する事にしました。
24時間入浴が出来るので、湯治客が集中することなく快適でした。

ちなみに、下呂温泉の共同浴場は、下呂市幸田の「幸の湯」(350円)、下呂市湯之島の「クアガーデン露天風呂」(600円)、下呂市湯之島の「しらさぎの湯」(300円)と3つあります。
それ以外にも、手形加盟旅館の中から三軒のお風呂に入浴する事ができる「湯めぐり手形(1,200円)」もあるようです。

〈参考〉下呂温泉旅館協同組合のWebページ↓。
http://www.gero-spa.or.jp/
〈参考〉散策マップ(PDF8.88MB)↓。
http://www.gerogle.jp/pdf/sansaku_map.pdf

自宅~下呂温泉まで約250km、車で3時間弱くらいで行けるので、シーズンオフの時期なら、ランチと日帰り温泉も可能かなぁ…。チョットシンドイカァ。
昔は、高鷲のダイナランドまで夜中の2時に出発して、日帰りスキーをしたものですが…。湯治めぐりが趣味になるとは…(T_T)トホホ。

広告

Written by むねこ

2011年5月4日 @ 3:40 AM

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。