むねこのICTスペース

「日本の世界遺産」「国宝・史跡・名勝」「日帰り温泉」を巡る、旅ブログを主に綴っています。

宇治市 西国十番 三室戸寺(みむろとじ) » 宇治市 三室戸寺 本堂・阿弥陀堂(江戸時代・府の文化財)

leave a comment »

本堂・阿弥陀堂(江戸時代・府の文化財)

本堂・阿弥陀堂

三室戸寺は、今から約千二百年前、第49代光仁天皇の勅願により千手観世音菩薩を本尊として建立されました。
平安時代には殊に皇室の御帰依が深く、第67代三条天皇は法華堂を、第72代白河天皇は常行堂や荘園を、又、第73代堀河天皇は伽藍を増修し、寺領を御寄進せられた為に盛大を極めました。
その後、時代の変遷と共に盛衰を繰り返し、約二百年前の文化十一年に現在の本堂の改築が成就されました。
《本堂前には、狛兎と狛牛が…》

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中