むねこのICTスペース

「日本の世界遺産」「国宝・史跡・名勝」「日帰り温泉」を巡る、旅ブログを主に綴っています。

小浜 常高寺(お初の菩提寺)

with one comment

先週の土曜日、少し涼しくなったので、福井県の小浜市へ行きました。
今回は、平成20年6月9日に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されました「小浜西組」です。

小浜市中心部の西、後瀬山と小浜湾に挟まれた「小浜西組」は、江戸時代に小浜城下の町人地を東・中・西と三組に分けた城下町の一部です。
保存地区には、丹後街道が通り、街道沿いに商家町、山麓には社寺が密集し寺町のような景観をみせ、地区西端には茶屋町が形成されています。

まず、後瀬山山麓にある「常高寺」へ行きました。
常高寺は、江戸時代初期の小浜藩主京極高次の妻、常高院(お初の方)(浅井長政とお市の方の次女)の菩提寺です。

花菖蒲の名所と言うことらしいのですが、時季としては終わっていました。
でも、紫陽花は咲いていましたよ(*^_^*)。
本堂は意外と新しかったので、パンフレットを読むと、明治以降衰退して荒れていたが、近年になり再建された…。
…とありました。

本堂前には萩が植えられていて、本堂・書院裏には庭園があり、季節の花を楽しむ事が出来るそうです。
本堂のさらに裏、国道27号線を越えた先、後瀬山山麓に、常高院墓所があります。

本堂の裏は国道27号線、山門と石階段の間にはJR小浜線が通ると言う、ユニークなお寺です。
この石階段は、連続テレビ小説「ちりとてちん」のロケ地になったそうですよ。

…続きを読むからは、フォトギャラリー8枚です。

◇臨済宗妙心寺派 凌霄山 常高寺〈常高院菩提所〉
福井県小浜市浅間1番地 TEL0770-53-2327
拝観料:400円
交通:JR小浜線「小浜駅」から約1Km。
駐車場:あり(国道27号線側から入る)
〈花菖蒲の名所:見頃6月中旬〉

-常高院(お初)略年譜-
1568-お初、近江国小谷城で誕生。
1573-小谷城落城、父・浅井長政死す。
1583-越前国北ノ庄城落城、母・お市死す。
1587-京極高次に嫁ぐ(近江国大溝城)。
1600-関ヶ原の戦(近江国大津城籠城戦)。高次、若狭国小浜藩主となる。
1609-夫・高次が亡くなった為、初出家し常高院と称する。
1614・15-大阪冬の陣・夏の陣、姉・淀死す。
1626-妹・嵩源院が江戸城西の丸で没する。
1630-常高寺建立を発願。
1633-常高院(初)江戸にて死す享年66才。
1634-京極家、出雲松江藩に国替え。

○ちなみに、京極高次のお墓は、以前記事にしました、滋賀県米原市の「徳源院(清滝寺)」にあります↓
びわ湖検定 スタンプラリー(醒井~柏原)

○現在の彦根城の天守は、大津城の天守を移築したものと伝えられています↓
フォトアルバムup(彦根城・国宝)

Written by むねこ

2011年7月9日 @ 12:36 AM

1件のフィードバック

Subscribe to comments with RSS.

  1. […] 「前の記事」(小浜 常高寺(お初の菩提寺))の続きです。 「小浜西組」は、福井県小浜市中心部の西、後瀬山と小浜湾に挟まれた位置にある小浜城の城下町です。 平成20年6月9日に国指定の重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。 […]


コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。