むねこのICTスペース

「日本の世界遺産」「国宝・史跡・名勝」「日帰り温泉」を巡る、旅ブログを主に綴っています。

福井市 北の庄城跡と福井城跡 » 福井市 福井城跡(本丸跡)

leave a comment »

福井城跡(本丸跡)

福井城跡(本丸跡)

福井城は、徳川家康の二男・初代福井藩主・結城秀康が慶長11年(1606)に築城し、約270年間17代にわたり越前松平家の繁栄の舞台となった名城。
築城当時は4層5重の天守閣と三重の堀をもっていたと言われますが、寛文9年(1669)の大火で焼失した跡は再建されなかったそうです。
現在では石垣と堀の一部だけが残されていて、本丸跡には福井県庁が建っています。
◇「福井城跡」(結城秀康が築いた北の庄城)
福井市大手3-17-1
交通:JR北陸本線「福井駅」から徒歩約5分。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中