むねこのICTスペース

「日本の世界遺産」「国宝・史跡・名勝」「日帰り温泉」を巡る、旅ブログを主に綴っています。

福井市 養浩館(ようこうかん)庭園

leave a comment »

前の記事」(北の庄城跡と福井城跡)のつづきです。
福井城の本丸跡(福井県庁)から北へ、約500mの位置に、国の名勝「養浩館庭園」があります。

この庭園は、数奇屋風建築や回遊式林泉庭園をそなえる江戸時代中期を代表する名園の一つです。
かつては、福井藩主松平家の別邸で、江戸時代には「御泉水屋敷(オセンスイヤシキ)」と称されていました。

明治維新によって福井城は政府所有となりますが、御泉水屋敷の敷地は引き続き松平家の所有地として、福井事務所や迎賓館としての機能を果たし、明治17年(1884)、松平春嶽によって「養浩館(ヨウコウカン)」と名付けられました。

養浩館は、昭和20年の福井空襲により焼失しましたが、昭和57年、「国の名勝」に指定されたのを機に、文政6年(1823)の「御泉水指図」を基本に、近年、復元整備工事が行われました。

行って観て、まず驚いたのは、池の広さです。
庭園の面積が約9,500平方mに対して、池の面積が約2,300平方mです。
複雑な形をなした池泉や、豪快な護岸石組みの「動」的な武将庭園とは対照的で…
「静」的な印象の庭園でした。

屋敷は、平成5年に完成し、一般公開されたそうですので、新しい建物です。
屋敷から池を観ていると、静かな湖に屋形船で浮かんでいるような…そんな風に感じました。

屋敷は池の東側に建っていて、北から南へ、「御湯殿」「御台所」「御座ノ間」「御月見ノ間」とあります。
「御月見ノ間」からは、池に映る残月を観たそうです。

◇「養浩館庭園」(国の名勝)
福井県福井市宝永3-11-36 0776-21-0489
開園時間:9:00~19:00 (11月6日~2月末日までは~17:00)
休園日:年末年始 入園料:210円(大人)
【電車】JR北陸本線「福井駅」から北へ徒歩約10分。
【車】北陸自動車道「福井IC」から国道158号線(美濃街道)・県道114号線(さくら通り)経由で約5.5km。

Written by むねこ

2011年10月23日 @ 11:26 PM

カテゴリー: おでかけ(福井)

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。