むねこのICTスペース

「日本の世界遺産」「国宝・史跡・名勝」「日帰り温泉」を巡る、旅ブログを主に綴っています。

愛知県犬山市 犬山城(国宝)

with 2 comments

犬山市は、愛知県北西部に位置します。
愛知県(尾張)と岐阜県(美濃)の国境には、木曽川が流れています。
その木曽川の南岸に、国宝指定四城の一つ犬山城が建っています。

犬山城 天守閣

犬山城は天文6年(1537)に織田信長の叔父にあたる織田与次郎信康によって造られました。
小牧長久手合戦(1584)の際には、豊臣秀吉は大阪から12万余の大軍を率いてこの城に入り、小牧山に陣をしいた徳川家康と戦いました。
江戸時代になり、尾張藩の付家老、成瀬隼人正正成が元和3年(1617)城主となってからは、成瀬家が代々受け継いで明治に至りました。

明治維新による廃藩置県のため、この城は愛知県所有となり、櫓や城門など天守閣を除く建物はほとんど取り壊されてしまいました。
明治24年の濃尾震災で天守閣の東南角の付櫓など、ひどく壊れましたので、それを修理する条件で再び成瀬家所有の城となりました。
その後、伊勢湾台風などでも被害をうけましたが、昭和36年から40年(1965)まで4年間をかけて解体修理をおこないました。
昭和10年(1935)国宝に、昭和27年規制改正にともない改めて国宝に指定されました。

望楼型の独立天守で、外観三層の高さ19m(内部4階、石垣の中2階付)です。
平成16年4月、財団法人 「犬山城白帝文庫」が設立され、城の所有は個人から財団法人になりました。

続きを読むからは、フォトギャラリー(8枚)です。

天守閣は、国宝に指定されている犬山城、松本城彦根城姫路城の四城のなかでも、最も古い城だそうです。
四城では、望楼から廻縁(外)に出られたのは、ここだけでした。
見晴らしは、抜群でしたが…。
木造で約半間(90cm幅)しかない廻縁からは、気持ちが良いよりも…怖かったです(^_^;)。

天守閣から南側は、城下町があります。
犬山城の正面通り「本町通り」は、メインストリートで、江戸時代の風情が残ります。
流石、国宝の城のメインストリート、屋台が軒を連ねて賑やかだ…
…と思っていたら、その日(2011年10月23日)は、「秋の犬山お城まつり」が行われていました。

この土日は、雨の予報だったので、人が少なかったのでしょう…
祭りのことを知らない者が、普通に観光出来ました(^^♪
(よく駐車場に入れたと感心…)

午前中に城を見学し、本町通りで昼食をとっていると、時代衣装を着た行列が通り、城の方へ向かいました。
15:00頃から犬山城鉄砲隊による火縄銃演武があるようでした。
私たちは、火縄銃演武の時間まで待たずに帰りました(^_^;)。
○本町通りの様子は、「次の記事」に書きます。

◇国宝 犬山城(別名 白帝城)
愛知県犬山市犬山北古券65-2 TEL:0568-61-1711(犬山城管理事務所)
開館時間:9:00~16:30(閉門は17:00)
入場料:大人500円  小・中学生100円
【電車】名鉄「犬山駅」から徒歩約20分。
【車】名神高速道路・東名高速道路「小牧IC」から国道41号線・県道27号線経由で、約12km。

Written by むねこ

2011年11月5日 @ 12:59 AM

カテゴリー: おでかけ(愛知)

Tagged with ,

2件のフィードバック

Subscribe to comments with RSS.

  1. […] 「前の記事」(愛知県犬山市 犬山城)の続きです。 国宝指定四城の一つ「犬山城」は、 尾張(愛知県)と美濃(岐阜県)の国境、木曽川の南岸に天守閣が建っています。 […]

  2. […] 「前の記事」は、尾張(愛知県)の「犬山城」でした。 今回は、美濃(岐阜県)の「岐阜城」です。 […]


コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。