むねこのICTスペース

「日本の世界遺産」「国宝・史跡・名勝」「日帰り温泉」を巡る、旅ブログを主に綴っています。

長岡京市 長岡天満宮と乙訓寺

leave a comment »

前の記事」(西山三山 光明寺)の続きです。
JR東海道本線「長岡京駅」から天神通り(府道210号線)を西へ約1kmほど行くと、八条ヶ池に至ります。
八条ヶ池の橋を渡った先が「長岡天満宮」です。

「長岡天満宮」は、菅原道真公が大宰府に左遷されるとき名残を惜しんだ地として、道真公を祀っています。
八条ヶ池の中堤両側には、樹齢100~150年のキリシマツツジが多数植えられており、その見事さはわが国随一と言われているそうです。

八条ヶ池は、乙訓郡大山崎町と大枝沓掛町の間を南北に結ぶ「丹波街道(府道10号線)」と交差する場所でもあります。
今回、西山方面をくるくる走りましたが、「長岡天満宮」は、長岡京市の各名所への経由地点だったように思います。

八条ヶ池から北へ、府道10号線と並行して「文化センター通り」と言う広い道が、「光明寺道(府道209号線)」まで通っています。
八条ヶ池から「文化センター通り」を北へ1.4kmほど行った先に、「乙訓寺」があります。

「乙訓寺」は、長岡京遷都の以前からあり、第33代推古天皇の勅願で聖徳太子が創建したとされる乙訓地方最古のお寺です。
長岡京に都があった延歴4年(785)に早良親王(桓武天皇の弟)が幽閉され、弘仁2年(811)には空海(弘法大師)が当時の別当に任じられています。
境内には、ぼたん二千株余りあり「ぼたんの寺」としても有名です。

「乙訓寺」は、山城国乙訓郡の地名が名で、この地方最古の寺と言うことで、行きましたが…。
周辺は住宅地で、看板に従いながら走りましたが、狭い道に迷い込み…。
ファミリーマート(乙訓寺の南側)の横にある「参拝者用駐車場」をやっと見つけました(^_^;)。
ここは、牡丹の季節以外は、あまり人が来ない場所なのかも…。

◇乙訓寺
真言宗豊山派長谷寺の末寺。洛西観音霊場第六番札所。
京都府長岡京市今里三丁目14-7  TEL:075-951-5759
(「乙訓寺」から「光明寺」へは、文化センター通りと光明寺道(府道10号線)を北西へ約1.5km)

◇長岡天満宮
京都府長岡京市天神2丁目15-13 TEL:075-951-1025
(「長岡天満宮」から「光明寺」へは、文化センター通りと光明寺道(府道10号線)を北西へ約2.4km)
(「長岡天満宮」から「楊谷寺」へは、柳谷道(府道79号線)を西南へ約4km)

広告

Written by むねこ

2011年11月19日 @ 1:22 AM

カテゴリー: おでかけ(京都)

Tagged with ,

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。