むねこのICTスペース

「日本の世界遺産」「国宝・史跡・名勝」「日帰り温泉」を巡る、旅ブログを主に綴っています。

月ヶ瀬尾山 天神梅林~桃香野 龍王梅林の梅 3.24

with one comment

前の記事」(月ヶ瀬尾山 真福寺~帆浦梅林の梅)のつづきです。
前回、2012年3月6日に奈良の月ヶ瀬を訪れた時は、まだ「つぼみ」でした。
ふたたび、3月24日に梅を観に行きました。

月ヶ瀬梅林は、木津川水系名張川(五月川)の渓谷沿いに梅の木が広がる様から「月ヶ瀬梅渓」とも呼ばれています。
月ヶ瀬尾山の真福寺~帆浦梅林~天神梅林は、海抜200m~300mの高地です。
ですから、このあたりの遊歩道から渓谷を見下ろす眺めは、すばらしいです。

天神梅林から月ヶ瀬橋

そして、月ヶ瀬桃香野の月ヶ瀬湖は、1969年に名張川の下流の高山ダム完成にともない、水没してできたダム湖です。
湖畔と真福寺あたりでは、標高差がありますので、湖畔沿いの南斜面の方が早く梅が咲いたようです。
2012年3月23日の時点で、「月ヶ瀬観光協会のWebページ」に「湖畔は7分咲き、山頂は5分咲き」と載っていたので、「湖畔の里 つきがせ」の駐車場の方が混んでいたように思います。

天神梅林は、天神神社(見晴荘隣)の西側と北側の遊歩道あたりです。
東側にある真福寺よりも、西斜面気味のせいか?5分咲きとまで咲いてなかったと思います。
逆に言えば、まだまだ梅が楽しめる訳ですね。

続きを読むからは、フォトギャラリー9枚です。

天神梅林を散策した後は、真福寺へ歩いて戻り、昼食がてらに「梅の郷 月ヶ瀬温泉」の日帰り入浴に行きました。
この日は、たっぷり2時間ほど歩きましたので、温泉で体をほぐせるのは有難かったです。
そして、露天風呂に入っている時に、急に強風と通り雨が…。
午後からは、曇り空で雨が降ったり止んだりのお天気でした(-_-;)。

昼過ぎに、尾山から県道82号線を降りて、桃香野の龍王梅林の方へ行きました。
龍王梅林は、まだつぼみが多かったです。
八幡橋を渡った南山城側の一角の方が明るく咲いているように見えましたので、橋を渡って行ってみたのですが、雨が強まり…。
そろそろ帰宅することにしました。

◇美晴荘(天神梅林にたたずむ憩いの館)
所在地:奈良県奈良市月ヶ瀬尾山78-2 TEL:0743-92-0031
[真福寺から帆浦梅林経由(遊歩道)で約500m]

◇湖畔の里つきがせ
所在地:奈良県奈良市月ヶ瀬桃香野4267-5 TEL:0743-92-0066
定休日:金曜日(祭日は営業、梅まつりの期間は無休)
営業時間:10:00~17:00(秋~冬)、9:00~18:00(春~夏)。
アクセス:名阪国道「五月橋IC」から県道4号線経由で約6.5km(約10分)。
[尾山の梅林入口石碑から県道82号線・県道4号線経由で約3.3km]
〈月ヶ瀬桃香野奥ノ谷のウメの古木「白髭の梅」(樹齢約400~500年)が移植されている〉

広告

Written by むねこ

2012年3月26日 @ 5:00 AM

カテゴリー: おでかけ(奈良)

Tagged with ,

1件のフィードバック

Subscribe to comments with RSS.

  1. […] ☆ちなみに前回(3月24日)に来た時の記事です↓。 「奈良月ヶ瀬尾山 真福寺~帆浦梅林の梅」 「月ヶ瀬尾山 天神梅林~桃香野 龍王梅林の梅」 […]


コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。