むねこのICTスペース

「日本の世界遺産」「国宝・史跡・名勝」「日帰り温泉」を巡る、旅ブログを主に綴っています。

広島の旅 呉でランチ

leave a comment »

前の記事」(大和ミュージアム)のつづきです。
広島県呉市までは、車で行きました。
名神高速-中国自動車道-山陽自動車道-広島高速1・2号線-広島呉道路を走り、約390km(約5時間)です。
島根県ぶりの長距離移動になりました(-_-;)。

朝、6時に出発して途中SAで休憩しながら、12時前に呉市に到着しました。
「ゆめタウン呉」の東隣の大和ミュージアム立体駐車場に車を停め、ランチは「海軍グルメや」と思ったのですが…
大和ミュージアムまで来てしまうと、中央桟橋ターミナルにある「椿庵」か、大和ミュージアムに隣接する「SEASIDE CAFE BEACON」くらいしかお店がない…らしく…
「れんが通り」あたりにお店が集中しているようです←調べていなかった…(^_^;)。

早朝からの運転で、フラフラでしたので、とりあえず落ち着きたい…と思い。
中央桟橋ターミナルにある「椿庵」に行きました。
ここは、和食のお店で「釜めし」がウリのようなので、鯛釜飯セットを注文しました。
ポンちゃんは、カキフライ定食です。

「大和ミュージアム」の館内見学後は、芝生広場(建物の南側)の方へ行きました。
趣味で池に、大和の模型を浮かべている人がいたり…と、とてものどかな雰囲気でした。
その先に、「SEASIDE CAFE BEACON」を見つけ…海側にあったんだ…

ポンちゃんが「海軍カレーを食べる」と言いだし…(-_-;)。私はコーヒーのみを注文。
「海軍カレー」と言っても、普通の日本風カレー(カレーライス)でした。
(カレーライスの材料は、そのまま調味料を醤油と砂糖に代えると、そっくり「肉じゃが」になる)

海軍グルメとは、明治時代から終戦までの間に旧海軍の兵員を支えた日常の食事メニューのことです。
長期の航海によって幾多の病気に悩んでいた旧海軍が、健康のために、西洋料理のレシピを取り入れたのが始まりだそうです。
ですから、オムライス・チキンライス・カツレツといった、現代でもおなじみの洋食なんかもそうです。
そんな料理を、旧海軍と同じレシピで復刻して「海軍グルメ」と呼んでいるようです。

結局この後は、午前中の長距離移動で疲れ果て、「清盛くんを探そう!スタンプラリー」のスタンプを3つ集めて、広島市内の宿泊場所に移動しました(-_-;)。
(実は、宿泊場所は「清盛像」設置施設でした。ここで4つ目のスタンプが集まりました。)

◇呉中央桟橋ターミナル
所在地:広島県呉市宝町4-44
【電車・バス】JR呉駅から徒歩で約5分。
呉駅前バス停から、宝町中央循環線・市役所宝町循環線、「ゆめタウン・大和ミュージアム前」下車、徒歩1分。
または「くれたん」乗車「中央桟橋(大和ミュージアム前)」下車、徒歩すぐ。
【車】山陽自動車道「広島東IC」から広島高速1・2号線・広島呉道路経由で約40分。
山陽自動車道「高屋JCT」から東広島呉自動車道・国道375号線経由で約50分。
広島呉道路(クレアライン)「呉IC」から約5分。

◇SEASIDE CAFE BEACON
広島県呉市宝町5-20(大和ミュージアムに隣接)

広告

Written by むねこ

2012年4月5日 @ 7:04 AM

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。