むねこのICTスペース

「日本の世界遺産」「国宝・史跡・名勝」「日帰り温泉」を巡る、旅ブログを主に綴っています。

広島の旅 宮島 厳島神社周辺

with one comment

前の記事」(宮島 厳島神社)のつづきです。
前の記事で、寝殿造りは、平安時代の都の高位貴族住宅の様式で、南の庭に面して建てられている…
と書きました。
しかし、厳島神社の御本社正面は北西方向を向いています。もろ逆光でした…(-_-;)。

島全体を御神体として、本州側から船で参拝をしていたので、本州側(北西方向)を向いていると考えます。
ですから、下の案内図は、南が上で見ます(^^ゞ。
厳島神社の入口は東側で、まず「摂社の客神社」があり、回廊で各建物を結び、中央に「御本社」、西側に「大国神社」「天神社」「能舞台」などがあり、西側が出口です。

宮島 案内図

厳島神社の東側の高台に「末社 豊国神社」と「五重塔」、南側の弥山中腹に「大聖院」、西側に「大願寺」「多宝塔」「清盛神社」、北側に「大鳥居」があります。

○「豊国神社」…天正15年(1587)に豊臣秀吉が、大経堂(読経所)として建立したもの。明治初年の神仏分離の際、仏像は大願寺に移し厳島神社末社となる。重要文化財。
○「大願寺」…日本三弁財天の一つ厳島弁財天を祀り、明治維新までは厳島神社の修理造営を司っていました。
○「大聖院」…真言宗御室派の大本山。明治維新まで厳島神社の別当職として祭祀を司ってきました。大同元年(806)に弘法大師が、弥山の上で修行をして開基したと伝えられます。
○「清盛神社」…御祭神:平清盛公。昭和29年の清盛公没後770年を期に、三翁神社から御祭神を遷座創建されました。

つづきを読むからは、フォトギャラリー8枚です。

厳島神社参拝出口側にある「宮島歴史民俗資料館」では現在、企画展示「平清盛館」が開催されています。
開催期間:平成24年1月14日~平成25年1月14日。

さらに、弥山(標高約535m)山頂へは「宮島ロープウェー」に乗って行く事が出来ます(往復1800円)。
が…この日は、厳島神社に干潮時・満潮時と2回参拝したので、体力を消耗し…
弥山山頂へは行きませんでした…。
○宮島桟橋<徒歩約25分(約2km)>紅葉谷駅<ロープウェー約15分>獅子岩駅
(紅葉谷公園入口から無料送迎バスあり)

2回目の厳島神社参拝を終わらせ、表参道商店街の方へ行くとスゴイ人!!
宮島桟橋の方へ行くと…さらに人人人…
…フラフラになり…島を脱出する事にしました(-_-;)。

もし、また宮島に来ることがあれば…弥山山頂にも行きたい…と思いました。

◇「平清盛館」(宮島歴史民俗資料館)
広島県廿日市市宮島町57(厳島神社出口側) TEL0829-44-2019
開催期間:平成24年1月14日~平成25年1月14日
営業時間:8:30~17:00(最終入館時間16:30) 期間中無休。
入館料:大人500円。
アクセス:宮島口桟橋(本州側)→宮島へフェリーで約10分→宮島桟橋から約1.5km(徒歩約20分)。
【電車】広島駅からJR山陽本線で25分(400円)「宮島口駅」下車、駅から「宮島口桟橋」へ徒歩3分。
広島駅から広島電鉄宮島線で1時間「広島電宮島口」下車、駅から「宮島口桟橋」へ徒歩1分。
【車】広島岩国道路「廿日市IC」または「大野IC」から「宮島口桟橋」へは国道2号線で約4km(10分)。

広告

Written by むねこ

2012年4月10日 @ 2:17 PM

1件のフィードバック

Subscribe to comments with RSS.

  1. […] 「前の記事」(宮島 厳島神社周辺)のつづきです。 1日目の呉市観光の翌日は、早朝から宮島に向かいました。 […]


コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。