むねこのICTスペース

「日本の世界遺産」「国宝・史跡・名勝」「日帰り温泉」を巡る、旅ブログを主に綴っています。

日野町鎌掛(かいがけ) 藤の寺「正法寺」

leave a comment »

前の記事」(日野町鎌掛 しゃくなげ渓)のつづきです。
滋賀県蒲生郡日野町の「しゃくなげ渓入口」から県道182号線を南西へ1.5kmの位置に、藤の寺「正法寺」があります。

このお寺は、臨済宗妙心寺派の禅寺で、普門山正法寺と言い、樹齢300年を超える見事な藤が毎年美しく咲くところから、一般的には鎌掛(かいがけ)の藤の寺として親しまれています。

5本の幹からなるこの古木は、「後光藤」と言う名で親しまれ、花房の長さが1m以上にもなり、5月の中旬を盛りとして藤の浪を棚一杯に咲きゆらします。
2012年5月3日の時点で、しゃくなげ渓の「ほんしゃくなげ群落」は咲いていましたが…
藤の方はまだこれからでした(-_-;)。

この古木は、正法寺の開基である普存禅師というお坊様が、京の都から元禄時代の初めに、このお寺の境内へ苗木を移したと言い伝えられています。
ご本尊は十一面観世音菩薩で、33年に一度のご開帳があるという秘仏であり、鎌掛の里では昔から安産の守護仏として深く信仰されています。
また、本堂すぐ山手に、国の重要文化財に指定されている石造宝塔があります。

鎌掛のしゃくなげと藤は、近くにあるので、いつも両方寄るのですが、両方が満開に咲いていることはないです。
藤の花が満開なら、しゃくなげは終わっていますし…
今年は、桜も開花が遅れていましたので、しゃくなげと藤も開花が遅れたようですね。

◇普門山 正法寺(しょうぼうじ)
所在地:滋賀県蒲生郡日野町鎌掛2145 TEL0748-52-4422
料金:保全協力金200円(開花時期のみ)
藤の見頃:5月上旬~5月中旬
【電車・バス】近江鉄道日野駅から鎌掛行バス終点下車、徒歩約10分(日・祝運休)。
臨時バス:近江鉄道日野駅~藤の寺・ダリア園前(運行日 2012年5月12・13日(土日))
日野観光協会:http://www.biwa.ne.jp/~hino-to/
【車】名神高速道路「八日市IC」から国道421・307号線経由で約17km。
新名神高速道路「甲賀・土山IC」から国道1号・県道183・182号線経由で約13km。
駐車場:あり(無料)

その他:正法寺門前の休耕田の「ダリア園」(ダリアの見頃:8月中旬~11月初旬)
NPO法人 日野ダリア園:http://hinodariaen.com/
(牡丹・芍薬苑:4月下旬~5月中旬、いちご狩り(要予約):2月下旬~5月下旬…もあり)

[日野町音羽 さつきの寺「雲迎寺」から県道182号線で3.8km(さつきの見頃:6月上旬~6月中旬)]

広告

Written by むねこ

2012年5月7日 @ 12:03 AM

カテゴリー: おでかけ(滋賀)

Tagged with

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。