むねこのICTスペース

「日本の世界遺産」「国宝・史跡・名勝」「日帰り温泉」を巡る、旅ブログを主に綴っています。

Archive for 6月 2012

京都西山三山 楊谷寺の紫陽花

leave a comment »

前の記事」(京都西山三山 善峯寺の紫陽花)のつづきです。
京都市西京区大原野の「善峯寺」の次は、長岡京市の「楊谷寺(ようこくじ)」へ行きました。
楊谷寺の境内から奥ノ院にかけての「あじさいのみち」には、約4500株のあじさいが植栽されています。

あじさいのみちから境内

楊谷寺は、西山浄土宗総本山光明寺の末寺です。
光明寺より南西の山間渓谷にあり、柳谷観音の名で親しまれています。
楊谷寺のすぐ西側は大阪府三島郡島本です。

寺伝によると大同元年(806)の創建で、京都清水寺の開祖延鎮が開き、空海(弘法大師)もこの地で修行したと言われ、延鎮を第一世、空海を第二世としています。
境内には空海(弘法大師)の法力による独鈷水(おこう水)があり、眼病に効くことで知られ、毎月17日の縁日には各地からの参拝者で賑わいます。
また、平成8年度には長岡京市観光協会設立25周年を記念して「楊谷寺あじさいのみち」が整備されました。

つづきを読むからはフォトギャラリー9枚です。
続きを読む »

Written by むねこ

2012年6月28日 at 1:07 AM

京都西山三山 善峯寺の紫陽花

with one comment

梅雨入りし、紫陽花の花も色づいてきました。
今が見ごろと言う事で…
京都西山三山 善峯寺の「あじさい苑」へ行きました。

桜・あじさい苑(幸福地蔵)

善峯寺は、平安中期の長元2年(1029)、恵心僧都の弟子源算の開基と伝えられています。
中世には、青蓮院門跡の宮様が代々住職を勤めたため、「西山宮門跡」と称されました。
応仁の乱で焼亡後、徳川5代将軍綱吉の生母・桂昌院の寄進により復興されました。
現在は、西国三十三所観音霊場の第二十番札所です。

山の斜面にある境内地は3万坪で、回遊式境内(7代目小川治兵衛作)1周約40分です。
奥之院(薬師堂)まで登ると、眼下に京都市街が広がります。
桜・あじさい苑は、1周約40分の参拝順路には含まれていませんが、幸福地蔵から一望する事ができます。
今の季節は、紫陽花の花が咲き、まさに絶景でしたよ(^_^)。

つづきを読むからはフォトギャラリー9枚です。
続きを読む »

Written by むねこ

2012年6月26日 at 12:53 AM

カテゴリー: おでかけ(京都)

Tagged with ,

木津川市 当尾の里 浄瑠璃寺(九体寺)

leave a comment »

前の記事」(木津川市 当尾の里 岩船寺の紫陽花)のつづきです。
浄瑠璃寺(じょうるりじ)は、京都府木津川市加茂町西小札場の「当尾(とうのお)の里」にある真言律宗の寺院です。
山号は小田原山。
当尾(浄瑠璃寺地域)は、京都府歴史的自然環境保全地域に指定され、岩船寺から浄瑠璃寺へは、府道752号線を西へ約2.2kmの位置にあります。

寺号は、創建時の御本尊(三重塔の内陣に安置されている)、薬師仏の浄土「浄瑠璃世界」から付けられました。
中央の宝池を挟んで、東方浄瑠璃浄土の薬師仏を東に、西方極楽浄土の阿弥陀仏を西に配した、平安時代後期(藤原時代)の日本が生みだした浄土式伽藍がただ一つ完全に残されてきた寺です。

九体阿弥陀堂(国宝)

梵字の阿字をかたどったといわれる宝池を中心にして、東に東方本尊の薬師仏(秘仏 重文)を安置する三重塔(国宝)が、西に西方本尊の九体阿弥陀仏(国宝)を安置する本堂(九体阿弥陀堂 国宝)が建っています。
藤原時代には、京都を中心に競って建立された九体阿弥陀仏と、それをまつるための横長の堂(正面11間、側面4間)も、現存する唯一のものです。

庭園は、国の特別名勝及史跡に指定されています。
派手さはないですが、草花が咲き、蝶が舞い、鳥のさえずりが良く似合う、落ち着いた雰囲気の庭園でした。
これまで、京都・奈良の世界遺産の寺院を巡りましたが、平安時代の雰囲気を感じる庭園を観たのは、ここが初めてでした。

つづきを読むからは、フォトギャラリー9枚です。
続きを読む »

Written by むねこ

2012年6月21日 at 5:13 AM

木津川市 当尾の里 岩船寺の紫陽花

with one comment

関西花の寺「第十五番 岩船寺(がんせんじ)」は、紫陽花のお寺です。
岩船寺は、京都府木津川市加茂町の「当尾(とうのお)の里」にある真言律宗の寺院です。山号は高雄山(こうゆうざん)。

当尾(岩船寺地域)は、京都府歴史的自然環境保全地域に指定され、平安時代後期から鎌倉・室町時代にかけて、浄土信仰の霊地として栄えたところです。
昭和26年に加茂町に編入されるまで、相楽郡当尾村(塔婆が建ち並ぶ屋根という意味の「塔尾」からきている)でした。
現在、「石仏の里」の中心地として親しまれています。

2012年6月10日に行ったのですが、岩船寺は御本陣山(標高321m)の山寺であるため、宇治より少し寒いようで、紫陽花の見頃には少し早かったです(^_^;)。

十三重石塔(重文)・三重塔(重文)

岩船寺の創立は、天平元年(729)第45代聖武天皇の勅願で、僧行基によって阿弥陀堂を建立したのに始まります。
最盛期には東西十六町、南北十六町の広大な境内に三十九の坊舎を有したそうですが、承久の乱(1221)等の兵火により焼失しました。
鎌倉から江戸末期まで南都興福寺一乗院の末寺でしたが、明治十四年に真言律宗西大寺の末寺となりました。
御本尊は阿弥陀如来坐像で、10世紀中期(平安時代)を代表する仏像として知られています。

つづきを読むからは、フォトギャラリー9枚です。
続きを読む »

Written by むねこ

2012年6月16日 at 2:45 AM

カテゴリー: おでかけ(京都)

Tagged with ,

北勢 桑名市 牛めしとはまぐり

leave a comment »

前の記事」(北勢 桑名市 九華公園の花菖蒲)のつづきです。
6月の花、花菖蒲(ハナショウブ)を観に三重県桑名市へ行きました。
桑名市は、三重県北部に位置する都市です。
東海道の海上路「七里の渡」の桑名宿(東海道五十三次の42番目)がある宿場町で、桑名藩の城下町でもあります。

九華(きゅうか)公園は、桑名城の本丸跡と二之丸跡に整備された公園です。
駐車場は、本丸跡より北側の三之丸跡あたりにあります。
駐車場に隣接して、柿安精肉本店がありました。
2012年5月22日(火)にリニューアルオープン…とありました。

1階に入ったのですが、精肉・惣菜・お弁当・パンなどが売っているスーパーのような感じでした。
せっかくなので、牛めし弁当を買いました(*^_^*)。
普段、安物を食べているので…正当な美味さでした。

その後、揖斐川沿いの堤防道路を、車で南に走りました。
蟠龍櫓から約1km程川下に「はまぐりプラザ」と言う建物があったので入ってみることにしました。
漁師町赤須賀の漁業交流センターのようです。
2階の調理室を「食堂」として、地元桑名産の「はまぐり」を食べさせてもらえます。

メインは、焼きはまぐり定食 1,500円(要予約)ですが、当日メニューもありました。
漁獲量を制限しているようで、「数に限りがあります」とありました。
季節メニューの「はまぐり丼」と、「はまぐりうどん」を注文。

はまぐり丼は、5月中~7月末位の期間限定メニューです。
外観は、福井の醤油かつ丼のようですが、大きなはまぐりの身がのっていました。
はまぐりうどんは、太目のふわふわした麺、いわゆる伊勢うどんのようでした。
どちらも美味(ビミ)でした(*^_^*)。

◇柿安精肉本店
所在地:三重県桑名市吉之丸8 TEL0594-22-5554
http://www.kakiyasuhonten.co.jp/brand/2kakiyasu_seiniku/

◇はまぐりプラザ
所在地:三重県桑名市大字赤須賀86-21
食堂予約:0594-22-6010(当日午前9時まで受付、満席になり次第受付終了)
営業時間:11時30分~13時30分
定休日:火曜日
http://www.intsurf.ne.jp/~hamaguri/

Written by むねこ

2012年6月14日 at 7:09 AM

カテゴリー: おでかけ(三重), グルメ

Tagged with

北勢 桑名市 九華公園の花菖蒲

with one comment

九華(きゅうか)公園は、三重県桑名市吉之丸にあった、桑名城の本丸跡と二之丸跡に整備された公園です。
桑名城は、慶長6年(1601)初代藩主本多忠勝によって着手され、約30年間かけて建立された水城です。

桑名城は、その形から別名「扇(おうぎ)城」と呼ばれ、中国に「九華扇」という扇があり、江戸時代に「九華」を「くわな」と読ませ扇城とかけていたところから、公園名が付けられたそうです。
現在の九華公園は8.65haあり、桜・つつじ・花菖蒲などの名所となっています。
ちなみに、三重県の県花は、花菖蒲(ハナショウブ)です。

野花菖蒲(原種)

桑名城は、揖斐川を利用した水城で、堀が4重に巡らされていました。
水城の特徴を利用して、藩主は城内から船に乗って舟入門を通り、七里の渡で御座船に乗り換えました。
七里の渡は、東海道五十三次で知られる宮宿(愛知県名古屋市熱田区)から桑名宿(三重県桑名市)までの海上の渡しで、移動距離が7里であったことに由来します。

九華公園は、国道1号線(東海道)と国道23号線(名四国道)の間にあり、揖斐川がすぐ近くに流れていますが、5km程下流はもう伊勢湾です。
七里の渡は、天候の悪化などにより、海難事故がしばしば発生する東海道の難所の一つだったそうです。

つづきを読むからは、フォトギャラリー9枚です。
続きを読む »

Written by むねこ

2012年6月14日 at 2:17 AM

奈良市中町 登美山鼻高 霊山寺のばら庭園

leave a comment »

前の記事」(奈良市中町 登美山鼻高 霊山寺の薬師湯)のつづきです。
奈良県奈良市中町の霊山寺は、奈良市の西郊・富雄川沿いにある真言宗の寺院です。
ばら庭園がある事で有名です。

今が見頃と言う事で、観に行きました。
(バラの見頃:5月中旬~6月中旬、10月中旬~11月中旬)
ばら庭園は、本堂からみて鬼門(北東)の方角にあります。
昔から鬼門には柊などのトゲのある木を植えるならわしがあり、それに倣って薔薇を植えたそうです。

ばら庭園(アーチ)

霊山寺の縁起は、千三百余年の昔、小野富人(小野妹子の息子・通称鼻高仙人)が、登美山で薬草を栽培し薬師如来を祀って、薬草風呂を施湯し、諸人の病を治したことに始まります。
第45代聖武天皇も鳥狩りの折入湯され、光明皇后も入湯された…とありました。

このお寺の開基は、行基菩薩です。 天平8年(736年)第45代聖武天皇の勅命で伽藍を建立します。
行基菩薩は、天智天皇の7年(668年)大阪府堺市に生まれ、15才にして南都薬師寺に入り、24才で受戒得度されました。
現在の平城の聖城に遷都することを奏し、元明天皇の和銅3年(710)平城遷都の造営にあたり、先ず南都諸大寺の移転と建立をされました。
(例えば、薬師寺・大安寺の移建を初め、興福寺・元興寺及び總国分寺東大寺建立など四十八ヶ大寺院を建立)
その他、全国にわたり、開基された寺院・道場は実に700に及ぶといわれ、遍路、巡礼の元祖でもあります。

つづきを読むからは、フォトギャラリー8枚です。
続きを読む »

Written by むねこ

2012年6月11日 at 2:47 AM

カテゴリー: おでかけ(奈良)

Tagged with ,