むねこのICTスペース

「日本の世界遺産」「国宝・史跡・名勝」「日帰り温泉」を巡る、旅ブログを主に綴っています。

奈良市中町 登美山鼻高 霊山寺のばら庭園

leave a comment »

前の記事」(奈良市中町 登美山鼻高 霊山寺の薬師湯)のつづきです。
奈良県奈良市中町の霊山寺は、奈良市の西郊・富雄川沿いにある真言宗の寺院です。
ばら庭園がある事で有名です。

今が見頃と言う事で、観に行きました。
(バラの見頃:5月中旬~6月中旬、10月中旬~11月中旬)
ばら庭園は、本堂からみて鬼門(北東)の方角にあります。
昔から鬼門には柊などのトゲのある木を植えるならわしがあり、それに倣って薔薇を植えたそうです。

ばら庭園(アーチ)

霊山寺の縁起は、千三百余年の昔、小野富人(小野妹子の息子・通称鼻高仙人)が、登美山で薬草を栽培し薬師如来を祀って、薬草風呂を施湯し、諸人の病を治したことに始まります。
第45代聖武天皇も鳥狩りの折入湯され、光明皇后も入湯された…とありました。

このお寺の開基は、行基菩薩です。 天平8年(736年)第45代聖武天皇の勅命で伽藍を建立します。
行基菩薩は、天智天皇の7年(668年)大阪府堺市に生まれ、15才にして南都薬師寺に入り、24才で受戒得度されました。
現在の平城の聖城に遷都することを奏し、元明天皇の和銅3年(710)平城遷都の造営にあたり、先ず南都諸大寺の移転と建立をされました。
(例えば、薬師寺・大安寺の移建を初め、興福寺・元興寺及び總国分寺東大寺建立など四十八ヶ大寺院を建立)
その他、全国にわたり、開基された寺院・道場は実に700に及ぶといわれ、遍路、巡礼の元祖でもあります。

つづきを読むからは、フォトギャラリー8枚です。

霊山寺のばら庭園は、昭和32年(1957年)に先代住職によって開設されたそうです。
洋風の庭園で、喫茶店までありオシャレな雰囲気です。
私が行った時は、青色らしきバラが多く目につき、爽やかな印象でした。

そして、参道にはさつきを始め、いろんな花が咲いていて、大変美しいお寺だと思いました。
ここの大辯才天(弁才天・女神)は、弘法大師が体得された龍神様のようです。
御本尊・薬師如来と大辯才天とバラのお寺なんですね。

◇登美山鼻高 霊山寺
奈良県奈良市中町3879 TEL0742-45-0081
入山拝観料:大人500円(バラの時期は600円)
【電車・バス】近鉄奈良線「富雄駅」から、奈良交通バスで「霊山寺前」下車。
【車】阪奈道路(県道1号線)「三碓出入口」から、県道7号線(枚方大和郡山線)を南へ約5分。
第二阪奈有料道路「中町ランプ」から、県道7号線を北へ約5分。
(奈良方面からは「中町ランプ」では流出できません)
〈バラの見頃:5月中旬~6月中旬、10月中旬~11月中旬〉

広告

Written by むねこ

2012年6月11日 @ 2:47 AM

カテゴリー: おでかけ(奈良)

Tagged with ,

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。