むねこのICTスペース

「日本の世界遺産」「国宝・史跡・名勝」「日帰り温泉」を巡る、旅ブログを主に綴っています。

北勢 桑名市 九華公園の花菖蒲

with one comment

九華(きゅうか)公園は、三重県桑名市吉之丸にあった、桑名城の本丸跡と二之丸跡に整備された公園です。
桑名城は、慶長6年(1601)初代藩主本多忠勝によって着手され、約30年間かけて建立された水城です。

桑名城は、その形から別名「扇(おうぎ)城」と呼ばれ、中国に「九華扇」という扇があり、江戸時代に「九華」を「くわな」と読ませ扇城とかけていたところから、公園名が付けられたそうです。
現在の九華公園は8.65haあり、桜・つつじ・花菖蒲などの名所となっています。
ちなみに、三重県の県花は、花菖蒲(ハナショウブ)です。

野花菖蒲(原種)

桑名城は、揖斐川を利用した水城で、堀が4重に巡らされていました。
水城の特徴を利用して、藩主は城内から船に乗って舟入門を通り、七里の渡で御座船に乗り換えました。
七里の渡は、東海道五十三次で知られる宮宿(愛知県名古屋市熱田区)から桑名宿(三重県桑名市)までの海上の渡しで、移動距離が7里であったことに由来します。

九華公園は、国道1号線(東海道)と国道23号線(名四国道)の間にあり、揖斐川がすぐ近くに流れていますが、5km程下流はもう伊勢湾です。
七里の渡は、天候の悪化などにより、海難事故がしばしば発生する東海道の難所の一つだったそうです。

つづきを読むからは、フォトギャラリー9枚です。

初代藩主本多忠勝(徳川四天王)によって建造された桑名城の四重六層建の天守閣は、元禄14年(1701)に焼失し再建されなかったので、以後は「辰巳櫓」が桑名城のシンボル的存在でした。
その辰巳櫓も、明治維新の時、降伏のしるしとして新政府軍に焼き払われました。
現在、「辰巳櫓」跡には、大砲が置かれています。
その他、伊勢神戸城(現在の鈴鹿市神戸)の天守閣を移したといわれる「神戸櫓」跡などがあります。

公園内3つの花菖蒲園(820平方メートル)には、約4000株の花菖蒲(伊勢系・肥後系・江戸系)が植えられています。
四角形の花壇のような感じでした。
2012年6月9日に行った時は、見頃でした(*^_^*)。
(花菖蒲まつり:毎年6月1日~15日)

◇九華公園
所在地:三重県桑名市吉之丸5-1番地 TEL0594-21-9932
公園面積:8.65ha
開設年月日:昭和44年3月29日
入園料:無料
休園日・利用時間:無休・24時間利用可能
【電車】JR関西本線・近鉄名古屋線・養老鉄道養老線「桑名駅」から東へ約1.5km(徒歩20分)。
三岐鉄道北勢線「西桑名駅」から東へ約1.5km(徒歩20分)
【車】東名阪自動車道「桑名IC」から国道421号線を東へ約5.5km。
駐車場(有料):普通車63台(1日1回200円)

Written by むねこ

2012年6月14日 @ 2:17 AM

1件のフィードバック

Subscribe to comments with RSS.

  1. […] 「前の記事」(北勢 桑名市 九華公園の花菖蒲)のつづきです。 6月の花、花菖蒲(ハナショウブ)を観に三重県桑名市へ行きました。 […]


コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。