むねこのICTスペース

「日本の世界遺産」「国宝・史跡・名勝」「日帰り温泉」を巡る、旅ブログを主に綴っています。

北勢 桑名市 九華公園の花菖蒲 » 桑名市 九華公園 堀(神戸櫓跡側)

leave a comment »

堀(神戸櫓跡側)

堀(神戸櫓跡側)

戦国時代、この付近には伊藤武左衛門が治める東城があったとされる。
織田信長の伊勢侵攻の時、伊藤氏は降伏し、東城は廃されたものと思われます。
文禄の頃(1592~1596)一柳直盛が城主となると城郭が築かれ、その時伊勢神戸城(現在の鈴鹿市神戸)の天守閣を移したといわれている。
江戸時代、初代藩主本多忠勝は城を拡張し、本格的な近世城郭を築いたが、神戸城の天守閣は櫓としてそのまま残され「神戸櫓」とよばれました。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中