むねこのICTスペース

「日本の世界遺産」「国宝・史跡・名勝」「日帰り温泉」を巡る、旅ブログを主に綴っています。

岐阜の旅 奥飛騨温泉郷(新穂高)

with one comment

梅雨の真っただ中ですが…
奥飛騨温泉郷へ行ってきました(^_^;)。

奥飛騨温泉郷は、岐阜県高山市にある平湯・福地・新平湯・栃尾・新穂高の5つの温泉地の総称です。
源泉100%の天然温泉で、北アルプス(飛騨山脈)の麓の大自然の中に無数に点在する野趣あふれる露天風呂が楽しめます。
…と言う事で今回は、温泉シールラリーゆらんでも人気が高い日帰り温泉施設「ひらゆの森」に行くのが目的です。

ロープウェイからの眺望1

奥飛騨の観光は、北アルプス(飛騨山脈)の大自然を楽しむ…と言う事になると思います…
今回は、平湯温泉で宿泊しましたので、そこから行ける所を調べました。
「乗鞍岳畳平(標高2700m)」「上高地(標高1500m)」「新穂高ロープウェイ(標高2156m)」など…ですが…。
「乗鞍岳」と「上高地」に行くには、自然保護の為にマイカーでの通行は出来ず、平湯温泉のバスターミナルからシャトルバスを利用することになります。

○乗鞍岳…平湯温泉~乗鞍畳平までのバス料金、大人往復2200円(片道所要時間:1時間)
○上高地…平湯温泉~上高地までのバス料金、大人往復2000円(片道所要時間:25分)
(あかんだな駐車場料金:普通車 1日500円)
上記は、お天気が良い日に、ゆっくりハイキングをする場所だなぁ…と思い…。

「新穂高ロープウェイ」に行くことにしました。
○新穂高ロープウェイ…第1・第2ロープウェイ往復 大人2800円(片道所要時間:25分)。
天気予報は雨でしたが、到着した時は曇り空でしたので、山に上がってみましたが…やはり視界不良でした(^_^;)。

つづきを読むからは、フォトギャラリー9枚です。

ロープウェイは、第1・第2合わせて全長3200mです。
山麓の「新穂高温泉駅」の標高は1117m、山頂の「西穂高口駅」の標高は2156mです。
西穂高口駅は、「西穂高岳(標高2909m)」の登山口でもあります。

ロープウェイからは、眼下に雲海が広がり、お天気ならば山の上の方の視界が開けて見えるはずだったのですが…
霧で真っ白でした(T_T)。それでも、標高2000m以上の場所に立てたので、ヨシとします。
標高1000m以上、さらに2000以上となると気温が10度くらい低くなり、気圧も低いです。
防寒着や雨具は、持って行った方が無難だと思いました。

また、ロープウェイは「乗車割引券10%OFF」と言うのがあります。
私は、「平湯大滝公園」で割引券を見つけたのですが、これは事前に探しておくべきだ…と思いました。

夜は大雨が降り、翌日の天気予報も雨だったのですが、なんと晴れてしまい…
翌日にロープウェイに乗れば良かった…と思いつつ…
帰り道から北アルプスが見えたので、写真を撮りました、残雪が残る飛騨山脈をこんな感じで間近に見られたのだと思います。
(撮影日:2012年6月17日)

☆平湯温泉については、次の記事にて…

◇新穂高ロープウェイ
所在地:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷新穂高温泉 TEL0578-89-2252
年中無休(整備点検による臨時運休あり)
アクセス:高山バスセンターから、濃飛バス平湯・新穂高線で約1時間30分、「新穂高ロープウェイ」で下車。
(平湯バスターミナルからは、バスで約30分)
【車】高山ICから国道158号線~(平湯経由)~国道471号線~(栃尾経由)~県道475号線で約70分。
駐車場:あり(乗用車500円)
料金:第1ロープウェイ往復 大人400円、第2ロープウェイ往復 大人2700円、第1・第2ロープウェイ往復 大人2800円。
〈乗車割引券10%OFFを利用時は、2800円→2520円、2700円→2430円〉

○第1ロープウェイ:山麓 新穂高温泉駅(標高1117m)~鍋平高原駅(標高1305m)
営業時間:上り8:30~16:00(4月~11月)、9:00~15:30(12月~3月)
毎時00分・30分発(夏期・紅葉シーズン早朝運行あり)
○第2ロープウェイ:中間 しらかば平駅(標高1308m)~山頂 西穂高口駅(標高2156m)
営業時間:上り8:45~16:15・下り8:45~16:45(4月~11月)、上り9:15~15:45・下り9:15~16:15(12月~3月)
毎時15分・45分発(夏期・紅葉シーズン早朝運行あり)
○新穂高ロープウェイWebページ:http://www.okuhi.jp/Rop/FRTop.html

◇かけながしの天然温泉露天風呂「神宝乃湯」
所在地:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷新穂高温泉 新穂高ロープウェイ・しらかば平駅前
営業時間:9:00~15:30(季節により変動あり)
利用料金:大人600円 (石鹸、シャンプー等は使用できません)

◇乗鞍岳(※乗鞍スカイラインはマイカー規制実施中)
北アルプスの南端に位置する乗鞍岳の標高は3026m。
所在地:岐阜県高山市丹生川町(乗鞍畳平)
乗鞍総合案内所:090-8671-3191(シーズン外の問い合わせ:0577-78-2345(乗鞍観光協議会))
期間:5/15~10/31 5・6・10月AM7:00~PM6:00、7・8・9月AM3:30~PM6:00
期間中無休(天候による通行止めあり)
バス料金:平湯温泉・ほおのき平~乗鞍畳平 大人往復2200円
駐車場:ほおのき平(無料)、あかんだな(普通車 1日500円)
アクセス:高山バスセンターから、濃飛バス平湯・新穂高線で約43分、「ほおのき平」で下車。
【車】JR高山駅から、ほおのき平駐車場まで車で35分、あかんだな駐車場まで45分。
○飛騨乗鞍観光協会のWebページ:http://www.hida-norikura.com/

◇上高地(上高地へはマイカー規制のため、マイカーでの通行はできません)
所在地:長野県松本市安曇上高地
あかんだな駐車場~平湯温泉~上高地バスターミナルまで、シャトルバスで約30分。
シャトルバス料金:片道1130円(往復2000円)
観光シーズン:4月下旬~11月中旬(冬季は閉山)
アクセス:高山バスセンターから、濃飛バス平湯・新穂高線で約1時間、「平湯温泉」で下車。
【車】JR高山駅から、あかんだな駐車場まで45分。
○上高地Webページ:http://www.kamikochi.or.jp/

広告

Written by むねこ

2012年7月14日 @ 5:25 PM

カテゴリー: おでかけ(岐阜), 温泉旅行

Tagged with

1件のフィードバック

Subscribe to comments with RSS.

  1. […] 「前の記事」(岐阜の旅 奥飛騨温泉郷(新穂高))のつづきです。 新穂高ロープウェイの次は、平湯温泉にある日帰り温泉施設「ひらゆの森」に行きました。 […]


コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。