むねこのICTスペース

「日本の世界遺産」「国宝・史跡・名勝」「日帰り温泉」を巡る、旅ブログを主に綴っています。

岐阜の旅 奥飛騨温泉郷(平湯温泉)

with one comment

前の記事」(岐阜の旅 奥飛騨温泉郷(新穂高))のつづきです。
新穂高ロープウェイの次は、平湯温泉にある日帰り温泉施設「ひらゆの森」に行きました。

「ひらゆの森」は、温泉シールラリーゆらんでも人気が高い施設です。
平湯温泉は、源泉100%の天然温泉です。
武田信玄の軍が飛騨へ攻め入る途中、老猿(白猿)が湯だまりで傷を癒していたことが発見の由来と言われています。

「ひらゆの森」は、平湯温泉のバスターミナル(アルプス街道 平湯)から徒歩で約2分の場所にあります。
「ひらゆの森」に行って驚いたのは、露天風呂の広さです。
敷地面積1万5千坪に、男女合計16の露天風呂があります(内風呂・サウナもあり)。
森の中にいるかのような癒しと開放感を味わえます。
この施設で、入浴料金500円と言うのも驚きでした。

平湯大滝1

「ひらゆの森」から車で約1分の所に、平湯温泉スキー場があり、その脇を流れる平湯川の上流に「平湯大滝公園」があります。
平湯大滝は、落差64mの大瀑布で、飛騨三大名瀑の一つ、日本の滝百選にも選ばれました。
梅雨の時期の大滝は、ものすごい水量で迫力がありました(*^_^*)。

つづきを読むからは、フォトギャラリー9枚です。

「平湯大滝公園」は、駐車場が乗用車1日500円です。
平湯温泉のバスターミナルの横にある「平湯温泉観光案内所」で、駐車場の割引券を見つけました。
〈割引券利用:500円→400円〉
観光前には、現地でパンフレットや割引券を探すと良いと思います。

今回は、梅雨の時期に行きましたので、あいにくの天気で観光があまりできませんでしたが…
そのかわり、観光客の混雑もなく、温泉にもゆっくりと入れました(*^_^*)。

奥飛騨温泉郷は、北アルプスの山々に囲まれた、標高1000m以上の高地にあるので、夏は涼しいと思います。
今回、現地で地図やパンフレットを集めましたので、今度は…上高地を散策したいですね。

◇奥飛騨温泉郷・平湯温泉「ひらゆの森」
所在地:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯763-1 TEL0578-89-3338
営業時間:午前10:00~午後9:00(入館は午後8:30まで)
定休日:年中無休(4・9・12月にメンテナンス休館あり)
入浴料金:大人500円
泉質:含イオウ炭酸水素塩泉、炭酸水素塩泉 ph値6.8 源泉温度68℃
アクセス:JR高山本線「高山駅」から濃飛バスで約1時間、平湯バスターミナルから徒歩約2分。
【車】高山ICから国道158号線経由で約35km。
○ひらゆの森のWebページ:http://www.hirayunomori.co.jp

◇奥飛騨 平湯大滝公園
所在地:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯768-47 TEL0578-89-1250
営業期間:9:00~17:00(冬期9:00~16:00)
アクセス:JR高山本線「高山駅」から濃飛バスで約1時間、平湯キャンプ場(冬期は平湯温泉スキー場)で下車。
(平湯バスターミナルから約1km、徒歩で約15分)
【車】高山ICから国道158号線経由で約50分。
駐車場:乗用車1日500円

広告

Written by むねこ

2012年7月21日 @ 5:35 PM

1件のフィードバック

Subscribe to comments with RSS.

  1. […] 「前の記事」(岐阜の旅 奥飛騨温泉郷(平湯温泉))のつづきです。 奥飛騨温泉郷の平湯温泉からの帰り道、国道158号線から県道89号線経由で、中部縦貫自動車道「高山IC」へ向かう途中… もう一件、日帰り温泉施設に行ってみたいと思い。 飛騨国府の「四十八滝温泉しぶきの湯 遊湯館」の方へ寄り道をしました。 […]


コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。