むねこのICTスペース

「日本の世界遺産」「国宝・史跡・名勝」「日帰り温泉」を巡る、旅ブログを主に綴っています。

奥美濃 ウィングヒルズ白鳥リゾート 満天の湯

leave a comment »

前の記事」(奥美濃 ひるがの湿原植物園とコキアパーク)のつづきです。
岐阜県郡上市高鷲町の「ひるがの高原」からの帰り道、ウィングヒルズ白鳥リゾートにある、日帰り温泉施設「満天の湯」に寄りました。

ウィングヒルズ白鳥リゾートは、大日ヶ岳(1,709m)の南面、水後山側にあるスキー場です。
ゲレンデの標高は、トップが1,350m、ボトムが870m、標高差480m、全長3,500mです。
グリーンシーズンも、長さ1,000mの次世代スノーマットを敷設し、サマーゲレンデとしてオープンしています。
(サマーゲレンデ期間:6月初旬~9月下旬)

岐阜県郡上市白鳥町は、その昔、白山信仰の里として栄えました。
養老元年(717年)泰澄大師が、加賀国(当時越前国)白山を開山したと伝えられます。
さらに越前・加賀・美濃の三方に馬場と呼ばれる登拝拠点を開いたことにより、白山信仰は発展していきました。
白鳥町の「道の駅白鳥」の西隣にある、「白山中宮長滝寺(現、長滝白山神社・長滝寺)」は、この三つの馬場の一つです。

「道の駅白鳥」から、国道156号線・県道314号線(桧峠)経由で約11km北西方向に、ウィングヒルズ白鳥リゾートがあります。
このウィングヒルズ白鳥リゾートの第2駐車場内にあるのが、「天然温泉 満天の湯」です。
標高1,000mの場所にある温泉ですので、露天風呂は大変涼しかったですよ(*^_^*)。

ここまで登ると、天空の湯船と言っても過言ではないですね。
露天風呂からは、ウィングヒルズ白鳥リゾートのゲレンデが見えました。
泉質は、炭酸水素塩温泉です。お肌がしっとりになる「美肌のゆ」です。

「満天の湯」の割引券は、道の駅で見つけた割引クーポン券「グーポン 郡上編(郡上市内)」の用紙の中にありました。
郡上市観光連盟が企画する、クーポン企画の第2弾だそうです。
(利用期間:2012年4月14日~9月30日)
郡上市観光連盟のWebページ:http://gujokankou.com/

今回、グリーンシーズンの奥美濃を巡り…
各施設の割引券は、道の駅に結構置いてあるものだ…と思いました。
100円OFFも積もれば、大きいものですよ。

郡上市白鳥町からは、国道158号線で九頭竜ダム(福井県)経由で帰宅しましたm(__)m。

◇個室露天付天然温泉 満天の湯
所在地:岐阜県郡上市白鳥町石徹白峠山1-1 ウィングヒルズ白鳥リゾート第2駐車場内 TEL0575-86-3487
定休日:年中無休(メンテナンスによる休館あり)
営業時間:3/21~12/22 平日10:00~20:00、土日祝・お盆・GW10:00~21:00
12/23~3/20 平日・土日祝10:00~21:30
入浴料金:本館・大人800円、個室露天風呂(1室4名まで)50分/2500円~
泉質:ナトリウム-炭酸水素塩温泉 ph値7.5 源泉温度44度
【車】東海北陸自動車道「高鷲IC」「白鳥IC」から約30分。
ウィングヒルズ白鳥リゾートのWebページ:http://winghills.net/

Written by むねこ

2012年8月24日 @ 1:29 PM

カテゴリー: おでかけ(岐阜), グルメ

Tagged with

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。