むねこのICTスペース

「日本の世界遺産」「国宝・史跡・名勝」「日帰り温泉」を巡る、旅ブログを主に綴っています。

白山麓の旅 白山比め神社と白山温泉郷

leave a comment »

前の記事」(白山麓の旅 白山スーパー林道(岐阜県~石川県))のつづきです。
白山スーパー林道を、岐阜県側から入り、石川県側に出ました。
石川県側ゲート(標高600m)を出た先の、国道360号線沿いに「白山一里野温泉」があります。

一里野は、石川県白山市尾添の山間部に開けた、約一里程の野(高原)にある温泉地です。
「白山一里野温泉スキー場」「白山一里野公園」などの施設もありました。
ここでは、「立ち寄り温泉 白山癒しの湯 天領」に寄りました。

こちらの温泉の印象は、とにかく「熱い」。
それもそのはず…源泉温度がなんと…93.8度もあるんですもの…。
水でうすめながら、「あちっ、あつ」と言いながら入りました(^_^;)。

天領の名前についてですが…
白山麓は、越前・加賀・美濃にまたがるため、白山山頂での経済活動の権利を巡り、麓の村々で争いが古くからあったそうです。
その為、江戸時代には、幕府直轄地(天領)となっていたそうです。

その後、国道360号線から国道157号線を金沢方面へ移動し…
白山市三宮町にあります「白山本宮 加賀一ノ宮 白山比め神社」へ行きました。
白山比め神社は、霊峰白山をご神体とする白山神社の総本宮であり、北陸最古の神社です。
御祭神は、白山比め大神(しらやまひめのおおかみ)=菊理媛尊(くくりひめのみこと)、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)、伊弉冉尊(いざなみのみこと)の三柱です。

神祠の創建は、第10代崇神天皇の7年(2000年以上前)と伝えられます。
旧社地は北陸鉄道加賀一ノ宮駅前の古宮址安久涛の森ですが、1480年に大火で焼失し、その後、末社三宮神社の境内である現在地を本宮鎮座の地と定めて今日に至ります。
境内はうっそうとした杜がひろがり、おごそかな雰囲気がただよっていました。

白山比め神社参拝の後は、国道157号線を白山方面へ戻り、白山市瀬波子にあります「白山里温泉」へ行きました。
「白山里」は、古民家風のデザインの研修・交流館と、天然温泉が湧く宿泊施設です。
内湯が一つのシンプルな温泉施設でしたが、肌がすべすべになる泉質で、日帰り入浴は380円とお手頃でした。

霊峰「白山」の自然の雄大さと、恩恵を感じつつ…
国道157号線をさらに福井方面へ移動し、白山市白峰のまちなみ(白峰重要伝統的建造物群保存地区)へ行きました。
☆つづきは次の記事にて…

◇白山本宮 加賀一ノ宮 白山比め神社
〈本宮〉石川県白山市三宮町ニ105-1
〈奥宮〉石川県白山市白峰白山嶺上(白山国立公園)
拝観自由 宝物館は大人・大学生300円、高校生以下無料。
アクセス:(電車)北陸鉄道石川線鶴来駅から徒歩15分。
Webページ:http://www.shirayama.or.jp/

◇立寄り温泉 白山癒しの湯 天領
所在地:石川県白山市尾添チ28 TEL076-256-7846
定休日:火曜日
営業時間:平日10:00~18:00、土日祝10:00~21:00。
料金:大人600円、小人400円。
泉質:ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(弱アルカリ性低張性高温泉)。
源泉温度93.8度 pH値7.7

◇白山里
所在地:石川県白山市瀬波子51-5 TEL076-255-5998
定休日:毎月第2・第4木曜日(祝日の場合は営業)
営業時間:8:00~22:00
料金:大人380円、小人200円。
泉質:ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉。
源泉温度41.5度 pH値8.1

広告

Written by むねこ

2012年10月31日 @ 10:27 PM

カテゴリー: おでかけ(石川), 温泉旅行

Tagged with

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。