むねこのICTスペース

「日本の世界遺産」「国宝・史跡・名勝」「日帰り温泉」を巡る、旅ブログを主に綴っています。

Archive for the ‘おでかけ(兵庫)’ Category

姫路城 千姫ぼたん園 2012.4

leave a comment »

ゴールデンウィーク前半、姫路に帰省しました。
ポンちゃんがこの春に転勤し、カレンダー通りの勤務になったので…
今回は、3日間とたっぷり時間があり…
一人で、朝・夕と姫路市内を散策しました(^_^;)

姫路城大天守は、2009年~2015年まで保存修理工事が行われ、メッシュシートで覆われています。
この日は、天守閣には入城せずに、大手門前の護国神社~三の丸広場~播磨国総社を散策しました。

姫路城 三の丸広場から

「千姫ぼたん園」は、千姫の義父・本多忠政の居館があった姫路城三の丸の高台(西の丸側)にあります。
例年4月下旬~5月上旬に牡丹の花の見ごろを迎えます。
2012年4月29日の時点で、「千姫ぼたん園」の牡丹は咲いていました(*^_^*)。

つづきを読むからはフォトギャラリー9枚です。
続きを読む »

Written by むねこ

2012年5月2日 at 5:01 PM

姫路城 2011.12

with one comment

今年も義父の命日に姫路帰省し、姫路城を見に行きました。
姫路城大天守は、2009年~2015年まで保存修理工事が行われています。

2011.12の姫路城天守の様子です。
大天守を覆う素屋根は鉄骨トラス構造で、備前丸からの高さは約52.5mで13階建てのビルの高さに相当します。
素屋根の壁面には約800枚ものメッシュシートを取り付けているそうです。

三の丸広場から撮影しました。

☆ちなみに、工事前の姫路城はこちらで記事にしています↓
姫路城(世界遺産・国宝)2008.12

◇姫路城
兵庫県姫路市本町68番地 TEL079-285-1146 【休】12/29.30
入城時間:9:00~16:00(閉門17:00)、4/25~8/31は9:00~17:00予定(閉門18:00)
入場料:一般400円
アクセス:JR山陽本線・山陽電鉄「姫路駅」から徒歩15分

Written by むねこ

2011年12月31日 at 8:17 PM

平成の大修理 姫路城

leave a comment »

今年のクリスマスは寒波の影響で、今年一番の寒さでした。
ブログに雪を降らせて、テーマもクリスマスっぽくしておりましたが…。
なんか…重い…ので、今日から元に戻しました。

今年も、12月に法事の為に姫路帰省をし…。
それから年賀状を作成しだし…25日までに投函し…。
なんとなく…気忙しかったのですが、ようやく…落ち着けた感じです…(+_+)。

で…恒例の…現在の姫路城の写真です。

姫路城の「平成の大修理」は、2009年秋から着手されましたが、準備期間となる2010年4月まで外観・大天守はそのまま、通常どおり見学できていました。
工事の期間は、2014年(平成26年)まで約5年間です。

平成23年3月26日(土)から約3年、大天守修理見学施設「天空の白鷺」から工事の様子が見学できるそうです。
来年は、「天空の白鷺」に登ってみようかなぁ…(^^ゞ。
…2010年も、残すところ後わずかです…ね。

◇ちなみに、昨年の「姫路城」の記事です↓。
パノラマ写真(姫路城2009.12)

Written by むねこ

2010年12月26日 at 5:50 AM

赤穂 大石神社と赤穂城跡

leave a comment »

前の記事」(赤穂市坂越)の続きです。
坂越でランチを食べて、御崎で日帰り温泉に入り…。
中国自動車道赤穂ICへ戻る途中、兵庫県赤穂市上仮屋旧城内にある「大石神社」と「赤穂城跡」に寄りました。

○「大石神社」は、赤穂四十七義士などを祀る神社です。
○「赤穂城跡」は、1648(慶安元)年から浅野長直が13年かけて築城した海岸平城です。現在は、櫓門の本の丸門、厩口門、本の丸御殿の基礎が復元されています。

江戸時代中期に発生した、赤穂浪士の復仇事件「元禄赤穂事件」に題材をとった、創作作品(歌舞伎や演劇・映画)「忠臣蔵」の名でも知られています。

「赤穂城跡」の三の丸に「大石神社」があり、参道には、大石内蔵助良雄をはじめ四十七義士の石像が並んでいます。
元は旧赤穂城内の大石邸内にて、密かに祀られていたもので、明治33年に神社を創建することが政府から許可され、大正元年(1912年)に社殿が竣工しました。
毎年12月14日(討入の日)には「赤穂義士祭」が催され、義士行列や大名行列など、赤穂城跡の大手門から市中パレードが行なわれるそうです。

この日は、夕方に行ったのですごく寒く、うさぎ年の絵馬が飾ってあり、すっかり年末の気分でした。

◇赤穂大石神社
兵庫県赤穂市上仮屋旧城内 Tel:0791-42-2054
【電車】JR赤穂線「播州赤穂駅」下車徒歩15分
【車】山陽 自動車道「赤穂IC」から車で10分
駐車場有(無料)
「赤穂大石神社」のWebページです↓
http://www2.117.ne.jp/~akoooisi/

赤穂では、「かきおこ」と看板があり、なんでしょう?と思ったら…
ぽんちゃんが「牡蠣のお好み焼きやで」と…。(゜_゜>ヘー。
赤穂城跡の門前には「塩味饅頭(しおみまんじゅう)」のお店がありました。
これは、塩をかくし味に使ったお饅頭です。←おつな味。
かん川の「塩味饅頭」は、「播磨焼」(おかき)と共に私の定番のおみやげです(^^ゞ。

Written by むねこ

2010年12月20日 at 12:21 PM

カテゴリー: おでかけ(兵庫)

Tagged with ,

赤穂市坂越 くいどうらく

with one comment

前の記事」(赤穂温泉 かんぽの宿)のつづきです。
兵庫県赤穂市坂越にある「海の駅 しおさい市場」へ行きました。
市場は水曜が定休日ですが、11月~3月は市場内の食堂は、営業しているようなので、行ってみました。

坂越湾に面した坂越(さこし)は、のどかな港町の雰囲気がありました。
今回は観光していませんが、伝統的建造物群による町並みもあるようです。

海の駅 しおさい市場内にある「くいどうらく」でランチをいただきました。
この辺りは、「坂越牡蠣」が獲れるそうで、冬が旬です。
せっかくなので、牡蠣をいただくことにしました。

席は、「座敷席」と「焼き物席」がありました。
焼き物席では牡蠣90分間「食べ放題(3675円)」が出来ます。
私たちは、座敷席で「かき定食(1785円)」をいただきました。
大きなお盆で運ばれてきたので驚きました。
牡蠣はプリプリしていて、魚の煮つけと刺身もおいしかったです(^^)。

◇「くいどうらく」
兵庫県赤穂市坂越字大黒290-7  TEL 0791-46-8800
営業時間 11時~16時(水曜のみ11時~15時)
休業日 4月~10月の水曜日
http://www.kuidouraku.com/

赤穂といえば…
忠臣蔵の赤穂義士のふるさとです。
12月14日(四十七士討ち入りの日)は、「赤穂義士祭」が行なわれます。
赤穂城跡の「大手門前」からパレードが行なわれるそうです。
赤穂に行ったのは翌日でしたので、静かなものでしたが、せっかくここまで来たのだから、「赤穂城跡」と「大石神社」を少しだけ観に行きました。

☆「赤穂城跡」と「大石神社」については、次の記事にて…。

Written by むねこ

2010年12月20日 at 10:32 AM

赤穂温泉 かんぽの宿

with 2 comments

先日、姫路帰省のついでに、日帰り温泉が目的で、赤穂に立ち寄りました。

赤穂温泉は、兵庫県赤穂市御崎(旧国播磨国)にあります。
御崎は、瀬戸内海(播磨灘北西部)に面する岬で、瀬戸内海国立公園の区域です。
「かんぽの宿」は、その海のロケーションを活かしており、露天風呂からの景色もすばらしかったですよ。

泉質は、含弱放射能‐カルシウム・ナトリウム‐塩化物低温泉です。
大浴場、露天風呂、温泉槽、寝湯、打たせ湯、ソルトサウナ(低温サウナ)とあります。
露天風呂・温泉槽以外は、真水のようでした。でも、交互に入って好い加減だったと思います。
塩化物泉は、塩分が肌に付着するために保湿効果が高い 「熱の湯」とも呼ばれるそうです。
行った日は、寒気の影響で非常に寒い日でしたので、効果ありでした(^^ゞ。

この日のランチは、坂越の方へ行きました。
この辺りは、「坂越牡蠣」が獲れるそうで、冬が旬の時期です。
その内容は、次の記事にて…

◇「かんぽの宿 赤穂」
兵庫県赤穂市御崎883-1 TEL 0791-43-7501
山陽自動車道赤穂ICから約8km(約15分)
http://www.kanponoyado.japanpost.jp/yado/akou/
【日帰り温泉】
料金 800円(12歳以上)、500円(6歳以上12歳未満)。
利用時間 11時〜14時30分(入浴受付は14時まで)、15時〜21時(入浴受付は20時30分まで)。

Written by むねこ

2010年12月20日 at 8:37 AM

カテゴリー: おでかけ(兵庫)

Tagged with

日帰り 有馬温泉

with 2 comments

毎日、暑くて暑くて、クラクラです。
避暑地を求めて、有馬温泉へ日帰りで行ってきました。
有馬温泉は、兵庫県神戸市北区にある温泉です。日本三古湯の一つ。
標高350m~500mに位置しております。だから少し涼しい。

日帰りで、温泉街を散策し、外湯「金の湯」「銀の湯」に入ってきました。
さすがに、いい泉質だとわかります。お肌がサラサラになりました(^^♪。
入浴料、金の湯:大人650円、銀の湯:大人550円。2館セット:850円。
金の湯と銀の湯は、泉質が違うので、両方入浴したくなりますから、2館セットの方がお得です。

有馬温泉街の道は、狭い坂道です。
車を有料駐車場にとめて歩いてまわる事になります。
(金の湯に一番近い駐車場は、1時間毎400円(日・祝))
ですから、無料で利用できる駐車場を調べておく方がいいと思いました。
参考Webページ↓
http://www.alimali.jp/docs/staticpages/index.php/alimalip_ja
ガイドマップ5.24MB(PDF)↓
http://feel-kobe.jp/guidemap/data/arima.pdf

写真この日の写真をフォトアルバム「フォト. 風景10 夏2010.8~」(1~12枚目)に追加しました。
○むねこのフォト(モバイルケータイ)「有馬温泉(12枚)」のページはこちら↓
http://mphotos.live.com/5eb9cd7858bd1612/d.aspx?rid=5EB9CD7858BD1612%216895&mkt=ja-JP

最近気がついたのですが、夏に温泉に入ると、肌の表面がサラサラになります。
弱アルカリ性の泉質は、皮脂汚れを落とすらしいので、温泉では良く落ちるのかなぁ?と…。あせもも、少しマシになったような…(?_?)。

◇有馬本温泉 金の湯
兵庫県神戸市北区有馬町833 TEL 078-904-0680
泉質:含鉄‐ナトリウム‐塩化物強塩高温泉
営業時間:午前8時~午後10時(入館は午後9時30分まで)
定休日:第2・第4火曜日(祝日営業 翌日休)、1月1日。
入浴料:大人650円

◇有馬温泉 銀の湯
兵庫県神戸市北区有馬町1039-1 TEL 078-904-0256
泉質:炭酸泉 単純二酸化炭素冷鉱泉、ラジウム泉 単純放射能温泉
営業時間:午前9時~午後9時(入館は午後8時30分まで)
定休日:第1・第3火曜日(祝日営業 翌日休)、1月1日。
入浴料:大人550円

Written by むねこ

2010年8月22日 at 4:50 PM

カテゴリー: おでかけ(兵庫)

Tagged with