むねこのICTスペース

「日本の世界遺産」「国宝・史跡・名勝」「日帰り温泉」を巡る、旅ブログを主に綴っています。

Archive for the ‘おでかけ(和歌山)’ Category

神話の国 木の国

leave a comment »

前の記事」(熊野三山・世界遺産)のつづきです。

「熊野権現」とは、熊野三山(本宮・新宮・那智山)の祭神である神々をいいます。
特に主祭神である「家津美御子神(けつみみこ)、速玉神(はやたま)、夫須美神(ふすび、むすび)」を指し「熊野三所権現」といいます。

熊野権現信仰は奈良朝に起こり、神仏習合の流布にともない、神々はそのままでは俗世に御姿を現わすことは出来ないので、仮に仏にお姿を変えて現れる(権現)と説かれました。
【本宮】家津美御子大神=スサノオ=阿弥陀如来。
【新宮】熊野速玉大神=イザナギ=薬師如来。
【新宮・那智】熊野夫須美大神=イザナミ=千手観音。

以前「出雲の記事」で、スサノオは、出雲の国づくりをした「大国主」の祖神(おやがみ)と書きました。
「出雲」と「熊野」は関係があるの?と思い調べてみました。

○イザナミの墓所
「古事記」では、出雲と伯伎(伯耆)の境の比婆山(現在の島根県安来市伯太町)。
「日本書紀」では、紀伊の熊野の有馬村(三重県熊野市有馬の花窟神社)に葬られたという。
「古事記」によれば、高天原を追放されたスサノオは、母イザナミのいる黄泉国に行きたいと願いそこに行きました。

○出雲一の宮 熊野大社(島根県松江市八雲町)
祭神名は「伊邪那伎日真名子 加夫呂伎熊野大神 櫛御気野命」とし、スサノオの別名であるとしている。
出雲も紀伊も、ともに奥深い地で、熊野の社名・地名が双方にある。
古代から両国の経路は海路によって結ばれていた。

○スサノオの子、イタケル、オオヤツヒメノミコト、ツマツヒメノミコト。この三柱の神が木種を播て、国土を全部青山にして、最後にやってきた木の国でお鎮まりになった。

○オオナムヂ(大国主)が兄弟神から逃れる時、五十猛神(イタケル)のいる「木の国」を通って、スサノオのいる「根の国」へ行った。

他にもあるようですが…。
スサノオ(またその子孫)も紀伊国(木の国)と関係しているようです。
スサノオは木の神でもあり、どの木が船、宮、棺を造るのに適しているか教えたそうです。(すみません神話むずかしいです(T_T))

〈この記事は、2009.10に「熊野三山」に行った時の内容です〉

広告

Written by むねこ

2011年2月8日 at 3:55 AM

南紀勝浦温泉とマグロ

leave a comment »

前の記事」(熊野三山・世界遺産)のつづきです。
那智勝浦町は、和歌山県東牟婁郡の町。世界遺産、温泉、マグロの町です。

熊野三山の一つ「熊野那智大社」は、那智山の中腹(標高約500mの地点)にあり、那智大滝に対する原始の自然崇拝を祭祀の起源とする神社です。

海の幸も豊富で、特に「生マグロ」の水揚げ量は、日本有数を誇っています。
勝浦湾には、南紀勝浦温泉があり、「忘帰洞」は有名です。

宿泊したのは、「万清楼」ですが、「ホテル浦島チェーン」と言うことで、あちらの温泉も利用できますよと言われ…。
せっかく、5時間もかけてここまで来たのだし…入ることにしました。

南紀勝浦温泉 「忘帰洞」(太平洋に面した自然の洞窟の浴場)へは、亀の形をした船(浦島丸)に乗って行きます。
ホテルは大変大きく、お風呂も沢山あるようで、受付で館内図を貰い。
廊下には色線が何本もあり、その色線をたどってお風呂へ行きます。
広すぎて…人も多く…迷子です(@_@;)。

「熊野」という地名は「隈の処」という語源から発しているといわれています。
ここは奥深い処、神秘の漂う処ということになります。
古道の山深い木々、瀞峡(特別名勝)、熊野川、那智滝(名勝)、海岸の奇岩(名勝)には、神秘的なものを感じました。
そして、那智勝浦の朝は早く、太平洋から昇って来た太陽が、大きくて…まぶしくて…。
確かに、雄大な自然には、「神」の存在を感じました。

「熊野三山」の写真を、フォトアルバムにしました↓。
フォトw 熊野三山(世界遺産) 2009.10

〈この記事は、2009.10に「熊野三山」に行った時の内容です〉

Written by むねこ

2011年2月8日 at 2:03 AM

熊野本宮大社 門前の名物甘味

with one comment

前の記事」(熊野三山・世界遺産)の続きです。

熊野本宮大社門前に「茶房 珍重庵」と言うお店がありました。
名物は、「もうで餅」だそうです。
つきたての新鮮おもちにこしあんを包み、上に玄米粉をかけたもの。

休憩も出来るようなので、熊野本宮大社を参拝した後に、「茶房 珍重庵」に入りました。
こちらの営業時間は、9時30分~16時30分と…朝早くからやっています。
「もうで餅と抹茶のセット」が315円だそうです。

大きな神社を参拝すると良く歩くので、こういった所で甘いものをいただくと元気になります。
が…この日は、AM3時過ぎに自宅を出ています。←移動時間約5時間。
食事メニューもあったので、まだAM10時前だったのですが、ここで軽く昼食?にしました。

堂本剛の正直しんどい」で剛さんと西野さんも、ここで食べていたよ…なぁ…。
サインあるかな?と店内を見回すと…。
NHK朝の連ドラ「ほんまもん」のポスターが貼っていました。
あれ…ここが舞台だったのかぁ…(゜_゜>。

結局、「もうで餅」は、お土産に買いました。
が…このお店、新宮にも那智勝浦にもありましたよ(p_-)。

◇「茶房 珍重庵」
和歌山県田辺市本宮町本宮1110 TEL0735-42-1648
営業時間 9:30~16:30 年中無休(2・6・7・9・12月は毎週水曜日)
http://www.kumanokaido.com/chinchyo/

〈この記事は、2009.10に「熊野三山」に行った時の内容です〉

Written by むねこ

2011年2月5日 at 1:48 AM

紀伊山地の霊場と参詣道 (熊野三山)

with 5 comments

お久しぶりです。過去のフォトの整理をしておりました(^^ゞ。
2009.10に「熊野三山」に行った時のものです。←ずっと気になっていた。

写真は、Windows live のフォトアルバムにupしました。
フォトw 熊野三山(世界遺産) 2009.10」です。

熊野古道は、熊野三山(本宮・新宮・那智山)に参るための信仰の道です。
平安中期から鎌倉時代にかけて上皇の度重なる熊野御幸をきっかけとして、大勢の人々が熊野を詣でたそうです。

紀伊山地は古都奈良や京都の南に位置します。
古代より自然信仰を起源とし、神々が鎮まる特別な地域と考えられていました。
「仏教」も、深い森林に覆われた紀伊山地の山々を「浄土」に見立て、山岳修行の舞台としました。
その結果、紀伊山地には、それぞれの起源や内容が異なる「吉野大峯」、「熊野三山」、「高野山」の三つの「山岳霊場」とそこに至る「参詣道」が生まれました。
その「紀伊山地の霊場と参詣道」は、2004年7月7日、世界遺産(文化遺産)に登録されました。

○むねこのフォト(モバイル)のページはこちら↓
mphotos 熊野三山(世界遺産)2009.10

熊野三山に行きたくなったきっかけは、「堂本剛の正直しんどい」を観てでした(^^ゞ。
↑なんとなく…行けそうな気がした。

私たちは、2日間で、紀勢自動車道から車で、熊野三山をお参りしただけですが…。
自宅~紀勢自動車道の紀勢大内山ICまでが約2時間。
紀勢大内山IC~新宮市(国道42号線)が約2時間。
新宮市~熊野本宮大社(国道168号線)が約40分。
ですから、AM3時過ぎに自宅を出発して、途中休憩をしながら、熊野本宮大社にはAM9時前に着きました。

1日目午前中、「熊野本宮大社」と「熊野速玉大社」は、わりと楽に参拝できました。
午後から、新宮市~那智勝浦の車の移動は、バイパスがあり、これまた順調でした。
が…那智山で苦戦です。「熊野那智大社」(標高約500m)の参道の石段が、467段とかなり長いです。
「熊野那智大社」に隣接して「青岸渡寺(西国三十三所第1番)」があり、境内の三重塔まで歩いて行くと1時間くらい掛かりました。
…ここでヘトヘトになり、筋肉痛…です(+_+)。

2日目に、あらためて「熊野古道大門坂」と「飛瀧神社(那智滝)」に行きました。
「飛瀧神社」の鳥居から石段を降りて、お滝拝所まで行きました(ここも歩く)。
那智滝を間近に見るのは良かったですよ(^o^)。

「大門坂」は全長約500m、高低差約100m。「熊野那智大社」 への参道です。
約30分で古道の雰囲気を楽しめるそうです(ここは歩かなかった)。
「大門坂」から歩いて「熊野那智大社」へ行く事が醍醐味なのでしょうが…その先の467段の石段の事も考えると…。

熊野三山へは車で行きましたが…那智勝浦までは…やはり遠いですねぇ(p_-)。

◇熊野本宮大社:和歌山県田辺市本宮町本宮1110 tel.0735-42-0009
◇熊野速玉大社:和歌山県新宮市新宮1 tel.0735-22-2533
◇熊野那智大社:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山1 tel.0735-55-0321

Written by むねこ

2011年2月3日 at 8:26 AM

高野山2 (天見温泉~九度山)

leave a comment »

高野山」(和歌山県伊都郡)の帰りに、天見温泉(大阪府河内長野市)に1泊しました。
高野山へは、12時くらいに着いたのですが、広くて…
大門~檀上伽藍~金剛峯寺~奥の院まで…。
要所のみまわりましたが、下山は夕方6時になりました(*_*;。

高野山は、町石道とともに世界遺産に認定されました。
この町石とは距離の単位で一町約百九メートル。
ふもとの九度山町から始まり、山上の「壇上伽藍」まで百八十町、さらに「奥の院」まで三十六町の町石が現在でも残っています。
と…言うことです。大門から奥の院は何キロ?

歩き回りヘトヘトで、温泉旅館に着きました。猪鍋をいただきました。
気温0度の参詣でしたので、お鍋と温泉はありがたかったです。
こちらの温泉は、天然ラジュウムを豊富に含みます。筋肉痛と冷え切った体には本当に極楽でした(>_<)。

次の日は、せっかくここまで来たのだから、九度山の世界遺産「慈尊院」「丹生官省符神社」に行っておこうと思いました。再び高野口へ…。

この日の写真もフォトアルバムにupしました。
写真フォトw 天見温泉~高野山町石道(九度山)2009.2」です。
○むねこのフォト(モバイルケータイ)ページはこちら↓
http://mphotos.live.com/5eb9cd7858bd1612/t.aspx?rid=5EB9CD7858BD1612%212670

慈尊院は、静寂なところで「世界遺産?だよね?」と思いましたが…。
慈尊院が「高野山町石道」の入口と書いてあり…「あ!!」です。
慈尊院には、弘法大師の御母公が晩年を送られたそうで、御母公の「御廟」もありました。
弘法大師は、御母公へ会うために月に9回は下山しておられたことから、慈尊院周辺地域の地名が「九度山」となったともいわれています。

先に、この「慈尊院」に来て、御母公を「奥の院」に連れて行ってあげれば良かったなぁ…と思いながら…。帰路に…。

◇慈尊院(じそんいん)
和歌山県九度山町慈尊院832 Tel 0736-54-2214 境内自由
【電車】南海電鉄高野線「九度山駅」から徒歩30分。

◇真田庵
和歌山県九度山町九度山1413 Tel 0736-54-2218 境内自由(資料館は200円)
【電車】南海電鉄高野線「九度山駅」から徒歩約10分。

◇天見温泉 南天苑(国の有形文化財)
大阪府河内長野市天見158 Tel 0721-68-8081

Written by むねこ

2009年2月20日 at 10:03 AM

高野山 金剛峯寺

with 2 comments

和歌山県伊都郡高野町の高野山に行ってきました。
その写真をフォトアルバムにupしました。
写真フォトw 高野山(世界遺産)2009.2」です。

高野山は、およそ1200年前に、弘法大師(空海)によって開かれた、真言密教の修行道場であり、全国に広がる高野山真言宗の総本山です。
標高およそ900メートルの山上の盆地にあります。
平成16年(2004年)7月7日、熊野、吉野・大峯と共に「紀伊山地の霊場と参詣道」としてユネスコの世界文化遺産に登録された。

高野山全体を大寺(総本山金剛峯寺)に見立て、山内に点在するお寺は、塔頭寺院といいます。現在では117ヶ寺が存在し、そのうち53ヶ寺は宿坊です。
この日は、「大門」~「檀上伽藍」~「金剛峯寺」~「奥の院」と要所のみまわりました。

○むねこのフォト(モバイルケータイ)「高野山」のページはこちら↓
http://mphotos.live.com/5eb9cd7858bd1612/t.aspx?rid=5EB9CD7858BD1612%212564

真言密教の「真言」とは、仏の真実の「ことば」を意味しています。
この「ことば」は、人間の言語活動では表現できない、この世界やさまざまな事象の深い意味、すなわち隠された秘密の意味。
弘法大師は、この隠された深い意味こそ真実の意味であり、それを知ることのできる教えこそが「密教」であると述べています。

よくわかりませんが…勉強します(p_-)。
実は、ぽんちゃんの家は真言宗で、義父は高野山で永代供養されています。
ですから、先祖供養です。私は、今回初めて高野山に登りました…(車で(^^ゞ)。

まず驚いたのは、山上の盆地が広大なこと。
境内だけではなく、ちゃんとした町になっていたことでした。
昔、古道(町石道)を歩いて登った人は、ここを極楽と思うに違いない…って感じです。
杉花粉の前に行っておこうと、寒いのを覚悟で行きました。
雪が積もっていなくて良かったのですが、気温は昼間も「0度」でした。

◇高野山 総本山金剛峰寺
和歌山県伊都郡高野町大字高野山132 Tel 0736-56-2011
拝観時間:午前8時30分~午後5時(受付けは閉所30分前)
料金:金剛峯寺500円、金堂200円、大塔200円、霊宝館600円…。
【電車】南海高野線「極楽橋駅」下車、南海高野山ケーブルで高野山駅へ。
【車】和歌山県橋本市から約1時間。
(国道370号線を九度山方面へ、花坂交差点を国道480号線(西高野街道)へ)

Written by むねこ

2009年2月18日 at 6:57 PM