むねこのICTスペース

「日本の世界遺産」「国宝・史跡・名勝」「日帰り温泉」を巡る、旅ブログを主に綴っています。

Archive for the ‘おでかけ(愛知)’ Category

愛知 刈谷市 小堤西池のカキツバタ群落

leave a comment »

5月の花「カキツバタ」を観に愛知県刈谷市の「小堤西池のカキツバタ群落」に行きました。
「カキツバタ」は愛知県の花、そして刈谷市の花なのだそうです。

小堤西池(こづつみにしいけ)は、刈谷市最北部の井ヶ谷町にある面積20,330平方メートルの池です。
京都(大田の沢)、鳥取(岩美町の唐川)と並び国の天然記念物に指定された「日本三大カキツバタ自生地」の一つです。

小堤西池のカキツバタ

「いずれがアヤメか、カキツバタ」と言いますが…
アヤメ、ハナショウブ、カキツバタの違いはわかります?
5月に咲くのが、アヤメとカキツバタ。アヤメは乾地に、カキツバタは湿地に。
6月に咲くのが、ハナショウブ。ハナショウブは湿地・乾地いずれにも適する。
ハナショウブの方が、葉の主脈がよく発達しているそうです。

小堤西池の群落は、昭和13年8月に国の天然記念物に指定され、その後、池の水源である東側の丘陵地も、追加指定をうけ、昭和53年3月には県の自然環境保全地域にも指定されました。
手入れが行き届いた鑑賞用の庭園ではなく、豊かな自然のままで咲くカキツバタの姿を観る事ができます。

例年の見頃は5月中旬らしいのですが、2012年5月19日の時点で、3回目と言っておられました。
何が3回目かと言うと…カキツバタは、1つの茎に1個の花を咲かせ、3日ほど咲いているそうです。
その花が枯れると、次のつぼみを付け、1つの茎に3回(まれに4回)花が咲くらしいです。
ですから、今年の見頃は早く終わってしまいそうだ…とボランティアの方が言っておられました。

つづきを読むからはフォトギャラリー9枚です。
続きを読む »

広告

Written by むねこ

2012年5月21日 at 9:33 AM

カテゴリー: おでかけ(愛知)

Tagged with

尾張 犬山城下町 本町通り

leave a comment »

前の記事」(愛知県犬山市 犬山城)の続きです。
国宝指定四城の一つ「犬山城」は、 尾張(愛知県)と美濃(岐阜県)の国境、木曽川の南岸に天守閣が建っています。

犬山城下町は、江戸時代の風情が残る街並みです。
「本町通り」は、犬山城の正面通りで、町をにぎやかにするため呉服屋、酒屋などを多く配置して城下町の中心としたそうです。
町のあちらこちらには、犬山祭に使われる車山をおさめた車山蔵があります。
(曳山のこと…犬山では「車山」と標記して、「やま」と言い習わされています。)

行った日の、2011年10月23日(日)は、「秋の犬山お城まつり」が行われていました。
午前中に天守閣に登り、その後、お昼ご飯を食べようと、本町通りに居た時間に。
ちょうど「甲冑武者行列」が犬山城へ向けて通過して行きました。
戦国時代にタイムスリップしたような光景です。

行列の頃から、だんだん人が多くなり、犬山城前広場に集まってきました。
15:00頃から犬山城鉄砲隊による火縄銃演武もあるようでしたが…
今回は、天守閣が目的で、祭りがある事を知らずに来たので、時間まで待たずに帰りましたm(__)m。

◇国宝 犬山城(別名 白帝城)
愛知県犬山市犬山北古券65-2 TEL:0568-61-1711(犬山城管理事務所)
開館時間:9:00~16:30(閉門は17:00)
入場料:大人500円  小・中学生100円
【電車】名鉄「犬山駅」から徒歩約20分。
【車】名神高速道路・東名高速道路「小牧IC」から国道41号線・県道27号線経由で、約12km。

Written by むねこ

2011年11月8日 at 12:47 AM

カテゴリー: おでかけ(愛知)

Tagged with ,

愛知県犬山市 犬山城(国宝)

with 2 comments

犬山市は、愛知県北西部に位置します。
愛知県(尾張)と岐阜県(美濃)の国境には、木曽川が流れています。
その木曽川の南岸に、国宝指定四城の一つ犬山城が建っています。

犬山城 天守閣

犬山城は天文6年(1537)に織田信長の叔父にあたる織田与次郎信康によって造られました。
小牧長久手合戦(1584)の際には、豊臣秀吉は大阪から12万余の大軍を率いてこの城に入り、小牧山に陣をしいた徳川家康と戦いました。
江戸時代になり、尾張藩の付家老、成瀬隼人正正成が元和3年(1617)城主となってからは、成瀬家が代々受け継いで明治に至りました。

明治維新による廃藩置県のため、この城は愛知県所有となり、櫓や城門など天守閣を除く建物はほとんど取り壊されてしまいました。
明治24年の濃尾震災で天守閣の東南角の付櫓など、ひどく壊れましたので、それを修理する条件で再び成瀬家所有の城となりました。
その後、伊勢湾台風などでも被害をうけましたが、昭和36年から40年(1965)まで4年間をかけて解体修理をおこないました。
昭和10年(1935)国宝に、昭和27年規制改正にともない改めて国宝に指定されました。

望楼型の独立天守で、外観三層の高さ19m(内部4階、石垣の中2階付)です。
平成16年4月、財団法人 「犬山城白帝文庫」が設立され、城の所有は個人から財団法人になりました。

続きを読むからは、フォトギャラリー(8枚)です。
続きを読む »

Written by むねこ

2011年11月5日 at 12:59 AM

カテゴリー: おでかけ(愛知)

Tagged with ,

蒲郡 竹島弁天とガン封じ寺

leave a comment »

愛知県蒲郡の旅2でございます。
前の記事はマリンリゾートでしたが、今回は観光スポットです。
国指定天然記念物「竹島」と、西浦不動「ガン封じ寺」です。

写真この日の写真をフォトアルバム「フォト. 風景9 春2010.4~(45~50枚目)」に追加しました。

三河湾に浮かぶ島「竹島」は、島全体が八百富神社の境内です。
別名「竹島弁天」。養和元年に藤原俊成が、竹生島(滋賀県)より勧請し創立されたとされる。
対岸から約400m。橋で渡ります。←橋好き(^◇^)。
この橋付近では、潮干狩りも出来るそうで、朝から続々と人が集まってきました。
◇愛知県蒲郡市竹島町3-15
「竹島 八百富神社」のWebページです↓
http://www.yaotomi.net/yaotomi

○むねこのフォト(モバイルケータイ)「竹島 八百富神社」(4枚)のページはこちらから↓
http://mphotos.live.com/5eb9cd7858bd1612/d.aspx?rid=5EB9CD7858BD1612%216703&mkt=ja-JP

西浦不動 無量寺は、蒲郡市西浦町にある真言宗の寺院です。
「ガン封じの寺」として知られているそうです。お札を買いました。
こちらの本堂の奥には、「千仏洞めぐり」と言う、洞窟のような所があり、結構面白かったです。
◇愛知県蒲郡市西浦町日中30(名鉄蒲郡線西浦駅から徒歩5分)

○むねこのフォト(モバイルケータイ)「西浦不動 無量寺」(2枚)のページはこちらから↓
http://mphotos.live.com/5eb9cd7858bd1612/d.aspx?rid=5EB9CD7858BD1612%216707&mkt=ja-JP

三河は、温暖な気候のところでした晴れ

Written by むねこ

2010年4月29日 at 12:36 AM

蒲郡 三谷温泉

leave a comment »

ゴールデンウィークがはじまりましたね。
しかし、朝から雨のようです(>_<)ザンネン。

先々週のお話ですが。
愛知県蒲郡市の三谷温泉(みやおんせん)に行ってきました。

◊三谷温泉と言えば、三河湾に面しているマリンスポーツの拠点だそうです。
ラグーナ蒲郡の「ラグナシア」と言う、海をテーマにした、アミューズメントパークもあり、初夏の気分でした。
(ラグナシアは、ポルトヨーロッパとパルケエスパーニアの間くらいの規模のパークでしょうか?)

「ONE PIECE メモリアルログ in ラグナシア」(2010年3月20日~6月27日開催)と言うイベントもやっていて。
行った日は、ONE PIECEのファンだらけでした。

パソコンラグナシアのWebページ↓
http://www.laguna-gamagori.co.jp/lagunasia/

この年齢で、「行ってらっしゃーい(^◇^)」と言われ、アトラクションに乗るのは、恥ずかしいと思いながら。急流すべりに3回乗りました(^^ゞ。←気に入った。

◊三谷温泉には、ホテルと旅館が数件あります(日帰り入浴もできる)。
温泉街の気分は味わえませんでしたが。
源泉名は、「美白泉」。泉質は、「アルカリ性単純温泉」。
海の近くですが、塩分で肌がヒリヒリすることがなく、つるつるすべすべになりました。

パソコン三谷温泉のWebページ↓
 http://www.miyaspa.com/

Written by むねこ

2010年4月28日 at 9:58 PM