むねこのICTスペース

「日本の世界遺産」「国宝・史跡・名勝」「日帰り温泉」を巡る、旅ブログを主に綴っています。

Archive for the ‘温泉旅行’ Category

白山麓の旅 白山比め神社と白山温泉郷

leave a comment »

前の記事」(白山麓の旅 白山スーパー林道(岐阜県~石川県))のつづきです。
白山スーパー林道を、岐阜県側から入り、石川県側に出ました。
石川県側ゲート(標高600m)を出た先の、国道360号線沿いに「白山一里野温泉」があります。

一里野は、石川県白山市尾添の山間部に開けた、約一里程の野(高原)にある温泉地です。
「白山一里野温泉スキー場」「白山一里野公園」などの施設もありました。
ここでは、「立ち寄り温泉 白山癒しの湯 天領」に寄りました。

こちらの温泉の印象は、とにかく「熱い」。
それもそのはず…源泉温度がなんと…93.8度もあるんですもの…。
水でうすめながら、「あちっ、あつ」と言いながら入りました(^_^;)。

天領の名前についてですが…
白山麓は、越前・加賀・美濃にまたがるため、白山山頂での経済活動の権利を巡り、麓の村々で争いが古くからあったそうです。
その為、江戸時代には、幕府直轄地(天領)となっていたそうです。

その後、国道360号線から国道157号線を金沢方面へ移動し…
白山市三宮町にあります「白山本宮 加賀一ノ宮 白山比め神社」へ行きました。
白山比め神社は、霊峰白山をご神体とする白山神社の総本宮であり、北陸最古の神社です。
御祭神は、白山比め大神(しらやまひめのおおかみ)=菊理媛尊(くくりひめのみこと)、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)、伊弉冉尊(いざなみのみこと)の三柱です。

神祠の創建は、第10代崇神天皇の7年(2000年以上前)と伝えられます。
旧社地は北陸鉄道加賀一ノ宮駅前の古宮址安久涛の森ですが、1480年に大火で焼失し、その後、末社三宮神社の境内である現在地を本宮鎮座の地と定めて今日に至ります。
境内はうっそうとした杜がひろがり、おごそかな雰囲気がただよっていました。

白山比め神社参拝の後は、国道157号線を白山方面へ戻り、白山市瀬波子にあります「白山里温泉」へ行きました。
「白山里」は、古民家風のデザインの研修・交流館と、天然温泉が湧く宿泊施設です。
内湯が一つのシンプルな温泉施設でしたが、肌がすべすべになる泉質で、日帰り入浴は380円とお手頃でした。

霊峰「白山」の自然の雄大さと、恩恵を感じつつ…
国道157号線をさらに福井方面へ移動し、白山市白峰のまちなみ(白峰重要伝統的建造物群保存地区)へ行きました。
☆つづきは次の記事にて…

◇白山本宮 加賀一ノ宮 白山比め神社
〈本宮〉石川県白山市三宮町ニ105-1
〈奥宮〉石川県白山市白峰白山嶺上(白山国立公園)
拝観自由 宝物館は大人・大学生300円、高校生以下無料。
アクセス:(電車)北陸鉄道石川線鶴来駅から徒歩15分。
Webページ:http://www.shirayama.or.jp/

◇立寄り温泉 白山癒しの湯 天領
所在地:石川県白山市尾添チ28 TEL076-256-7846
定休日:火曜日
営業時間:平日10:00~18:00、土日祝10:00~21:00。
料金:大人600円、小人400円。
泉質:ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(弱アルカリ性低張性高温泉)。
源泉温度93.8度 pH値7.7

◇白山里
所在地:石川県白山市瀬波子51-5 TEL076-255-5998
定休日:毎月第2・第4木曜日(祝日の場合は営業)
営業時間:8:00~22:00
料金:大人380円、小人200円。
泉質:ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉。
源泉温度41.5度 pH値8.1

広告

Written by むねこ

2012年10月31日 at 10:27 PM

カテゴリー: おでかけ(石川), 温泉旅行

Tagged with

岐阜の旅 奥飛騨温泉郷(平湯温泉)

with one comment

前の記事」(岐阜の旅 奥飛騨温泉郷(新穂高))のつづきです。
新穂高ロープウェイの次は、平湯温泉にある日帰り温泉施設「ひらゆの森」に行きました。

「ひらゆの森」は、温泉シールラリーゆらんでも人気が高い施設です。
平湯温泉は、源泉100%の天然温泉です。
武田信玄の軍が飛騨へ攻め入る途中、老猿(白猿)が湯だまりで傷を癒していたことが発見の由来と言われています。

「ひらゆの森」は、平湯温泉のバスターミナル(アルプス街道 平湯)から徒歩で約2分の場所にあります。
「ひらゆの森」に行って驚いたのは、露天風呂の広さです。
敷地面積1万5千坪に、男女合計16の露天風呂があります(内風呂・サウナもあり)。
森の中にいるかのような癒しと開放感を味わえます。
この施設で、入浴料金500円と言うのも驚きでした。

平湯大滝1

「ひらゆの森」から車で約1分の所に、平湯温泉スキー場があり、その脇を流れる平湯川の上流に「平湯大滝公園」があります。
平湯大滝は、落差64mの大瀑布で、飛騨三大名瀑の一つ、日本の滝百選にも選ばれました。
梅雨の時期の大滝は、ものすごい水量で迫力がありました(*^_^*)。

つづきを読むからは、フォトギャラリー9枚です。
続きを読む »

Written by むねこ

2012年7月21日 at 5:35 PM

岐阜の旅 奥飛騨温泉郷(新穂高)

with one comment

梅雨の真っただ中ですが…
奥飛騨温泉郷へ行ってきました(^_^;)。

奥飛騨温泉郷は、岐阜県高山市にある平湯・福地・新平湯・栃尾・新穂高の5つの温泉地の総称です。
源泉100%の天然温泉で、北アルプス(飛騨山脈)の麓の大自然の中に無数に点在する野趣あふれる露天風呂が楽しめます。
…と言う事で今回は、温泉シールラリーゆらんでも人気が高い日帰り温泉施設「ひらゆの森」に行くのが目的です。

ロープウェイからの眺望1

奥飛騨の観光は、北アルプス(飛騨山脈)の大自然を楽しむ…と言う事になると思います…
今回は、平湯温泉で宿泊しましたので、そこから行ける所を調べました。
「乗鞍岳畳平(標高2700m)」「上高地(標高1500m)」「新穂高ロープウェイ(標高2156m)」など…ですが…。
「乗鞍岳」と「上高地」に行くには、自然保護の為にマイカーでの通行は出来ず、平湯温泉のバスターミナルからシャトルバスを利用することになります。

○乗鞍岳…平湯温泉~乗鞍畳平までのバス料金、大人往復2200円(片道所要時間:1時間)
○上高地…平湯温泉~上高地までのバス料金、大人往復2000円(片道所要時間:25分)
(あかんだな駐車場料金:普通車 1日500円)
上記は、お天気が良い日に、ゆっくりハイキングをする場所だなぁ…と思い…。

「新穂高ロープウェイ」に行くことにしました。
○新穂高ロープウェイ…第1・第2ロープウェイ往復 大人2800円(片道所要時間:25分)。
天気予報は雨でしたが、到着した時は曇り空でしたので、山に上がってみましたが…やはり視界不良でした(^_^;)。

つづきを読むからは、フォトギャラリー9枚です。
続きを読む »

Written by むねこ

2012年7月14日 at 5:25 PM

カテゴリー: おでかけ(岐阜), 温泉旅行

Tagged with

広島に行ってきました。

with 4 comments

梅めぐりをしていて、後回しになってしまいましたが…(^^;ゞ
2012年2月に広島に行きました。
1日目は呉市、2日目は宮島を観光しました。
今回の旅行のメインは、世界遺産の厳島神社です。

厳島神社は推古元年(593)、大和時代の安芸の豪族である佐伯鞍職により創建されました。
(その後、厳島神社の神主家は佐伯氏→藤原氏→佐伯氏が世襲します)
現在の社殿の形に造営されたのは、平安時代の仁安3年(1168)、平清盛の庇護によるものです。
この厳島神社の海上建築は、あまりにも有名ですが…
呉市の音戸でも、平清盛が日宋交易促進のために永万元年(1165)に、海峡の開削工事を行っています。

「音戸の瀬戸」といい、平安時代は歩いて渡れたのを、深く掘り下げて開削したそうです。
現在「音戸の瀬戸」では、「平清盛 音戸の瀬戸ドラマ館」が開催されています。
開催期間:2012年1月14日(土)~2013年1月14日(月・祝)。

呉市には、ぽんちゃんの希望で「1/10戦艦大和」を見に来ただけでしたので…
この「音戸の瀬戸」の事は全く知らず…予定に入れていませんでした(T_T)。
「大和ミュージアム」で「清盛くんを探そう!スタンプラリー」ってのをみつけまして…
それで「音戸の瀬戸」と「ドラマ館」の事を知りました。

この「清盛くん」ですが、「日招き像」(立烏帽子直垂姿)の銅像です。
平清盛が沈む夕日を、「おちまいぞぅ」 と扇で招き返し、わずか1日で切り拓いたとされる伝説があるそうです(^_^;)。
実際は、1164年に音戸の瀬戸開削工事に着手し、十ヵ月を要する難工事の完成間近になった1165年7月16日、何としても完成させなければならないこの日、沈みかけた夕日に向かい「かえせぅ もどせぅ おちまいぞ」と叫んだ…とか…

「清盛くん」銅像設置場所(7ヶ所)で、4つ以上のスタンプを集め応募すると、抽選で豪華賞品が当たります。
〈参考〉詳しくは、こちらのWebページを→ 「清盛くんを探そう!スタンプラリー

今回は、車で広島まで行きましたので、半日は移動時間でした(移動距離:約390km(約5時間))。
ですから、呉市に居たのは数時間で、広島市内へ移動しました。
呉市は、思っていたよりも「見どころ」があり、ここで一泊しても良かったかも…と、もったいなくも思いました。
「海猿」「男たちの大和」「大河ドラマ 平清盛」「ももへの手紙」のロケ地もあるので、ロケ地めぐりも楽しいかも…です。

〈参考〉呉市観光Webページ「くれナビ」→ http://www.kurenavi.jp/

◇音戸の瀬戸公園
所在地:広島県呉市警固屋 TEL0823-25-3309(呉市産業部観光振興課)
【電車・バス】JR呉駅前バス停から「見晴町」行きバスを利用、「音戸大橋」下車すぐ。
または「呉倉橋島線又は阿賀音戸の瀬戸線」乗車「音戸渡船口」下車、徒歩約10分 。
【車】広島呉道路「呉IC」から国道487号線経由で約25分。 駐車場:約110台(無料)
○呉に伝わる「日招き伝説」のある景勝地。現在海峡には、警固屋と音戸町(倉橋島)とをつなぐ「音戸大橋」が掛けられています。

◇平清盛 音戸の瀬戸ドラマ館(おんど観光文化会館うずしお内)
広島県呉市音戸町鰯浜1-2-3 TEL0823-50-0041
開催期間:平成24年1月14日(土)~平成25年1月14日(月・祝)
開館時間:9:30~17:00(入館は16:30まで) 無休。
入場料:大人300円
【電車・バス】JR呉駅前バス停から「呉倉橋島線」乗車(約25分)「清盛塚」下車、徒歩すぐ。
【車】広島呉道路「呉IC」から国道487号線経由で約25分。 駐車場:あり(近隣有料駐車場)
【船】呉中央桟橋からシャトルシップ「清盛号」(ドラマ館開催期間の土・日・祝日)で音戸漁港まで約25分(片道大人500円)。
「音戸渡船口」警固屋側から「音戸の渡し船」利用後、徒歩3分。
○大河ドラマのロケで平氏の大将船として使用された、大迫力の15m大型和船を展示。
(この船は、古くから造船業が盛んな倉橋町で造られました。)

[その他 音頭への交通機関] 続きを読む »

Written by むねこ

2012年4月2日 at 10:59 PM

南三重をめぐる(紀伊長島 魚まちと日帰り温泉)

with one comment

前の記事」(南三重をめぐる 尾鷲市)のつづきです。
熊野古道伊勢路(国道42号線)を尾鷲市から北へ、紀北町紀伊長島区に移動しました。

紀北町は、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」のツヅラト峠・荷坂峠、始神峠、馬越峠を有する東紀州の玄関口です。
紀伊長島区は、紀勢自動車道の「紀勢大内山IC」から、国道42号線を新宮方面へ約17Kmの位置にあります。
紀伊長島港に漁師町「魚まち」があり、毎月第2・4土曜に魚市場内で「三重きいながしま港市」が開催されます。
また、海水浴場やオートキャンプ場があり、マリンスポーツをはじめ、海釣りも楽しめる所です。

魚まちの街並み

さて、冬にこの地に来た目的は…「渡利の弘法牡蠣」です。
浦村牡蠣と渡利牡蠣の食べ比べができる…と聞いたので「きほく千年温泉 ホテル季の座」で予約しました(*^_^*)。
渡利牡蠣は、浦村牡蠣より小ぶりでしたが、凝縮された味の濃さでした。
(牡蠣の旬の時期:11月~3月)

そして、冬に海に行って…と思われるでしょうが…こちらは気候が暖かい。
路地では、みかんやポンカンが売っています。
すっかり南国…の気分でした。

続きを読むからは、フォトギャラリー8枚です。
続きを読む »

Written by むねこ

2012年1月31日 at 11:10 PM

カテゴリー: おでかけ(三重), 温泉旅行

Tagged with

日本三名泉 下呂温泉の湯

leave a comment »

前の記事」(温泉街散策)のつづきです。
岐阜県の下呂温泉は、町の真ん中を南北に流れる清流「飛騨川」沿いに50を超える温泉宿が建ち並ぶ山間の温泉地です。
江戸時代の儒学者 林羅山により、兵庫県の「有馬温泉」、群馬県の「草津温泉」と並ぶ「日本三名泉のひとつ」と称されたことでも有名です。

泉質は、単純温泉(アルカリ性単純温泉)で、ツルツルした肌触りです。
湯上りもお肌がしっとりツルツルになり、私は好きな泉質です。

温泉街には、足湯が10カ所もあり、無料開放しているのは8カ所です。
温泉街を散策しながら、足湯で休憩するのも楽しいものです(*^_^*)。

今回は、朝から高山市一之宮の方にまで足を延ばしましたので、明るいうちに帰宅するのは無理だろうと言うことで、下呂温泉に宿泊する事にしました。
24時間入浴が出来るので、湯治客が集中することなく快適でした。

ちなみに、下呂温泉の共同浴場は、下呂市幸田の「幸の湯」(350円)、下呂市湯之島の「クアガーデン露天風呂」(600円)、下呂市湯之島の「しらさぎの湯」(300円)と3つあります。
それ以外にも、手形加盟旅館の中から三軒のお風呂に入浴する事ができる「湯めぐり手形(1,200円)」もあるようです。

〈参考〉下呂温泉旅館協同組合のWebページ↓。
http://www.gero-spa.or.jp/
〈参考〉散策マップ(PDF8.88MB)↓。
http://www.gerogle.jp/pdf/sansaku_map.pdf

自宅~下呂温泉まで約250km、車で3時間弱くらいで行けるので、シーズンオフの時期なら、ランチと日帰り温泉も可能かなぁ…。チョットシンドイカァ。
昔は、高鷲のダイナランドまで夜中の2時に出発して、日帰りスキーをしたものですが…。湯治めぐりが趣味になるとは…(T_T)トホホ。

Written by むねこ

2011年5月4日 at 3:40 AM

下呂温泉 合掌村

leave a comment »

前の記事」(温泉街散策)のつづきです。
JR高山本線の下呂駅から東の位置、約1.6km(徒歩約20分)の高台、下呂市森にある「合掌村」です。

下呂温泉合掌村は、国重文の「旧大戸家住宅」をはじめ、白川郷などから移築した10棟の合掌造りの民家で集落を再現した、往時の生活を知る貴重な博物館です。
村内には、国登録有形文化財の旧岩崎家(民俗資料館)、旧遠山家の板倉もあり、内部を公開しています。

合掌村

村内は「合掌の里」と「歳時記の森」の2つのゾーンで構成されており、小さな山村と言った感じです。
世界遺産の「白川郷」や「五箇山」に行った方にとっては、少し物足りないかもしれませんが…。
合掌造り集落に行った事がない方にとっては、「日本昔話」のような江戸時代の山村の雰囲気を十分楽しむことが出来ると思います。

ちなみに、白川郷では屋根裏で蚕を飼って、五箇山では火縄銃の煙硝を製造し、生活をされていたと聞きました。
両方から建物を移築しているようで、さらに高山の文化もミックスされている感じで、私は少しだけ違和感を感じました…(^_^;)カンコウシセツヨ。

…続きを読むからは、フォトギャラリー(8枚)です。 続きを読む »

Written by むねこ

2011年5月3日 at 11:15 PM