むねこのICTスペース

「日本の世界遺産」「国宝・史跡・名勝」「日帰り温泉」を巡る、旅ブログを主に綴っています。

Posts Tagged ‘国宝

木津川市 当尾の里 浄瑠璃寺(九体寺)

leave a comment »

前の記事」(木津川市 当尾の里 岩船寺の紫陽花)のつづきです。
浄瑠璃寺(じょうるりじ)は、京都府木津川市加茂町西小札場の「当尾(とうのお)の里」にある真言律宗の寺院です。
山号は小田原山。
当尾(浄瑠璃寺地域)は、京都府歴史的自然環境保全地域に指定され、岩船寺から浄瑠璃寺へは、府道752号線を西へ約2.2kmの位置にあります。

寺号は、創建時の御本尊(三重塔の内陣に安置されている)、薬師仏の浄土「浄瑠璃世界」から付けられました。
中央の宝池を挟んで、東方浄瑠璃浄土の薬師仏を東に、西方極楽浄土の阿弥陀仏を西に配した、平安時代後期(藤原時代)の日本が生みだした浄土式伽藍がただ一つ完全に残されてきた寺です。

九体阿弥陀堂(国宝)

梵字の阿字をかたどったといわれる宝池を中心にして、東に東方本尊の薬師仏(秘仏 重文)を安置する三重塔(国宝)が、西に西方本尊の九体阿弥陀仏(国宝)を安置する本堂(九体阿弥陀堂 国宝)が建っています。
藤原時代には、京都を中心に競って建立された九体阿弥陀仏と、それをまつるための横長の堂(正面11間、側面4間)も、現存する唯一のものです。

庭園は、国の特別名勝及史跡に指定されています。
派手さはないですが、草花が咲き、蝶が舞い、鳥のさえずりが良く似合う、落ち着いた雰囲気の庭園でした。
これまで、京都・奈良の世界遺産の寺院を巡りましたが、平安時代の雰囲気を感じる庭園を観たのは、ここが初めてでした。

つづきを読むからは、フォトギャラリー9枚です。
続きを読む »

Written by むねこ

2012年6月21日 at 5:13 AM

奈良市中町 登美山鼻高 霊山寺のばら庭園

leave a comment »

前の記事」(奈良市中町 登美山鼻高 霊山寺の薬師湯)のつづきです。
奈良県奈良市中町の霊山寺は、奈良市の西郊・富雄川沿いにある真言宗の寺院です。
ばら庭園がある事で有名です。

今が見頃と言う事で、観に行きました。
(バラの見頃:5月中旬~6月中旬、10月中旬~11月中旬)
ばら庭園は、本堂からみて鬼門(北東)の方角にあります。
昔から鬼門には柊などのトゲのある木を植えるならわしがあり、それに倣って薔薇を植えたそうです。

ばら庭園(アーチ)

霊山寺の縁起は、千三百余年の昔、小野富人(小野妹子の息子・通称鼻高仙人)が、登美山で薬草を栽培し薬師如来を祀って、薬草風呂を施湯し、諸人の病を治したことに始まります。
第45代聖武天皇も鳥狩りの折入湯され、光明皇后も入湯された…とありました。

このお寺の開基は、行基菩薩です。 天平8年(736年)第45代聖武天皇の勅命で伽藍を建立します。
行基菩薩は、天智天皇の7年(668年)大阪府堺市に生まれ、15才にして南都薬師寺に入り、24才で受戒得度されました。
現在の平城の聖城に遷都することを奏し、元明天皇の和銅3年(710)平城遷都の造営にあたり、先ず南都諸大寺の移転と建立をされました。
(例えば、薬師寺・大安寺の移建を初め、興福寺・元興寺及び總国分寺東大寺建立など四十八ヶ大寺院を建立)
その他、全国にわたり、開基された寺院・道場は実に700に及ぶといわれ、遍路、巡礼の元祖でもあります。

つづきを読むからは、フォトギャラリー8枚です。
続きを読む »

Written by むねこ

2012年6月11日 at 2:47 AM

カテゴリー: おでかけ(奈良)

Tagged with ,

奈良市中町 登美山鼻高 霊山寺の薬師湯

with one comment

奈良県奈良市中町の霊山寺は、奈良市の西郊・富雄川沿いにある真言宗の寺院です。
ばら庭園がある事で有名です。(バラの見頃:5月中旬~6月中旬、10月中旬~11月中旬)

富雄の里は古事記には登美であり、日本書紀では鳥見の地となっていて、小野家の領有だったようです。
千三百余年の昔、右大臣小野富人(通称鼻高仙人)が、湯屋に薬師三尊仏を祀り、薬草風呂にて諸人の病を治したのが、霊山寺の遠因であるとあります。

薬師湯

小野妹子の息子、小野富人は天智10年(671年=天智天皇が崩御された年)右大臣となったが、壬申の乱のため官職を辞し登美山に閑居した…。とありますので、大友皇子(第39代弘文天皇)側のだったのかなぁ…と思います。

天平8年(736年)第45代聖武天皇の勅命で、行基菩薩が伽藍を建立し、インド僧の菩提僊那が来朝されこの地は誠の霊山であると感嘆され霊山寺と命名されたそうです。
鎌倉時代に北条時頼の帰依厚く、多くの寺領を下付され、本堂の改築・伽藍の大修理を行い、豊臣秀吉・徳川家康もまた寺領を寄進、以降徳川幕府の御朱印寺として寺勢二十一か坊を数えたそうですが…
明治維新の廃仏毀釈により伽藍の規模半減、二百体の仏像焼却に遭うも、国宝重文建物6棟・重文仏像宝物30余点が残っています。

つづきを読むからは、フォトギャラリー9枚です。
続きを読む »

Written by むねこ

2012年6月9日 at 6:55 AM

姫路城 千姫ぼたん園 2012.4

leave a comment »

ゴールデンウィーク前半、姫路に帰省しました。
ポンちゃんがこの春に転勤し、カレンダー通りの勤務になったので…
今回は、3日間とたっぷり時間があり…
一人で、朝・夕と姫路市内を散策しました(^_^;)

姫路城大天守は、2009年~2015年まで保存修理工事が行われ、メッシュシートで覆われています。
この日は、天守閣には入城せずに、大手門前の護国神社~三の丸広場~播磨国総社を散策しました。

姫路城 三の丸広場から

「千姫ぼたん園」は、千姫の義父・本多忠政の居館があった姫路城三の丸の高台(西の丸側)にあります。
例年4月下旬~5月上旬に牡丹の花の見ごろを迎えます。
2012年4月29日の時点で、「千姫ぼたん園」の牡丹は咲いていました(*^_^*)。

つづきを読むからはフォトギャラリー9枚です。
続きを読む »

Written by むねこ

2012年5月2日 at 5:01 PM

吉野山 上千本の桜と吉野水分(みくまり)神社

with one comment

2012年4月21日に奈良県の吉野山に桜を観に行きました。
開花情報では、下・中千本散り始め、上千本満開、奥千本つぼみ…となっていました。

「吉野山」というのは、大峯連山の北の端から、南に約8kmに渡る屋根一帯を指します。
吉野の桜の歴史は、修験道の開祖「役行者」(飛鳥時代~奈良時代の呪術者)に始まります。

上千本から金峯山寺 蔵王堂

役行者が一千日の難行・苦行の末、金剛蔵王大権現を感得し、その像を桜の木で彫って本尊としました。
それから吉野では桜の木を御神木として保護し、御本尊にお供えするために人々が桜の木を植えたそうです。

奈良の吉野山と熊野を結ぶ、修験道の修行場として開かれた道「大峯奥駈道(おおみねおくがけみち)」、さらに史跡「金峯山寺」「大峯山寺」他が、「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部として、2004年(平成16年)7月ユネスコの世界遺産に登録されました。

前の週に、「大宇陀本郷の又兵衛桜」を見に来た時に、大宇陀拾生の「道の駅 宇陀路大宇陀」から「吉野神宮」まで国道370号線・県道28号線で約17km(35分)くらいで行けると知りました。
そんなに近くまで来ていたのなら…と混雑覚悟で吉野山の観桜を考えました。

吉野山は、観桜期間は交通規制が行われ、吉野川近くの郊外駐車場からシャトルバスが運行する「パーク&バスライド」が実施されます。
実施日:3/31・4/1・7・8・14・15となっていたので、21日なら奥千本までマイカーで行けると思い、計画をしました。
しかし、上千本は満開ですので、混雑はするだろう…と思い、早朝にサッと行って帰る事にしました。

今回は、行きは名阪自動車道「郡山IC」から国道24・169号線橿原経由で、帰りは国道169・県道28号線で東吉野へ寄りました。
行きの名阪国道で、「吉野山本日パーク&バスライド実施」と掲示板に表示され…計画が崩れ…(-_-;)。
仕方がないから、如意寺から桜を見上げるだけで良いや…と先に進む事にしました。

つづきを読むからは、フォトギャラリー9枚です。
続きを読む »

Written by むねこ

2012年4月24日 at 9:02 AM

カテゴリー: おでかけ(奈良), 日本の世界遺産

Tagged with ,

伏見区 醍醐寺 門前の甘味

leave a comment »

前の記事」(醍醐寺の桜)のつづきです。
2012年4月7日に京都市伏見区の醍醐寺に行きました。

桜の季節の醍醐寺は非常に美しいですが、拝観者も多く賑わいます。
特に三宝院の大玄関の横のしだれ桜には、常に沢山の人たちが…

今回は、お坊さんの案内があり、三宝院の西側にある修証殿の方に初めて行きました。
修証殿の南側には、憲深林苑があり、そこにもしだれ桜がありました。
そして、桜を見ながら楽しめる野点席(お茶席)もありました。
隠れた奥にこんな所があったのですねぇ…発見です。

三宝院を拝観した後、霊宝館の西側(雨月茶屋の前)に出店が出ていたので休憩をしました。
まだAM10時前でしたが、温まるものを…と思い、うどんをいただきました。

この後、霊宝館などを拝観し、AM11時過ぎにはお寺を出る事にしました。
総門の前の「醍醐道」は、駐車場に入れない車が列をなしていました。
京都の桜のシーズンは、ひどく渋滞しますので、早い目にスタートしないと酷い目にあいますね(-_-;)。

醍醐寺の総門前に甘味屋さんを見つけました。
八ツ橋のお店「京栄堂」さんです。おみやげに「つつみ生八ツ橋」を買いました。
初めて見る食べ物です。
あん入り生八ツ橋を、三笠の生地で優しく包んだもの…だそうです。
店内の試食は、焼き立てでした。
どら焼きのような食感で、ニッキの香りもして… 好みの味でした…(*^_^*)。

醍醐寺のしだれ桜は、見事ですね。

◇真言宗醍醐派 総本山醍醐寺
京都府京都市伏見区醍醐東大路町22 TEL075-571-0002
拝観時間:9:00~17:00(12月第1日曜の次日~2月末は9:00~16:00)
拝観料:伽藍600円、三宝院600円、霊宝館600円(共通券も有)。
【電車】地下鉄東西線「醍醐駅」(外環状線)から東方向へ、約800km(徒歩10分)。

◇京栄堂 醍醐店
京都府京都市伏見区醍醐中山町13  TEL075-574-2028
(醍醐寺総門から徒歩2分)

Written by むねこ

2012年4月15日 at 12:09 AM

伏見区 醍醐寺の桜

with 2 comments

近所のソメイヨシノが咲き始める前の…
2012年4月7日、京都市伏見区の醍醐寺へ行きました。

洛南のしだれ桜は、ソメイヨシノより早く開花します。
醍醐寺のしだれ桜は、5部~7分咲きでした。

霊宝館のしだれ桜

醍醐寺は、真言宗醍醐派の総本山です。
弘法大師の孫弟子、理源大師・聖宝が、貞観16(874)年に創建。
開創後、醍醐・朱雀・村上の三代(第60~62代)にわたる天皇の帰依により、山上山下にまたがる大伽藍が整いました。
応仁の乱で、下醍醐は五重塔(国宝)を残して焼失、上醍醐も荒廃後、豊臣秀吉・秀頼によって再建されました。

三宝院は、建造物の大半が重文に指定されていて、中でも表書院は国宝に指定されています。
三宝院庭園は、国の特別史跡・特別名勝に指定されています。
庭園は、秀吉が「醍醐の花見」に際して、自ら設計をしたそうです。
(三宝院の建物の中、庭とも撮影は禁止です)

つづきを読むからは、フォトギャラリー9枚です。
続きを読む »

Written by むねこ

2012年4月13日 at 11:58 PM

広島の旅 宮島 厳島神社周辺

with one comment

前の記事」(宮島 厳島神社)のつづきです。
前の記事で、寝殿造りは、平安時代の都の高位貴族住宅の様式で、南の庭に面して建てられている…
と書きました。
しかし、厳島神社の御本社正面は北西方向を向いています。もろ逆光でした…(-_-;)。

島全体を御神体として、本州側から船で参拝をしていたので、本州側(北西方向)を向いていると考えます。
ですから、下の案内図は、南が上で見ます(^^ゞ。
厳島神社の入口は東側で、まず「摂社の客神社」があり、回廊で各建物を結び、中央に「御本社」、西側に「大国神社」「天神社」「能舞台」などがあり、西側が出口です。

宮島 案内図

厳島神社の東側の高台に「末社 豊国神社」と「五重塔」、南側の弥山中腹に「大聖院」、西側に「大願寺」「多宝塔」「清盛神社」、北側に「大鳥居」があります。

○「豊国神社」…天正15年(1587)に豊臣秀吉が、大経堂(読経所)として建立したもの。明治初年の神仏分離の際、仏像は大願寺に移し厳島神社末社となる。重要文化財。
○「大願寺」…日本三弁財天の一つ厳島弁財天を祀り、明治維新までは厳島神社の修理造営を司っていました。
○「大聖院」…真言宗御室派の大本山。明治維新まで厳島神社の別当職として祭祀を司ってきました。大同元年(806)に弘法大師が、弥山の上で修行をして開基したと伝えられます。
○「清盛神社」…御祭神:平清盛公。昭和29年の清盛公没後770年を期に、三翁神社から御祭神を遷座創建されました。

つづきを読むからは、フォトギャラリー8枚です。
続きを読む »

Written by むねこ

2012年4月10日 at 2:17 PM

広島の旅 宮島 厳島神社

with one comment

前の記事」(広島に行ってきました)のつづきです。
1日目の呉市観光の翌日は、朝から廿日市市の「宮島」に向かいました。

この日は、干潮が6:26、満潮が12:35でしたが、干潮時の潮位が28cm、満潮時の潮位が333cmでしたので、朝の8時過ぎでも潮位が100cm以下だったようで、厳島神社の干潮時・満潮時の両方を観る事ができました。
○「潮の干・満の表」をチェックしておでかけください(^_-)。

☆この日の写真(34枚)は、Windows live でフォトアルバムにしました。
フォト h 宮島 厳島神社(世界遺産・国宝)2012.2」です。

太古より、宮島は島全体をご神体としてとらえており、人が住むことも許されない聖なる土地として言い伝えられていました。
宮島は神職や僧侶でさえ島に渡るのは祭祀の時のみで、人が住み始め、町が形成されたのは、鎌倉時代末期からだそうです。

宮島は全島が国の特別史跡・特別名勝、弥山北麓の原始林が国の天然記念物に指定されています。
さらに、平成8年(1996)嚴島神社とその背後の弥山一帯がユネスコの世界文化遺産に登録されました。

厳島神社は推古元年(593)、大和時代の安芸の豪族である佐伯鞍職により社殿の基礎が創建されました。
平安時代後期の仁安3年(1168)には、神主の佐伯景弘が平清盛の援助を得て、現在の様式の海上社殿に造営されました。
その後二度の火災を経て、現在の客神社は鎌倉時代の仁治2年(1241)に、御本社本殿は室町時代後期の元亀2年(1571)に再建されたものです。

平家が滅んだ後も、鎌倉幕府や室町幕府、地元の領主大内氏や毛利氏、また豊臣秀吉も嚴島神社を信仰し、篤く庇護しました。

厳島神社の社殿ですが、平安時代の寝殿造りの建築様式をよく残しています。
現存する寝殿造りの建物は、もう残っていない為、当時を知ることができる貴重な遺産と言われています。

寝殿造りは、平安時代の都の高位貴族住宅の様式で、寝殿(正殿)と呼ばれる中心的な建物が南の庭に面して建てられ、東西に対屋と呼ばれる付属的な建物を配し、それらを渡殿でつなぎ、更に東西の対屋から渡殿を南に出してその先に釣殿を設けたものです。

外観は、なんとなくですが…「平等院」に似ていると思いました。
平等院は、平安時代後期の1052年に宇治関白藤原頼通が、父道長の別荘を寺院に改めたものです。
平等院は前面は池ですが、厳島神社は海です。さらに潮の満ち引きにより姿を変えます。
壮大や奇抜な海上社殿だと言われるのも納得です(*^_^*)。

◇世界遺産 厳島神社
広島県廿日市市宮島町1-1 TEL0829-44-2020
アクセス:宮島口桟橋(本州側)→宮島へフェリーで約10分→宮島桟橋から約800m(徒歩約10分)。
【電車】広島駅からJR山陽本線で25分(400円)「宮島口駅」下車、駅から「宮島口桟橋」へ徒歩3分。
広島駅から広島電鉄宮島線で1時間「広島電宮島口」下車、駅から「宮島口桟橋」へ徒歩1分。
【車】広島岩国道路「廿日市IC」または「大野IC」から「宮島口桟橋」へは国道2号線で約4km(10分)。
【船】「宮島口桟橋」から、JR西日本宮島フェリーまたは宮島松大汽船で10分、「宮島桟橋」下船(片道170円)。
広島港から高速艇で22分(片道1800円)。
元安桟橋(平和公園そば)から世界遺産航路で45~55分(片道1900円)。
拝観料:300円。 時間:6時30分~18時(季節によって変更あり) 無休 Pなし
○厳島神社の主祭神は市杵島姫命・田心姫命・湍津姫命の三女神です。

Written by むねこ

2012年4月7日 at 12:08 AM

嵯峨釈迦堂 清凉寺の梅

with 2 comments

「前の記事」で京都市上京区の北野天満宮の梅について書き、すっかり気分をよくし…。
梅も良いよねぇ…と思い、京都市右京区嵯峨釈迦堂にある浄土宗の寺院「清凉寺」に行きました。

多宝塔・阿弥陀堂・一切経蔵の梅は、みごとに咲いていました(*^_^*)。
本堂東側の「軒端梅」は、まだ咲いていなかったように思います。
2012年3月14日に行ったのですが、この日はお松明式の前日で、境内では準備が行われていました。
そして、御本尊の「生身の釈迦如来さま」(国宝)も観ることができました。

阿弥陀堂は、棲霞観跡とありました。
「源氏物語」の光源氏のモデルといわれる、第52代嵯峨天皇皇子の源融(822~895)の山荘「棲霞観」があったそうです。
融の没後、寺となって「棲霞寺」としたのが始まりといわれ。
天慶8年(945)重明親王妃が棲霞寺寺域に新堂を建立し、藤原氏に寄進。その時、等身大の釈迦像が安置され、これが釈迦堂の名前の由来ともいわれています。

永延元年(987)、ちょう然上人が宋から持ち帰った釈迦如来立像(本尊・国宝)を、棲霞寺境内に安置するため、愛宕山を宋の五台山に見立てた「清凉寺」の建立を計画します。
が、ちょう然上人が志半ばで没したため、弟子の盛算が「清凉寺」を建立して像を安置しました。
のちに、この釈迦如来立像の背中に蓋が発見され、中に内臓を模した絹製の五臓六腑などが納められていたことから、「生身のお釈迦さま」とも呼ばれています。

続きを読むからは、フォトギャラリー8枚です。
続きを読む »

Written by むねこ

2012年3月21日 at 6:03 AM

カテゴリー: おでかけ(京都)

Tagged with , ,