むねこのICTスペース

「日本の世界遺産」「国宝・史跡・名勝」「日帰り温泉」を巡る、旅ブログを主に綴っています。

Posts Tagged ‘日帰り温泉

京都西山三山 楊谷寺の紫陽花

leave a comment »

前の記事」(京都西山三山 善峯寺の紫陽花)のつづきです。
京都市西京区大原野の「善峯寺」の次は、長岡京市の「楊谷寺(ようこくじ)」へ行きました。
楊谷寺の境内から奥ノ院にかけての「あじさいのみち」には、約4500株のあじさいが植栽されています。

あじさいのみちから境内

楊谷寺は、西山浄土宗総本山光明寺の末寺です。
光明寺より南西の山間渓谷にあり、柳谷観音の名で親しまれています。
楊谷寺のすぐ西側は大阪府三島郡島本です。

寺伝によると大同元年(806)の創建で、京都清水寺の開祖延鎮が開き、空海(弘法大師)もこの地で修行したと言われ、延鎮を第一世、空海を第二世としています。
境内には空海(弘法大師)の法力による独鈷水(おこう水)があり、眼病に効くことで知られ、毎月17日の縁日には各地からの参拝者で賑わいます。
また、平成8年度には長岡京市観光協会設立25周年を記念して「楊谷寺あじさいのみち」が整備されました。

つづきを読むからはフォトギャラリー9枚です。
続きを読む »

広告

Written by むねこ

2012年6月28日 at 1:07 AM

木津川市 当尾の里 浄瑠璃寺(九体寺)

leave a comment »

前の記事」(木津川市 当尾の里 岩船寺の紫陽花)のつづきです。
浄瑠璃寺(じょうるりじ)は、京都府木津川市加茂町西小札場の「当尾(とうのお)の里」にある真言律宗の寺院です。
山号は小田原山。
当尾(浄瑠璃寺地域)は、京都府歴史的自然環境保全地域に指定され、岩船寺から浄瑠璃寺へは、府道752号線を西へ約2.2kmの位置にあります。

寺号は、創建時の御本尊(三重塔の内陣に安置されている)、薬師仏の浄土「浄瑠璃世界」から付けられました。
中央の宝池を挟んで、東方浄瑠璃浄土の薬師仏を東に、西方極楽浄土の阿弥陀仏を西に配した、平安時代後期(藤原時代)の日本が生みだした浄土式伽藍がただ一つ完全に残されてきた寺です。

九体阿弥陀堂(国宝)

梵字の阿字をかたどったといわれる宝池を中心にして、東に東方本尊の薬師仏(秘仏 重文)を安置する三重塔(国宝)が、西に西方本尊の九体阿弥陀仏(国宝)を安置する本堂(九体阿弥陀堂 国宝)が建っています。
藤原時代には、京都を中心に競って建立された九体阿弥陀仏と、それをまつるための横長の堂(正面11間、側面4間)も、現存する唯一のものです。

庭園は、国の特別名勝及史跡に指定されています。
派手さはないですが、草花が咲き、蝶が舞い、鳥のさえずりが良く似合う、落ち着いた雰囲気の庭園でした。
これまで、京都・奈良の世界遺産の寺院を巡りましたが、平安時代の雰囲気を感じる庭園を観たのは、ここが初めてでした。

つづきを読むからは、フォトギャラリー9枚です。
続きを読む »

Written by むねこ

2012年6月21日 at 5:13 AM

奈良市中町 登美山鼻高 霊山寺の薬師湯

with one comment

奈良県奈良市中町の霊山寺は、奈良市の西郊・富雄川沿いにある真言宗の寺院です。
ばら庭園がある事で有名です。(バラの見頃:5月中旬~6月中旬、10月中旬~11月中旬)

富雄の里は古事記には登美であり、日本書紀では鳥見の地となっていて、小野家の領有だったようです。
千三百余年の昔、右大臣小野富人(通称鼻高仙人)が、湯屋に薬師三尊仏を祀り、薬草風呂にて諸人の病を治したのが、霊山寺の遠因であるとあります。

薬師湯

小野妹子の息子、小野富人は天智10年(671年=天智天皇が崩御された年)右大臣となったが、壬申の乱のため官職を辞し登美山に閑居した…。とありますので、大友皇子(第39代弘文天皇)側のだったのかなぁ…と思います。

天平8年(736年)第45代聖武天皇の勅命で、行基菩薩が伽藍を建立し、インド僧の菩提僊那が来朝されこの地は誠の霊山であると感嘆され霊山寺と命名されたそうです。
鎌倉時代に北条時頼の帰依厚く、多くの寺領を下付され、本堂の改築・伽藍の大修理を行い、豊臣秀吉・徳川家康もまた寺領を寄進、以降徳川幕府の御朱印寺として寺勢二十一か坊を数えたそうですが…
明治維新の廃仏毀釈により伽藍の規模半減、二百体の仏像焼却に遭うも、国宝重文建物6棟・重文仏像宝物30余点が残っています。

つづきを読むからは、フォトギャラリー9枚です。
続きを読む »

Written by むねこ

2012年6月9日 at 6:55 AM

西美濃 さざれ石と薬草風呂

leave a comment »

前の記事」(西美濃 両界山横蔵寺といび川温泉)のつづきです。
道の駅「星のふる里ふじはし」で地図を探していると、温泉ではないのですが、揖斐川町春日六合(旧春日村)に「かすが モリモリ村 リフレッシュ館」と言う施設をみつけました。
池田温泉」から、「ふれあい街道」(東海自然歩道)を「大津谷公園」経由で、北西へ約13km行った先にあります。

揖斐川町春日は、伊吹山(1377m)の東側山麓にあります。
伊吹山は、滋賀・岐阜両県の県境にあり、古来から薬草の宝庫として知られ、平安時代には伊吹山麓の薬草が宮中にも献上されていたそうです。
また、織田信長がポルトガル人宣教師の進言を受け、伊吹山の裾野に50haの広大な薬草園を開いたと云われています。

そんな伊吹山麓の薬草を使った薬草風呂ですが…
滋賀県側に「ジョイいぶき」「己高庵」等ありますが、岐阜県側の春日にもあると初めて知りました。
その、モリモリ村からさらに県道32・257号線(粕川・長谷川沿いの道)を山の方へ入っていた先に、「君が代」で詠まれている「さざれ石(県指定天然記念物)」のある公園があります。
「さざれ石公園」は、岐阜県側からの伊吹山の登山道の入口(笹又登山口)になっているようでした。

さざれ石は、学名を石灰質角礫岩と言います。
石灰石が長い年月の間に雨水で溶解され、そのときに生じた粘着力の強い乳状液(鍾乳石と同質)が次第に小石を凝結して、だんだん巨巌となり、河川の浸蝕作用により地表に露出し、苔むしたものです。

この石にまつわる郷土の伝承として、平安時代前期、第55代文徳天皇(在位850~858年)の第一皇子惟喬親王(木地師の祖神)は、椀木地(当時の重要産業)を司る役目でした。藤原朝臣石位左衛門(歌人)はこの惟喬親王に仕えていました。
親王は当時、近江の君ヶ畑(滋賀県東近江市君ヶ畑町)に住んでいました。
(第一皇子でありながら、第56代天皇は第四皇子の惟仁親王が即位され、この君ヶ畑や蛭谷に隠棲されていた。)

石位左衛門は、親王の命を受けて、近江の君ヶ畑から椀木地の良材を求め、美濃の春日村に一族と共に移り住みました。
石位左衛門は、春日村から近江の君ヶ畑や京都へ行き来する際、古屋笹又と言う地区の谷間で、渓流に露出する「さざれ石」を見て、「これは珍しい石、目出度い石である」と見たまま、感じたままを、詠んで奉った歌がこの一首です。

―わが君は 千代に八千代に さざれ石の 巌となりて 苔のむすまで―

都では「見かけぬめずらしい石であり、かつまた秀歌である」として、その歌を「古今和歌集」(巻七)賀歌に採録されることになったそうです。
(さざれ石(小石)が巌(いわお)となり、さらに苔が生えるまで:非常に長い年月を表す比喩)
千代に栄える事を希ったのです。歌の意味を知ると、感慨深いですね。

モリモリ村フレッシュ館のスチームサウナは、すごい音がしましたが…慣れると「薬草蒸」のようで気持ちよかったです。
露天風呂があると、さらに気持ちがいいのでしょうが、ここは、天井が高いのでずっと内風呂にいても快適でした。
そして、岐阜にも350円~モーニング(名古屋モーニング)がある事を知りました(^_^;)。

◇かすが モリモリ村 リフレッシュ館(薬草の里 春日)
岐阜県揖斐郡揖斐川町春日六合3429 TEL0585-58-0001
営業時間:風呂10:00~21:00、レストラン11:00~20:00(モーニング8:00~11:00)
入浴料:大人400円
定休日:毎週水曜日(水曜日が祝日の場合は翌日)
【電車・バス】養老鉄道「揖斐駅」から名阪近鉄バス春日線で約25分(県道32号線を西へ約10km)、「モリモリ村」で下車。
【車】名神高速道路「大垣IC」から、国道258・417号線を北へ、下岡島交差点を左折(西)県道32号線へ、約30km。
名神高速道路「関ヶ原IC」から、県道53号線・国道417号線・県道32号線経由で約29km。
駐車場:有(無料)
モリモリ村のWebページ:http://morimorimura.com/

◇さざれ石公園(県天然記念物)
所在地:岐阜県揖斐郡揖斐川町春日(旧春日村)
問い合わせ:TEL0585-57-2111(春日振興事務所)
【車】名神高速道路「大垣IC」から国道258・417号線を北へ、県道32・257号線を西へ。
駐車場:あり

Written by むねこ

2012年6月3日 at 4:08 AM

カテゴリー: おでかけ(岐阜)

Tagged with

西美濃 揖斐川町 久瀬のつり橋と温泉

leave a comment »

前の記事」(西美濃 両界山横蔵寺といび川温泉)のつづきです。
横蔵寺からいび川温泉へ行く途中の、国道303号線・久瀬トンネルを抜けたあたりの、揖斐川につり橋が掛かっています。
このつり橋は、「恋のつり橋」というそうです…。
揖斐川を挟んで、東津汲と西津汲があるのですが、橋ができた後、両岸の地域の男女が結ばれることが増えた為、いつしかこの名で呼ばれるようになったとか…。
この他にも「恋の成就ルート」なるものがあるそうです。

久瀬の恋のつり橋

さて、今回は「久瀬」というあたりです。
この地名ですが、旧揖斐郡久瀬村は合併の為、2005年から揖斐郡揖斐川町になったそうです。
ですから「久瀬」は、建物(学校・役場など)の呼び名としては残っています。

その前にもう1件、横蔵寺から久瀬に来る前に、廃校になった小学校を見つけました。
県道40号線と県道267号線の分岐点あたりです(横蔵寺から2.5km南東方向)。
2003年に廃校となった旧谷汲村立横蔵小学校を、「ラーニングアーバー横蔵」と言う合宿研修施設にリメイクしたそうです。
ランチの時間は、元職員室が「レストラン樹庵」として営業されます。
山菜など地元産の季節の食材を使用した定食類や、お蕎麦が人気なのだそうです(日替わり定食800円)。

ここは、県道40号線沿いから見たら、何の建物かよくわかりません、運動場側に回ってようやく「樹庵」とわかりました。
玄関からスリッパに履き替えると、授業参観にでも来たような気分になります。
廃校が再利用された施設に来たのは、「阿曽温泉」につづき2件目です。
懐かしくもあり…子どもの姿がない学校は、寂しくも感じますね…。

では、旧揖斐郡久瀬村に戻ります。
国道303号線沿いの「恋のつり橋」から、揖斐川の少し上流に「久瀬橋」があります。
久瀬橋の近くに「特産品販売所 おばちゃんの店」と言うのを見つけ、そこで地図を貰いました。
「恋のつり橋広場」あたりを散策しました(^_^;)。
その後、県道40号線を西へ、日板川の上流「揖斐高原貝月リゾート」の方向に進みます。
日板川沿いを走っていると「夫婦滝」を見つけました。

つづきを読むからは、フォトギャラリー9枚です。
続きを読む »

Written by むねこ

2012年6月1日 at 3:31 AM

カテゴリー: おでかけ(岐阜), グルメ

Tagged with ,

西美濃 両界山横蔵寺といび川温泉

with 2 comments

前の記事」(西美濃 谷汲山華厳寺と温泉)のつづきです。
谷汲山華厳寺から県道40号線を西へ約7km、県道267号線を北へ1.7kmの位置に横蔵寺があります。
横蔵の地は東山道(中仙道)の赤坂宿から七里(約27キロ)北に位置し、横蔵街道という巡礼道がありました。

横蔵寺は、延歴20年(801年)桓武天皇の勅願を受けた伝教大師(最澄)により創建されました。
伝教大師が自作の薬師如来を祀った寺であり、比叡山の薬師如来と同じ木から作ったと言います。
平安・鎌倉時代には、この辺りの本山として栄え、本堂の左奥の山の頂上付近に、沢山の僧坊跡があり、山内に百数十人の僧侶が住んでいたようです。

三重塔

戦国時代には次々と寺領を侵略され、元亀の法難には織田信長に全て取り上げられます。
また、織田信長の兵火で延暦寺の本尊が焼失したため、横蔵寺の薬師如来は比叡山に移り、「根本中堂」の本尊となります。
横蔵寺は、慶長年間に再建され、現在に至ります。

平安時代~鎌倉時代の仏像22体(国の重要文化財)など、多くの文化財を所蔵することから「美濃の正倉院」と呼ばれています。
また、秋になると紅葉の名所となります。

つづきを読むからは、フォトギャラリー9枚です。
続きを読む »

Written by むねこ

2012年5月30日 at 1:56 AM

カテゴリー: おでかけ(岐阜)

Tagged with ,

西美濃 谷汲山華厳寺と温泉

with one comment

前の記事」(西美濃 新緑の淡墨桜と温泉)のつづきです。
根尾谷の淡墨桜から国道157号線を南へ約17km、県道40号線を西へ約3.5kmの位置に、谷汲山門前があります。

谷汲山華厳寺は、豊然上人によって延暦十七年(798年)に創建された、1200年余りの歴史ある美濃の名刹です。
また、西国三十三所観音霊場の最後(33番)の札所で、札所寺院では唯一、近畿地方以外にある寺です。
最終霊場として、願いが叶う「満願霊場」ともいわれています。
この寺の参道(門前町)には桜のトンネルが約1km続き、桜の名所としても有名です。

華厳寺 参道

桜の時期は、この参道(県道251号線)は交通規制が行われます。
自家用車の通行が、参道途中にある町営駐車場(700台)までとなり、その先は歩行者天国となります。
私が行った日(2012年5月5日)も町営駐車場(有料400円)の方へ誘導されました。

この参道ですが…よく見ると、桜だけでなく、紅葉も植えられていました。
仁王門から本堂までの石畳の参道は、紅葉の並木になります。
新緑の紅葉は、「カエルの手」のようです。

本堂の御本尊・十一面観音立像は秘仏ですが、戒壇めぐり(100円)が出来ます。
本尊につながっている錠前にふれれば良いそうですが…真っ暗で…気が付いたら外に出ていました(*^_^*)。
本堂の左手には笈摺堂があり、巡礼を終えた方々が身につけていた着物などが納めてあります。

つづきを読むからはフォトギャラリー(9枚)です。
続きを読む »

Written by むねこ

2012年5月28日 at 2:12 AM

カテゴリー: おでかけ(岐阜)

Tagged with