むねこのICTスペース

「日本の世界遺産」「国宝・史跡・名勝」「日帰り温泉」を巡る、旅ブログを主に綴っています。

Posts Tagged ‘東海道

北勢 桑名市 牛めしとはまぐり

leave a comment »

前の記事」(北勢 桑名市 九華公園の花菖蒲)のつづきです。
6月の花、花菖蒲(ハナショウブ)を観に三重県桑名市へ行きました。
桑名市は、三重県北部に位置する都市です。
東海道の海上路「七里の渡」の桑名宿(東海道五十三次の42番目)がある宿場町で、桑名藩の城下町でもあります。

九華(きゅうか)公園は、桑名城の本丸跡と二之丸跡に整備された公園です。
駐車場は、本丸跡より北側の三之丸跡あたりにあります。
駐車場に隣接して、柿安精肉本店がありました。
2012年5月22日(火)にリニューアルオープン…とありました。

1階に入ったのですが、精肉・惣菜・お弁当・パンなどが売っているスーパーのような感じでした。
せっかくなので、牛めし弁当を買いました(*^_^*)。
普段、安物を食べているので…正当な美味さでした。

その後、揖斐川沿いの堤防道路を、車で南に走りました。
蟠龍櫓から約1km程川下に「はまぐりプラザ」と言う建物があったので入ってみることにしました。
漁師町赤須賀の漁業交流センターのようです。
2階の調理室を「食堂」として、地元桑名産の「はまぐり」を食べさせてもらえます。

メインは、焼きはまぐり定食 1,500円(要予約)ですが、当日メニューもありました。
漁獲量を制限しているようで、「数に限りがあります」とありました。
季節メニューの「はまぐり丼」と、「はまぐりうどん」を注文。

はまぐり丼は、5月中~7月末位の期間限定メニューです。
外観は、福井の醤油かつ丼のようですが、大きなはまぐりの身がのっていました。
はまぐりうどんは、太目のふわふわした麺、いわゆる伊勢うどんのようでした。
どちらも美味(ビミ)でした(*^_^*)。

◇柿安精肉本店
所在地:三重県桑名市吉之丸8 TEL0594-22-5554
http://www.kakiyasuhonten.co.jp/brand/2kakiyasu_seiniku/

◇はまぐりプラザ
所在地:三重県桑名市大字赤須賀86-21
食堂予約:0594-22-6010(当日午前9時まで受付、満席になり次第受付終了)
営業時間:11時30分~13時30分
定休日:火曜日
http://www.intsurf.ne.jp/~hamaguri/

広告

Written by むねこ

2012年6月14日 at 7:09 AM

カテゴリー: おでかけ(三重), グルメ

Tagged with

北勢 桑名市 九華公園の花菖蒲

with one comment

九華(きゅうか)公園は、三重県桑名市吉之丸にあった、桑名城の本丸跡と二之丸跡に整備された公園です。
桑名城は、慶長6年(1601)初代藩主本多忠勝によって着手され、約30年間かけて建立された水城です。

桑名城は、その形から別名「扇(おうぎ)城」と呼ばれ、中国に「九華扇」という扇があり、江戸時代に「九華」を「くわな」と読ませ扇城とかけていたところから、公園名が付けられたそうです。
現在の九華公園は8.65haあり、桜・つつじ・花菖蒲などの名所となっています。
ちなみに、三重県の県花は、花菖蒲(ハナショウブ)です。

野花菖蒲(原種)

桑名城は、揖斐川を利用した水城で、堀が4重に巡らされていました。
水城の特徴を利用して、藩主は城内から船に乗って舟入門を通り、七里の渡で御座船に乗り換えました。
七里の渡は、東海道五十三次で知られる宮宿(愛知県名古屋市熱田区)から桑名宿(三重県桑名市)までの海上の渡しで、移動距離が7里であったことに由来します。

九華公園は、国道1号線(東海道)と国道23号線(名四国道)の間にあり、揖斐川がすぐ近くに流れていますが、5km程下流はもう伊勢湾です。
七里の渡は、天候の悪化などにより、海難事故がしばしば発生する東海道の難所の一つだったそうです。

つづきを読むからは、フォトギャラリー9枚です。
続きを読む »

Written by むねこ

2012年6月14日 at 2:17 AM

あいの土山雨が降る

leave a comment »

滋賀県甲賀市土山町の「土山宿」は東海道五十三次で、49番目の宿場です。
鈴鹿馬子唄に「坂は照る照る 鈴鹿は曇る あいの土山雨が降る」と歌われています。

東海道の難所である鈴鹿峠の近傍に位置する土山には。
比叡山の僧が退治した「蟹が坂」の「化けガニ」の民話や、弘仁元年 (810)に坂上田村麻呂が鈴鹿の鬼を退治した伝説があります。
名物「蟹が坂飴」は災難除け。坂上田村麻呂を祀る「田村神社」は厄除の大神。
当時、難所の峠を馬で通過するのは、大変な事だったのだろうと…想像。

この日は、日帰り温泉施設「甲賀温泉やっぽんぽんの湯」へ行こうと、土山へ…。
国道1号線沿いの道の駅で、スタンプラリーを見つけて、「田村神社」と「東海道伝馬館」へも行きました。

写真この日の写真を、フォトアルバム「フォト. 風景10 夏2010.8~」(13~25枚目)に追加しました。

○むねこのフォト(モバイルケータイ)「土山 田村神社」(5枚)のページへはこちら↓
http://mphotos.live.com/5eb9cd7858bd1612/d.aspx?rid=5EB9CD7858BD1612%216924&mkt=ja-JP
○むねこのフォト(モバイル)「東海道伝馬館」(7枚)のページへはこちら↓
http://mphotos.live.com/5eb9cd7858bd1612/d.aspx?rid=5EB9CD7858BD1612%216929&mkt=ja-JP
○むねこのフォト(モバイル)「甲賀温泉やっぽんぽんの湯」のページへはこちら↓
http://mphotos.live.com/5eb9cd7858bd1612/d.aspx?rid=5EB9CD7858BD1612%216937&mkt=ja-JP

◇土山宿 東海道伝馬館
滋賀県甲賀市土山町北土山1570 TEL 0748-66-2770
開館時間:9:00~17:00 休館日:月・火曜、年末年始 入館料:無料

◇甲賀温泉やっぽんぽんの湯
滋賀県甲賀市土山町黒川1711 TEL 0748(68)0250
泉質:ナトリウム-炭酸水素塩冷鉱泉(低張性・アルカリ性・冷鉱泉)
料金:大人1200円(土日祝は1500円)
営業時間:平日12:00~23:00、土・日・祝11:00~23:00
パソコン「甲賀温泉やっぽんぽんの湯」のWebページです↓
http://www.yaponpon.jp/kouga/index.html

Written by むねこ

2010年8月25日 at 3:59 AM

カテゴリー: おでかけ(滋賀)

Tagged with ,

東海道50番目の宿場町 水口

leave a comment »

久しぶりの「おでかけ」の記事です。
滋賀県甲賀市水口町です。東海道の50番目の宿場町です。
「大池寺」と「水口城跡」に行きました。

大池寺庭園は(1633年)小堀遠州が水口城の作事奉行を命じられたとき、築城を祝って造ったもの。
…と、伝えられているそうです。
サツキの大刈込み鑑賞式枯山水庭園の開花時期は、5月中旬~6月中旬です。

実は、「ウドちゃんの旅してゴメン」を観て行ったのですが(^^ゞ。静かでキレイなお寺でした。癒されましたバラ
パソコンその放送のWebページです↓
http://www.nagoyatv.com/tabigome/trip/index.html?key=b5e51c82560846d7325b58ea90b924aa

写真この日の写真をフォトアルバム「フォト. 風景9 春2010.4~(51~59枚目)」に追加しました。
○むねこのフォト(モバイルケータイ)「大池寺」(6枚)のページはこちら↓
http://mphotos.live.com/5eb9cd7858bd1612/d.aspx?rid=5EB9CD7858BD1612%216743&mkt=ja-JP
○むねこのフォト(モバイル)「水口城跡」(3枚)のページはこちら↓
http://mphotos.live.com/5eb9cd7858bd1612/d.aspx?rid=5EB9CD7858BD1612%216751&mkt=ja-JP

-小堀遠州(1579-1647)について-
江戸時代初期の大名で、茶道、建築、造園の巨匠として名を残しました。
天正7年、近江国坂田郡小堀村(滋賀県長浜市)に生れ、正保4年2月6日豊後橋(京都市観月橋)に伏見奉行として亡くなりました。
慶長13年に駿府城作事奉行の大役を果して、従五位下遠州守を命ぜられ以後この地名にちなんで遠州と呼ばれるようになりました。


たまに、こうして写真の整理をして、記事を載せるのは、楽しいものです。
何かそれバッカリしていると、(仕事のようで)嫌になりますが。
合間に「まったく違うこと」をするので、息抜きなんでしょうねぇ(*^_^*)。

◇臨済宗妙心寺派 大池寺
滋賀県甲賀市水口町名坂1168 TEL 0748-62-0396
参観時間:9:00~17:00(冬期~16:00) 料金:400円 駐車場:あり
交通:JR草津線「貴生川駅」から車で約20分。
(近江鉄道「水口城南駅」から徒歩約20分)
【車】名神高速道路「栗東IC」から国道1号線経由で約19km。
新名神高速道路「甲賀土山IC」から国道1号線経由で約12km。

◇水口城資料館
滋賀県甲賀市水口町本丸水口城内 TEL 0748-63-5577
開館時間:10:00~17:00 料金:大人100円
休館日:木曜日、金曜日、年末年始。
交通:近江鉄道「水口城南駅」から徒歩約5分。
【車】新名神高速道路「甲南IC」から国道307号線「貴生川」経由で約9km。
(新名神高速道路「甲賀土山IC」から国道1号線経由で約13km)
駐車場:甲賀市水口体育館の駐車場利用

Written by むねこ

2010年6月11日 at 4:12 PM

カテゴリー: おでかけ(滋賀)

Tagged with ,

びわ湖検定 スタンプラリー(南湖近辺)

leave a comment »

びわ湖の面積は、約670k㎡。県全体の約6分の1です。
一番幅の狭いところは、1.35kmです(びわ湖大橋付近)。
ここから北を「北湖」、南を「南湖」と呼んでいます。

今回は、びわ湖大橋から南で行った所です。
6.滋賀県立琵琶湖博物館…琵琶湖の歴史や湖と人との関わりを紹介した博物館。
54.道の駅草津 グリーンプラザからすま…一般県道近江八幡大津線(県道559号)上にある道の駅。
81.新善光寺…滋賀県栗東市林(旧東海道沿い)にある浄土宗の寺院。信州善光寺の御分身如来奉安寺院。
68.道の駅びわ湖大橋米プラザ…琵琶湖大橋西詰め、国道477号線上にある道の駅。

写真この日の写真をフォトアルバム「フォト 風景7 秋2009.9~(53~58枚目)」に追加しました。
○むねこのフォト(モバイルケータイ)「6.琵琶湖博物館・54.道の駅草津」(2枚)のページはこちら↓
http://mphotos.live.com/5eb9cd7858bd1612/d.aspx?rid=5EB9CD7858BD1612%215510&mkt=ja-JP
○むねこのフォト(モバイル)「81.新善光寺・他」(4枚)のページはこちら↓
http://mphotos.live.com/5eb9cd7858bd1612/d.aspx?rid=5EB9CD7858BD1612%215552&mkt=ja-JP

近江国の「旧東海道」(国道1号線)は、湖南を通ります。東海道五十三次は…。
山城国―53大津宿―52草津宿―51石部宿―50水口宿―49土山宿―伊勢国。

この草津宿の北西端、琵琶湖に突き出だす半島が、烏丸半島です。
半島では、自然環境の保全をモチーフにした「水生植物公園みずの森」、「くさつ夢風車」(風力発電施設)、「琵琶湖博物館」などがあります。

「新善光寺」は、草津宿から石部宿の間の栗東市にあります。
あの「牛にひかれて善光寺まいり」の「信州善光寺」の御分身如来を奉安するお寺です。
こんなところに、こんなお寺があるとは、スランプラリーをするまで知りませんでした(^^ゞ。

いろいろあったスタンプラリーですが、残りは「道の駅」で押印しようと思います。

◇滋賀県立琵琶湖博物館
滋賀県草津市下物町1091 TEL 077-568-4811
観覧料:大人750円 開館時間:9:30~17:00
休館日:毎週月曜日(月曜が休日の場合は開館)・年末年始・その他臨時休館有り。
交通:JR東海道本線「草津駅」からバスで約8km。
【車】名神高速道路「栗東IC」から県道31号線経由で約10km。

◇近江 新善光寺
滋賀県栗東市林256 TEL 077-552-0075
境内無料(戒壇めぐりは200円) 駐車場有
交通:JR草津線「手原駅」から徒歩約2.7km。
【車】名神高速道路「栗東IC」から国道1号線経由で約3.4km。

Written by むねこ

2009年10月11日 at 1:38 PM

カテゴリー: おでかけ(滋賀)

Tagged with ,

街道2

with 2 comments

以前、東海道のお話をしました。今回は第二弾です。

◇「秋深き 隣は何を する人ぞ」「閑さや岩にしみ入蝉の声」などの句を詠んだ人をご存知ですか?

江戸時代前期の俳諧師「松尾芭蕉」です。

しばしば旅に出て、「野ざらし紀行」「鹿島紀行」「更科紀行」「奥の細道」などの紀行文を残しました。
その最期も旅の途中であったそうです。

◇さて、この芭蕉さん。出身はどこかご存知ですか?

伊賀国(現在の三重県伊賀市)です。

その為、忍者(隠密)であるという説も盛んに論じられてきたそうです。
古くから俳諧師は旅をして暮らしたことから、情報収集をともなったと言われています。
この説から『奥の細道』は紀行本ではなく、仙台藩の内部を記した報告書であるという見方もあるそうです。

Written by むねこ

2008年8月31日 at 4:19 PM

カテゴリー: 雑学

Tagged with

街道

leave a comment »

東海道五十三次は、どこからどこまでか知ってますか?

東京(日本橋)~京都(三条大橋)です。
海道の名の通り三重県まわりです。

では、なぜ「次」って言うか?わかりますか?

江戸時代、公用の書状や荷物を、出発点から目的地まで同じ人や馬が運ぶのでなく、宿場ごとに人馬を交換して運んだからです。
ですから五十三の宿場が設けられました。

「東海道中膝栗毛」の弥次さん・喜多さんは、運直しの為に、伊勢参宮をします。
作者の十返舎一九は、実際に江戸から京都・大阪まで旅をしました。
そんな旅をした人達が伝えたことが、今も残っています。すばらしい伝道師ですね。

で…。ICTマスター研修の課題、「わたしの好きな日本」のテーマは、「街道を旅する」にしました。
私も亀山宿に行きたいなぁ。なぜ?おもちゃ屋さんに…(^^ゞ。

Written by むねこ

2008年8月15日 at 2:38 AM

カテゴリー: 雑学

Tagged with