むねこのICTスペース

「日本の世界遺産」「国宝・史跡・名勝」「日帰り温泉」を巡る、旅ブログを主に綴っています。

Posts Tagged ‘歴史街道スタンプラリー

崇神天皇山辺道勾岡上陵と御陵餅

leave a comment »

前の記事」(天理市柳本 長岳寺のカキツバタ)のつづきです。
龍王山の麓にある「釜ノ口山 長岳寺」の南側に崇神天皇陵があり、長岳寺を拝観後、そのまま歩いて行きました。
( JR桜井線「桜井駅」と「天理駅」のほぼ中間点、国道169号線沿いに崇神天皇陵があります)

「古事記」で、崇神天皇の条に「御陵は山辺の道のまがりの岡の上にあり」と記され、同じく景行紀には「御陵は山辺の道上にあり」とあります。

第10代崇神天皇は、第9代開化天皇の第二子で、母は皇后伊香色謎命と伝えられています。
大和政権の初期の三輪王朝の初代大王ともいわれる人物です。

御陵は前方部を北西に向けた前方後円墳で、大和古墳群のほぼ中央に位置しております。
龍王山西麓の緩斜面に築かれたため、東西で高低差が生じており、そのため周濠が合計3ヶ所の渡土堤によって区画されています。
墳丘は後円部・前方部共に3段築成と考えられており、埴輪・土器が出土しています。
外周には高く積み上げられた堤が廻りますが、これは江戸時代末に柳本藩が行った、修陵事業によるもので古墳築造当時の姿とは異なっているようです。(看板より)

この日の「山の辺の道」は、ハイキング日和で、大変気持ちが良かったです。
崇神天皇陵の駐車場から、国道169号線を挟んだ向かい側に、和菓子店「御陵餅本舗」さんがありました。
名物の「御陵焼餅」は、前方後円墳の形をした焼き餅で、皮は白とヨモギがあり、中にはつぶあんが詰まっています。
柔らかいのに香ばしくて、美味しかったですよ(*^_^*)。

☆ちなみに以前、「山の辺の道」に行った時の記事です↓。
桜井市 大神神社(おおみわじんじゃ)
天理市 石上神宮(いそのかみじんぐう)

◇山辺道勾岡上陵(崇神天皇陵)
所在地:天理市柳本町(JR柳本駅 徒歩10分)
[長岳寺大門から徒歩約5分]

◇御陵餅本舗(崇神天皇御陵前)
奈良県天理市柳本町1536 TEL0743-66-3035
アクセス:JR桜井線(万葉まほろば線)柳本駅から東へ徒歩約700m。
〈御陵焼餅(1個)147円、みたらし団子(5本)420円〉

広告

Written by むねこ

2012年5月18日 at 5:01 PM

天理市柳本 長岳寺のカキツバタ

with one comment

奈良盆地の東部、青垣の山麓に南北に続く「山の辺の道」。
桜井の三輪山の麓から春日山の麓(奈良市街)までを山々の裾を縫うように通る、記録に残る日本最古の道といわれています。
JR桜井線「桜井駅」と「天理駅」のほぼ中間点、龍王山の麓に「釜ノ口山 長岳寺」があります。

以前記事にしました、「歴史街道スタンプラリー(古代史ゾーン)」で…
「天理市トレイルセンター(奈良県天理市柳本町577-1)」に行きました。
そのあたりに駐車場があり、長岳寺の大門もあります。

長岳寺は、関西花の寺第十九番霊場で、「平戸つつじの名所」と言う事でやって来たのですが…
2012年5月13日の時点でつつじは、「ほぼ終わりかけ」でした(-_-;)。
そのかわり、本堂の前の放生池のカキツバタが咲いていました。

参道のつつじ

山の辺の道にのこる長岳寺は、天長元年(824)第53代淳和天皇の勅願により、空海(弘法大師)が大和神社の神宮寺として創建されました。
真言密教の大道場として知られ、盛時には僧兵三百、宿坊四十八、境内九万四千坪の壮大な寺院でしたが、戦国の戦火と明治の廃仏毀釈で荒廃し、今に至ります。
千古の歴史を経て文化財も多く、重要文化財としては仏像5体、建造物4棟があります。

つづきを読むからは、フォトギャラリー9枚です。
続きを読む »

Written by むねこ

2012年5月17日 at 4:48 AM

北野天満宮の名物甘味

leave a comment »

前の記事」北野天満宮の梅のつづきです。
3月11日に京都市上京区の「北野天満宮」に梅を観に行きました。

北野天満宮の東門側に「長五郎餅」境内茶店があります。
毎月25日(天神さんの縁日)に出店しているらしいです。
…が、梅苑のシーズン土・日曜日も開いているようです(*^_^*)。

長五郎餅とは、天正年間から400年以上も続く名品で、薄い餅皮に餡を包んだ餅菓子です。
天正15(1587)年、太閤秀吉が開いた北野大茶会の際用いられたという由緒正しきお餅らしいです。
非常に柔らかい餅皮で、おいしかったですよ!(^^)!。

梅を見に行った日は、寒の戻りですごく寒い日でした。
梅苑が開くまで時間があったので、お茶席で休憩することにしました。
火鉢が置いてあり、3月だというのにこれが立ち去り難いくらいに、有難かったです。

◇「長五郎餅」北野天満宮 境内茶店
京都府京都市上京区馬喰町 北野天満宮 境内
営業時間:AM9:00~PM5:00
営業日:毎月25日 その他、北野天満宮での行事のある日

洛中まできましたので、歴史街道スタンプラリーのスタンプ設置箇所の「京都文化博物館」に寄りました。
京都文化博物館は2011年7月9日にリニューアルオープンしました。
京都の歴史、美術、文化を「ほんまもん」の資料や作品でわかりやすく紹介しています。
別館建物は、重要文化財に指定されています。
明治の建築物で、旧日本銀行京都支店だったものを博物館として、公開・活用しています。

ここでスタンプを押すと、6種類を集めることが出来ましたので、応募者全員プレゼントを貰いました。
ちなみに、歴史街道スタンプラリーに応募すると、「歴史街道各地の物産」や「ペア宿泊券」が当たるかも…。

◇京都文化博物館
京都府京都市中京区三条高倉 TEL075-222-0888
開館時間:10:00~19:30(特別展は10:00~18:00)
料金:一般500円(特別展は別途)〈1Fは無料〉
休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始。
アクセス:地下鉄烏丸線・東西線「烏丸御池駅」から徒歩約3分。京阪本線「三条駅」から徒歩約15分。

Written by むねこ

2012年3月19日 at 12:30 AM

伊勢市 皇大神宮(内宮)

with one comment

前の記事」(南三重をめぐる 大紀町)で、皇大神宮別宮の瀧原宮について記事にしました。
次に日を改めて、三重県伊勢市の皇大神宮(内宮)に行きました。

伊勢市の皇大神宮(内宮)の御祭神は天照大御神です。
約二千年前の第10代崇神天皇の御代に皇居をお出になり、各地をめぐられたのち、この五十鈴川のほとりにお鎮まりになりました。
二十年ごとに神殿をお建て替えする式年遷宮は千三百年余り続けられてきました。
第六十二回神宮式年遷宮は平成二十五年に行われる予定です。

伊勢神宮に1月に車で初詣に行くと、駐車場に入るのに大渋滞にあうので、朝9時迄に着くようにしています。
今年も、1月17日に朝8時30分頃に内宮に着きました。
今年は、薄らと雪が積もっていました。

早朝の参拝は、本当に気が引き締まり、清々しく感じるものです(*^_^*)。
内宮参拝の後は、「おかげ横丁おみやげや(総合案内)」へ行き、「歴史街道スタンプラリー」のスタンプを押して帰りました。

☆ちなみに、昨年のお伊勢参りの記事です↓。
お伊勢参り 2011

◇おかげ横丁おみやげや(総合案内) TEL0596-23-8838
【開】7~9月9:30~18:00、3~6月・10月9:30~17:30、11~2月9:30~17:00
アクセス:近鉄「宇治山田駅」もしくは、近鉄・JR「伊勢市駅」下車、タクシーまたは三重交通内宮前行きバスにて約20分。「神宮会館前」下車、徒歩約1分。

Written by むねこ

2012年2月17日 at 10:18 PM

姫路城 2011.12

with one comment

今年も義父の命日に姫路帰省し、姫路城を見に行きました。
姫路城大天守は、2009年~2015年まで保存修理工事が行われています。

2011.12の姫路城天守の様子です。
大天守を覆う素屋根は鉄骨トラス構造で、備前丸からの高さは約52.5mで13階建てのビルの高さに相当します。
素屋根の壁面には約800枚ものメッシュシートを取り付けているそうです。

三の丸広場から撮影しました。

☆ちなみに、工事前の姫路城はこちらで記事にしています↓
姫路城(世界遺産・国宝)2008.12

◇姫路城
兵庫県姫路市本町68番地 TEL079-285-1146 【休】12/29.30
入城時間:9:00~16:00(閉門17:00)、4/25~8/31は9:00~17:00予定(閉門18:00)
入場料:一般400円
アクセス:JR山陽本線・山陽電鉄「姫路駅」から徒歩15分

Written by むねこ

2011年12月31日 at 8:17 PM

宇治市 平等院表参道

leave a comment »

前の記事」(平等院の藤)のつづきです。
平等院は、京都府宇治市宇治蓮華にある寺院です。
平安時代の後期、1052年に宇治関白藤原頼通が、父道長の別荘を寺院に改めたものです。

宇治は、平安時代の中頃に紫式部が書いた「源氏物語」の「宇治十帖」の舞台です。
宇治橋西づめに、紫式部像と夢浮橋の古蹟碑があります(宇治川は南から北へ流れています)。
ここが、平等院表参道の入り口で、南方向へ…平等院正門へとつづきます。
表参道には、宇治茶の老舗店が多く並び、ちょうど今は新茶の季節です。
そして、店先には藤の鉢植えが置いてあり、鼻も目も楽しませてくれます(*^_^*)。

宇治は、文部科学大臣が選定する「文化的景観」に選ばれたそうです。
現在の街路・街区は、藤原氏が行なった都市計画によって構成された地割の痕跡を留め、重層的に発展した計画的な街区と、茶文化によって形成される文化的景観であるとして選定されました。

源氏物語の宇治十帖の古跡があり、世界遺産の「平等院」「宇治上神社」が残り、平安時代の痕跡を良く残す地区なのですねぇ(p_-)。
平等院の東側、宇治川沿いにある「あじろぎの道」にある「宇治市観光センター」は、歴史街道スタンプラリーのスタンプ設置箇所でした。

◇宇治平等院表参道 公式ホームページ
http://b-omotesando.com/

◇宇治市観光センター
京都府宇治市宇治塔川2 Tel:0774-23-3334
開館時間:9:00~17:00(年末年始等変更あり)
【電車】京阪宇治線「宇治駅」下車徒歩10分。JR奈良線「宇治駅」下車徒歩15分。
【車】京滋バイパス宇治東ICより府道7・3号線経由約2km(約8分)。
(注意 大阪方面よりは京滋バイパス宇治西IC下車)
宇治駐車場(平等院南門前):有料1日700円

◇宇治市観光イラストMAP↓
http://www.kyoto-uji-kankou.or.jp/others/map/smap.htm

Written by むねこ

2011年5月9日 at 7:37 PM

桜井市 大神神社(おおみわじんじゃ)

with 3 comments

前の記事」(天理市 石上神社)のつづきです。
奈良盆地の東部、青垣の山麓に南北に続く「山の辺の道」。
神の住む山と崇められる桜井の三輪山の麓から奈良市街まで続く道で、記録に残る日本最古の道といわれています。

「大和国一ノ宮 大神神社」(おおみわじんじゃ)は、日本最古の神社の一つとされ、背後の三輪山自体を御神体とします。
神代の昔、大己貴神(大国主命と同じ)が自らの魂を三輪山に鎮められ、「大物主神」の名で祀られたのが大神神社のはじまりです。

三輪の地は、当時の主要道路である「山の辺の道」の陸路、日本最古の市場である海柘榴市(つばいち)を終着点とする大和川(初瀬川)の水路(大阪から大和川をさかのぼる水運)により、殷賑を極めていたようです。
山麓地帯には大きな古墳や、第10代崇神天皇の皇居跡と伝えられる「磯城瑞籬宮跡」が残ることから、この一帯を中心にして大和政権の初期の三輪王朝(崇神王朝)が存在したと考えられています。

◇大神神社(おおみわじんじゃ)
奈良県桜井市三輪1422 (境内自由)
【電車】JR桜井線「三輪駅」から徒歩5分。
近鉄大阪線「桜井駅」よりバス「三輪明神参道口」下車徒歩10分。
【車】西名阪自動車道「天理IC」より車で20分。 駐車場有。
(国道169号線→県道238号線を三輪山方面へ)

先月、「歴史街道スタンプラリー」のスタンプを求めて、明日香村→天理市→桜井市と「古代史ゾーン」を巡りました。
「山の辺の道」では、石上神宮(いそのかみじんぐう)と大神神社(おみわじんじゃ)に行った訳ですが…。
古代史が、少しわかったような…(^^ゞ。
(桜井市のスタンプ設置箇所は近鉄大阪線「桜井駅」観光案内所8:00~15:00)

《大和政権の時代》
葛城王朝(初代神武天皇~)→三輪王朝(第10代崇神天皇~)→河内王朝(第15代応神天皇~)→近江王朝(第26代継体天皇(大伴氏の支持))→第27・28代安閑・宣化朝 (物部・大伴氏の支持)→第29代欽明朝・第30代敏達朝(蘇我氏の支持)

Written by むねこ

2011年4月8日 at 10:40 PM