むねこのICTスペース

「日本の世界遺産」「国宝・史跡・名勝」「日帰り温泉」を巡る、旅ブログを主に綴っています。

Posts Tagged ‘洛南

木津川市 当尾の里 浄瑠璃寺(九体寺)

leave a comment »

前の記事」(木津川市 当尾の里 岩船寺の紫陽花)のつづきです。
浄瑠璃寺(じょうるりじ)は、京都府木津川市加茂町西小札場の「当尾(とうのお)の里」にある真言律宗の寺院です。
山号は小田原山。
当尾(浄瑠璃寺地域)は、京都府歴史的自然環境保全地域に指定され、岩船寺から浄瑠璃寺へは、府道752号線を西へ約2.2kmの位置にあります。

寺号は、創建時の御本尊(三重塔の内陣に安置されている)、薬師仏の浄土「浄瑠璃世界」から付けられました。
中央の宝池を挟んで、東方浄瑠璃浄土の薬師仏を東に、西方極楽浄土の阿弥陀仏を西に配した、平安時代後期(藤原時代)の日本が生みだした浄土式伽藍がただ一つ完全に残されてきた寺です。

九体阿弥陀堂(国宝)

梵字の阿字をかたどったといわれる宝池を中心にして、東に東方本尊の薬師仏(秘仏 重文)を安置する三重塔(国宝)が、西に西方本尊の九体阿弥陀仏(国宝)を安置する本堂(九体阿弥陀堂 国宝)が建っています。
藤原時代には、京都を中心に競って建立された九体阿弥陀仏と、それをまつるための横長の堂(正面11間、側面4間)も、現存する唯一のものです。

庭園は、国の特別名勝及史跡に指定されています。
派手さはないですが、草花が咲き、蝶が舞い、鳥のさえずりが良く似合う、落ち着いた雰囲気の庭園でした。
これまで、京都・奈良の世界遺産の寺院を巡りましたが、平安時代の雰囲気を感じる庭園を観たのは、ここが初めてでした。

つづきを読むからは、フォトギャラリー9枚です。
続きを読む »

Written by むねこ

2012年6月21日 at 5:13 AM

木津川市 当尾の里 岩船寺の紫陽花

with one comment

関西花の寺「第十五番 岩船寺(がんせんじ)」は、紫陽花のお寺です。
岩船寺は、京都府木津川市加茂町の「当尾(とうのお)の里」にある真言律宗の寺院です。山号は高雄山(こうゆうざん)。

当尾(岩船寺地域)は、京都府歴史的自然環境保全地域に指定され、平安時代後期から鎌倉・室町時代にかけて、浄土信仰の霊地として栄えたところです。
昭和26年に加茂町に編入されるまで、相楽郡当尾村(塔婆が建ち並ぶ屋根という意味の「塔尾」からきている)でした。
現在、「石仏の里」の中心地として親しまれています。

2012年6月10日に行ったのですが、岩船寺は御本陣山(標高321m)の山寺であるため、宇治より少し寒いようで、紫陽花の見頃には少し早かったです(^_^;)。

十三重石塔(重文)・三重塔(重文)

岩船寺の創立は、天平元年(729)第45代聖武天皇の勅願で、僧行基によって阿弥陀堂を建立したのに始まります。
最盛期には東西十六町、南北十六町の広大な境内に三十九の坊舎を有したそうですが、承久の乱(1221)等の兵火により焼失しました。
鎌倉から江戸末期まで南都興福寺一乗院の末寺でしたが、明治十四年に真言律宗西大寺の末寺となりました。
御本尊は阿弥陀如来坐像で、10世紀中期(平安時代)を代表する仏像として知られています。

つづきを読むからは、フォトギャラリー9枚です。
続きを読む »

Written by むねこ

2012年6月16日 at 2:45 AM

カテゴリー: おでかけ(京都)

Tagged with ,

伏見区 醍醐寺 門前の甘味

leave a comment »

前の記事」(醍醐寺の桜)のつづきです。
2012年4月7日に京都市伏見区の醍醐寺に行きました。

桜の季節の醍醐寺は非常に美しいですが、拝観者も多く賑わいます。
特に三宝院の大玄関の横のしだれ桜には、常に沢山の人たちが…

今回は、お坊さんの案内があり、三宝院の西側にある修証殿の方に初めて行きました。
修証殿の南側には、憲深林苑があり、そこにもしだれ桜がありました。
そして、桜を見ながら楽しめる野点席(お茶席)もありました。
隠れた奥にこんな所があったのですねぇ…発見です。

三宝院を拝観した後、霊宝館の西側(雨月茶屋の前)に出店が出ていたので休憩をしました。
まだAM10時前でしたが、温まるものを…と思い、うどんをいただきました。

この後、霊宝館などを拝観し、AM11時過ぎにはお寺を出る事にしました。
総門の前の「醍醐道」は、駐車場に入れない車が列をなしていました。
京都の桜のシーズンは、ひどく渋滞しますので、早い目にスタートしないと酷い目にあいますね(-_-;)。

醍醐寺の総門前に甘味屋さんを見つけました。
八ツ橋のお店「京栄堂」さんです。おみやげに「つつみ生八ツ橋」を買いました。
初めて見る食べ物です。
あん入り生八ツ橋を、三笠の生地で優しく包んだもの…だそうです。
店内の試食は、焼き立てでした。
どら焼きのような食感で、ニッキの香りもして… 好みの味でした…(*^_^*)。

醍醐寺のしだれ桜は、見事ですね。

◇真言宗醍醐派 総本山醍醐寺
京都府京都市伏見区醍醐東大路町22 TEL075-571-0002
拝観時間:9:00~17:00(12月第1日曜の次日~2月末は9:00~16:00)
拝観料:伽藍600円、三宝院600円、霊宝館600円(共通券も有)。
【電車】地下鉄東西線「醍醐駅」(外環状線)から東方向へ、約800km(徒歩10分)。

◇京栄堂 醍醐店
京都府京都市伏見区醍醐中山町13  TEL075-574-2028
(醍醐寺総門から徒歩2分)

Written by むねこ

2012年4月15日 at 12:09 AM

伏見区 醍醐寺の桜

with 2 comments

近所のソメイヨシノが咲き始める前の…
2012年4月7日、京都市伏見区の醍醐寺へ行きました。

洛南のしだれ桜は、ソメイヨシノより早く開花します。
醍醐寺のしだれ桜は、5部~7分咲きでした。

霊宝館のしだれ桜

醍醐寺は、真言宗醍醐派の総本山です。
弘法大師の孫弟子、理源大師・聖宝が、貞観16(874)年に創建。
開創後、醍醐・朱雀・村上の三代(第60~62代)にわたる天皇の帰依により、山上山下にまたがる大伽藍が整いました。
応仁の乱で、下醍醐は五重塔(国宝)を残して焼失、上醍醐も荒廃後、豊臣秀吉・秀頼によって再建されました。

三宝院は、建造物の大半が重文に指定されていて、中でも表書院は国宝に指定されています。
三宝院庭園は、国の特別史跡・特別名勝に指定されています。
庭園は、秀吉が「醍醐の花見」に際して、自ら設計をしたそうです。
(三宝院の建物の中、庭とも撮影は禁止です)

つづきを読むからは、フォトギャラリー9枚です。
続きを読む »

Written by むねこ

2012年4月13日 at 11:58 PM

山科区 勧修寺(かじゅうじ)の花菖蒲

leave a comment »

勧修寺は、京都市山科区にある門跡寺院です。
平安中期の900年に醍醐天皇の母・藤原胤子を弔うために、胤子の母の実家である宮道家邸宅を寺に改めたのが始まりといわれています。
境内には氷室池を中心とした池泉回遊式の庭園があり、今は花菖蒲、睡蓮が見頃です。

境内に建つ本堂、宸殿、書院等の伽藍は、霊元天皇、明正天皇などの旧殿を下賜されたもので、庭園はよく手入れされ落ち着いた雰囲気でした。
平安時代には、1月2日に氷室池に張った氷を宮中に献上し、その厚さによって五穀豊穣を占ったと言われています。

勧修寺は、地図で見ると名神高速道路がすぐ近くを通っています。
京都東ICからは、約5km。国道1号線の「東野交差点」で左折、外環状線(府道117号線)から行きました。

↓続きを読むからは、フォトギャラリー8枚です。
続きを読む »

Written by むねこ

2011年6月15日 at 10:16 PM

カテゴリー: おでかけ(京都)

Tagged with ,

国道307号線 城陽市~朝宮

leave a comment »

国道307号線は、滋賀県彦根市~大阪府枚方市に至る一般国道です。
この日は、京都府城陽市(青谷川沿)~滋賀県甲賀市信楽町を走りました。

宇治田原町から信楽町朝宮には茶畑がつづきます。
京都と信楽の県境には裏白峠があり、くねくねした道なのですが、大型トラックが結構通り、しかも結構なスピードで流れるので、少し怖かったです(+_+)。

この日の目的は、日帰り温泉施設「上方温泉 一休 京都本館」です。
温泉シールラリー体験版ゆらん(2010~2011)の締め切りが近いので行きました。
一休 京都本館は、京都府城陽市中芦原の青谷川沿いにあります。
車の通りが多い国道307号線沿いにありますが、中に入ると静かで、野天風呂は庭園風になっていて、清々しかったです。

◇「上方温泉 一休 京都本館」
京都府城陽市中芦原25-2 Tel:0774-54-1419
営業時間:10:00~翌1:00(受付午前0時まで)
定休日:第2火曜日(祝日の場合変更) 入浴料:大人1200円
http://www.onsen19.jp/

日帰り温泉でゆっくりして、国道307号線を信楽経由で帰りました。
道中、信楽町の朝宮でお茶をしました。
信楽の朝宮地区もお茶の産地です。朝宮茶といいます。
この日は、朝宮ほうじ茶ロールケーキと煎茶のセットをいただきました。
ほうじ茶の香りが香ばしく、爽やかでおいしかったです(*^_^*)。

◇「山本園 WITH TEA」
滋賀県甲賀市信楽町上朝宮275-1 Tel:0748-84-0145
【交通】信楽高原鉄道「信楽駅」より車で約10分(約7.5km)。
http://www.yamamotoen.co.jp/

Written by むねこ

2011年5月23日 at 9:27 AM

宇治市 平等院表参道

leave a comment »

前の記事」(平等院の藤)のつづきです。
平等院は、京都府宇治市宇治蓮華にある寺院です。
平安時代の後期、1052年に宇治関白藤原頼通が、父道長の別荘を寺院に改めたものです。

宇治は、平安時代の中頃に紫式部が書いた「源氏物語」の「宇治十帖」の舞台です。
宇治橋西づめに、紫式部像と夢浮橋の古蹟碑があります(宇治川は南から北へ流れています)。
ここが、平等院表参道の入り口で、南方向へ…平等院正門へとつづきます。
表参道には、宇治茶の老舗店が多く並び、ちょうど今は新茶の季節です。
そして、店先には藤の鉢植えが置いてあり、鼻も目も楽しませてくれます(*^_^*)。

宇治は、文部科学大臣が選定する「文化的景観」に選ばれたそうです。
現在の街路・街区は、藤原氏が行なった都市計画によって構成された地割の痕跡を留め、重層的に発展した計画的な街区と、茶文化によって形成される文化的景観であるとして選定されました。

源氏物語の宇治十帖の古跡があり、世界遺産の「平等院」「宇治上神社」が残り、平安時代の痕跡を良く残す地区なのですねぇ(p_-)。
平等院の東側、宇治川沿いにある「あじろぎの道」にある「宇治市観光センター」は、歴史街道スタンプラリーのスタンプ設置箇所でした。

◇宇治平等院表参道 公式ホームページ
http://b-omotesando.com/

◇宇治市観光センター
京都府宇治市宇治塔川2 Tel:0774-23-3334
開館時間:9:00~17:00(年末年始等変更あり)
【電車】京阪宇治線「宇治駅」下車徒歩10分。JR奈良線「宇治駅」下車徒歩15分。
【車】京滋バイパス宇治東ICより府道7・3号線経由約2km(約8分)。
(注意 大阪方面よりは京滋バイパス宇治西IC下車)
宇治駐車場(平等院南門前):有料1日700円

◇宇治市観光イラストMAP↓
http://www.kyoto-uji-kankou.or.jp/others/map/smap.htm

Written by むねこ

2011年5月9日 at 7:37 PM

宇治市 平等院の藤

with one comment

5月の花めぐりのつづきです。
世界遺産の平等院は、「藤の名所」です。

京都府宇治市まで来たのですから、「ツツジの名所三室戸寺」の続きで、「平等院」にも寄ることにしました。
表門から入ると、観音堂の横に藤棚があります。
2011年5月7日の時点で、こちらも咲いていましたよ(*^_^*)。

平等院は永承7年(1052)、関白藤原頼通によって開創され、鳳凰堂はその翌年の天喜元年(1053)、阿弥陀如来を安置する阿弥陀堂として建立されました。
庭園は浄土式の借景庭園として史跡名勝庭園に指定されています。

国宝の鳳凰堂は、極楽浄土の宮殿をモデルにしたもので、中堂・左右の翼廊・尾廊からなる鳥が羽を広げたような、珍しい形の建物です。
内部の本尊阿弥陀如来坐像、二重天蓋なども国宝です。
平等院には、平安時代の文化財が多数残っています。

この日は、三室戸寺にAM8:30の開門とともに入り、三室戸寺の5千坪の庭園を回遊して…
その後に平等院に入ったので、AM10:00過ぎでした。

とりあえず、南門側の宇治駐車場(有料700円)には入れたので一安心したのですが…
南門の案内員さんが「只今、鳳凰堂は混雑しております」…と。
行ってみると、鳳凰堂の受付には長蛇の列が…。
やはり…シーズン中の土曜日ですものねぇ…(p_-)。

受付に並ぶのはやめて、目的の藤棚のまわりをクルクル回り鑑賞。
藤は、良い香りですね。大きな蜂がいますのでご注意ください。
その後、阿字池のまわりを一周して、そのまま表門から門前町(表参道)にランチを食べに行きました。

そして、再び表門から再入場すると、さらに人が増えている…(/_;)。
平等院には、以前来ていますので、鳳凰堂内部を拝観せずに、鳳翔館を抜けて帰りました。
(鳳凰堂の案内員さんの説明を聞くと、鳳翔館を見るのに面白くなるで、出来れば鳳凰堂の内部を拝観する事をお勧めします。)

○ちなみに、以前に行った時の内容です↓。
フォトアルバムup(平等院)2009.6

◇「平等院」 世界遺産・国宝
京都府宇治市宇治蓮華116 tel:0774-21-2861
拝観料:入園+鳳翔館 600円(鳳凰堂は別に300円)
拝観時間:8:30~17:30(受付終了17:15)
(鳳翔館 9:00~17:00(受付終了16:45)、鳳凰堂受付 9:10~16:10)
【電車】JR奈良線「宇治駅」下車、徒歩10分(宇治橋西づめから表参道へ)。
京阪電鉄宇治線「京阪宇治駅」下車、徒歩10分(宇治橋を渡り表参道へ)。
【車】京滋バイパス宇治東ICより府道7・3号線経由約2km(約8分)。
(注意 大阪方面よりは京滋バイパス宇治西IC下車)

Written by むねこ

2011年5月8日 at 3:51 AM

三室戸寺境内の茶屋

leave a comment »

前の記事」(三室戸寺のツツジ)のつづきです。
三室戸寺(みむろとじ)は、京都府宇治市菟道滋賀谷にある寺院です。
庭園は五千坪で、ツツジが二万株、シャクナゲが一千本、アジサイが一万株植えられています。
5月上旬の時期はツツジが見ごろです(*^_^*)。

三室戸寺の庭園に「花の茶屋」というお店がありました。
ちょうどツツジを見るのに良い位置に野点席があり、ここでいっぷくしました。

ここの茶店は、パフェなんかもあり、オシャレなメニューです。
「岩井製菓」という京飴屋さんが経営するお店で、庭園のオープン期間中のみ営業しているようです。
●しゃくなげ・つつじ園の開園期間:平成23年4月23日~5月15日
●あじさい園の開園期間:平成23年6月1日~7月10日

三室戸寺に来る前に、こちらの門前町を調べたのですが、特にヒットがなく…。
行ってみたら、周囲は住宅街、門前は三室戸寺の駐車場(有料)でした(^^ゞ。
「花の茶屋」は京飴屋さんのお店だから、今度はひやしあめをいただこう。

-おまけ-
三室戸寺本堂前に狛牛と対面して狛兎がありました。
この地域は、古来より菟道(うじ)と称され、宇治の中心地でもあったそうです。
第15代応神天皇の皇子菟道稚郎子の宮居の跡が、宇治橋の上流宇治川の右岸にあり、今は世界遺産の「宇治上神社」になっています。

◇西国第十番札所 明星山 三室戸寺
京都府宇治市菟道滋賀谷21 Tel:0774-21-2067 拝観料:500円
京阪三室戸駅より1.0km、京阪宇治駅より1.5km、JR宇治駅より2.0km
駐車場有(有料500円)

◇株式会社岩井製菓
京都府宇治市莵道丸山203-3 Tel:0774-21-4023
http://www.iwaiseika.com/
飴屋通信(花の茶屋):http://ameya.exblog.jp/i6/

Written by むねこ

2011年5月7日 at 11:20 PM

宇治市 西国十番 三室戸寺(みむろとじ)

with 2 comments

五月の花「つつじ」を見るために、京都府宇治市菟道滋賀谷にある三室戸寺(みむろとじ)へ行きました。

つつじ・本堂

三室戸寺は、8世紀の創建と伝えられている古刹で、西国三十三所観音霊場第十番の札所として知られています。
平安時代には殊に皇室の御帰依が深く、盛大を極めました。
その後、時代の変遷と共に盛衰を繰り返し、約二百年前の文化十一年に現在の本堂の改築が成就されました。
重要文化財の五体の仏像は、平安時代のもの。本堂・三重塔・阿弥陀堂・鐘楼は、江戸時代のものです。

こちらの御寺の庭園は、五千坪もあり、つつじが二万株、シャクナゲが一千本、アジサイが一万株植えられているそうです。
山の斜面にシャクナゲとつつじがあり、見事な群生を成すようです。
2011年5月7日の時点で、シャクナゲは、もう終わりかけのようでした…
その変わり、つつじが一面に咲いていました(*^_^*)。

…「続きを読む」からは、フォトギャラリー8枚です。 続きを読む »

Written by むねこ

2011年5月7日 at 11:07 PM

カテゴリー: おでかけ(京都)

Tagged with ,