むねこのICTスペース

「日本の世界遺産」「国宝・史跡・名勝」「日帰り温泉」を巡る、旅ブログを主に綴っています。

Posts Tagged ‘洛西

京都西山三山 楊谷寺の紫陽花

leave a comment »

前の記事」(京都西山三山 善峯寺の紫陽花)のつづきです。
京都市西京区大原野の「善峯寺」の次は、長岡京市の「楊谷寺(ようこくじ)」へ行きました。
楊谷寺の境内から奥ノ院にかけての「あじさいのみち」には、約4500株のあじさいが植栽されています。

あじさいのみちから境内

楊谷寺は、西山浄土宗総本山光明寺の末寺です。
光明寺より南西の山間渓谷にあり、柳谷観音の名で親しまれています。
楊谷寺のすぐ西側は大阪府三島郡島本です。

寺伝によると大同元年(806)の創建で、京都清水寺の開祖延鎮が開き、空海(弘法大師)もこの地で修行したと言われ、延鎮を第一世、空海を第二世としています。
境内には空海(弘法大師)の法力による独鈷水(おこう水)があり、眼病に効くことで知られ、毎月17日の縁日には各地からの参拝者で賑わいます。
また、平成8年度には長岡京市観光協会設立25周年を記念して「楊谷寺あじさいのみち」が整備されました。

つづきを読むからはフォトギャラリー9枚です。
続きを読む »

広告

Written by むねこ

2012年6月28日 at 1:07 AM

京都西山三山 善峯寺の紫陽花

with one comment

梅雨入りし、紫陽花の花も色づいてきました。
今が見ごろと言う事で…
京都西山三山 善峯寺の「あじさい苑」へ行きました。

桜・あじさい苑(幸福地蔵)

善峯寺は、平安中期の長元2年(1029)、恵心僧都の弟子源算の開基と伝えられています。
中世には、青蓮院門跡の宮様が代々住職を勤めたため、「西山宮門跡」と称されました。
応仁の乱で焼亡後、徳川5代将軍綱吉の生母・桂昌院の寄進により復興されました。
現在は、西国三十三所観音霊場の第二十番札所です。

山の斜面にある境内地は3万坪で、回遊式境内(7代目小川治兵衛作)1周約40分です。
奥之院(薬師堂)まで登ると、眼下に京都市街が広がります。
桜・あじさい苑は、1周約40分の参拝順路には含まれていませんが、幸福地蔵から一望する事ができます。
今の季節は、紫陽花の花が咲き、まさに絶景でしたよ(^_^)。

つづきを読むからはフォトギャラリー9枚です。
続きを読む »

Written by むねこ

2012年6月26日 at 12:53 AM

カテゴリー: おでかけ(京都)

Tagged with ,

嵯峨釈迦堂 清凉寺の名物甘味

leave a comment »

前の記事」(嵯峨釈迦堂 清凉寺の梅)のつづきです。
3月14日、京都市右京区の嵯峨釈迦堂 清涼寺~嵯峨二尊院~嵯峨小倉山 常寂光寺を散策しました。
今年は寒くて梅の開花が遅れていましたが…行った日は、みごとに咲いていました♪

嵯峨釈迦堂 清凉寺の境内には、ゆどうふ屋さんと、あぶり餅屋さんがあります。

「あぶり餅」というと…以前にも記事にしました「今宮神社門前の名物甘味」ですが…
清凉寺境内の「大文字屋」さんは、嵯峨釈迦堂-五台山清凉寺千二百年を期に創業したのだそうです。
さんざん歩き回って…休憩にいただく甘味は格別です(*^_^*)。白味噌だれウマー。

ゆどうふの方は、お昼で3,675円です。予算がないので、麩まんじゅうをお土産に買いました。

◇嵯峨乃 あぶり餅 総本家 大文字屋
◇ゆどうふ 竹仙
京都府京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町46 清凉寺境内
【電車】JR山陰本線(嵯峨野線)「嵯峨嵐山駅」下車徒歩約10分。京福電鉄嵐山線「京福嵐山駅」下車徒歩約10分。
清凉寺駐車場あり(東側清凉寺道より入る)

二尊院から常寂光に行く途中、「小倉百人一首文芸苑」と「落柿舎」がありました。

小倉百人一首文芸苑の看板には、こう書いていました。
「小倉百人一首は、古今集から続後撰集に至る十種の歌集から撰歌されています。ここでは、八番目の勅撰集である新古今集から選ばれた十四首の歌を紹介しています。」
嵐山・嵯峨野には、この様な歌碑が、5地区にあるようです。
◇所在地:京都府京都市右京区嵯峨二尊院門前長神町

そして落柿舎は、松尾芭蕉の弟子、向井去来の閑居の跡として知られています。
芭蕉も晩年、三度この庵を訪れ、名作「嵯峨日記」を著したそうです。
◇所在地:京都府京都市右京区嵯峨小倉山緋明神町20

歌碑や句碑をめぐる散策も楽しそうですねぇ(^_^)。
○参考までに…「京都・嵐山 小倉百人一首殿堂 時雨殿」のWebページです↓
http://www.shigureden.or.jp/

Written by むねこ

2012年3月23日 at 12:18 PM

カテゴリー: おでかけ(京都), グルメ

Tagged with , ,

嵯峨小倉山 常寂光寺の梅

leave a comment »

前の記事」(嵯峨二尊院の梅)のつづきです。
「百人一首」で名高い小倉山の東麓にある「二尊院」と「常寂光寺」。
藤原定家が、百人一首を撰定した場所といわれる山荘「時雨亭跡」が小倉山の中腹にあります。

二尊院から南へ約300mほど歩いた先に、「常寂光寺」があります。
二尊院も常寂光寺も紅葉の名所です。
梅の時期の紅葉の木は、若葉も茂っておらず、少しさみしい参道ですが…(^_^;)。
常寂光寺では、「盆梅展」が行われていました。

常寂光寺 盆梅

常寂光寺は、京都市右京区嵯峨小倉山小倉町にある日蓮宗の仏教寺院です。山号は小倉山。
慶長元年(1596年)に、日蓮宗大本山 本圀寺十六世の日禎上人が、この地に隠棲し、常寂光寺を開創しました。
歌人でもある日禎上人に、歌枕の名勝小倉山を隠棲地として提供したのは、角倉了以と角倉栄可で、小早川秀秋ら大名の寄進により堂塔伽藍が整備されました。

小倉山の中腹の斜面に境内があり、仁王門、本堂・妙見堂、多宝塔(重要文化財)へと登って行きます。
結構急な参道の階段をのぼり、振り返れば…京都の街並みを一望できます(*^_^*)。

続きを読むからは、フォトギャラリー9枚です。
続きを読む »

Written by むねこ

2012年3月22日 at 11:47 PM

カテゴリー: おでかけ(京都)

Tagged with ,

嵯峨二尊院の梅

with one comment

前の記事」(嵯峨釈迦堂 清凉寺の梅)のつづきです。
桜と紅葉の名所、嵐山・嵯峨野ですが、梅の時期の嵯峨野は、静かでのんびりした雰囲気でした。
このまま小倉山の方に歩くのも悪くないかぁ…と思い、車を清凉寺の駐車場に停め、「二尊院」「常寂光寺」の方へ行ってみることにしました。

「百人一首」で名高い小倉山の東麓に、二尊院と常寂光寺があります。
平安時代末期から鎌倉時代初期の公家・歌人の藤原定家が、百人一首を撰定した場所といわれる山荘「時雨亭跡」が小倉山の中腹にあります。
この「時雨亭跡」は、嵯峨に三か所あるらしく…二尊院・常寂光寺・厭離庵と…常寂光寺のパンフレットにありました。

九頭竜 弁財天堂

まずは、「二尊院」についてこの記事に載せます。
二尊院は、京都市右京区嵯峨二尊院門前長神町にある天台宗の寺院です。山号は小倉山。
本尊に釈迦如来と阿弥陀如来の二尊を祀るため、二尊院と呼びますが、正しくは「小倉山二尊教院華台寺」といいます。

平安時代初期の承和年間(834年~847年)、嵯峨天皇の勅願により円仁(慈覚大師)が開山したといわれております。
以後、荒廃していたのを鎌倉時代初期、法然上人の高弟湛空らにより再興されました。
応仁の乱(1467~1477)により諸堂が焼失しましたが、本堂、唐門(勅使門)は約三十年後に再建されました。

また総門は、豪商角倉了以が伏見城の「薬医門」を慶長十八年(1613)に移築したもの、参道は「紅葉の馬場」といわれ秋には紅葉が美しい所です。
二尊院では、「たつ年特別展観 九頭竜弁財尊天」が行われていました。

続きを読むからは、フォトギャラリー9枚です。
続きを読む »

Written by むねこ

2012年3月22日 at 12:23 AM

カテゴリー: おでかけ(京都)

Tagged with ,

嵯峨釈迦堂 清凉寺の梅

with 2 comments

「前の記事」で京都市上京区の北野天満宮の梅について書き、すっかり気分をよくし…。
梅も良いよねぇ…と思い、京都市右京区嵯峨釈迦堂にある浄土宗の寺院「清凉寺」に行きました。

多宝塔・阿弥陀堂・一切経蔵の梅は、みごとに咲いていました(*^_^*)。
本堂東側の「軒端梅」は、まだ咲いていなかったように思います。
2012年3月14日に行ったのですが、この日はお松明式の前日で、境内では準備が行われていました。
そして、御本尊の「生身の釈迦如来さま」(国宝)も観ることができました。

阿弥陀堂は、棲霞観跡とありました。
「源氏物語」の光源氏のモデルといわれる、第52代嵯峨天皇皇子の源融(822~895)の山荘「棲霞観」があったそうです。
融の没後、寺となって「棲霞寺」としたのが始まりといわれ。
天慶8年(945)重明親王妃が棲霞寺寺域に新堂を建立し、藤原氏に寄進。その時、等身大の釈迦像が安置され、これが釈迦堂の名前の由来ともいわれています。

永延元年(987)、ちょう然上人が宋から持ち帰った釈迦如来立像(本尊・国宝)を、棲霞寺境内に安置するため、愛宕山を宋の五台山に見立てた「清凉寺」の建立を計画します。
が、ちょう然上人が志半ばで没したため、弟子の盛算が「清凉寺」を建立して像を安置しました。
のちに、この釈迦如来立像の背中に蓋が発見され、中に内臓を模した絹製の五臓六腑などが納められていたことから、「生身のお釈迦さま」とも呼ばれています。

続きを読むからは、フォトギャラリー8枚です。
続きを読む »

Written by むねこ

2012年3月21日 at 6:03 AM

カテゴリー: おでかけ(京都)

Tagged with , ,

西京区大原野 大原野神社と竹の郷温泉

with one comment

前の記事」(西山三山 善峯寺)の続きです。
大原野神社は、西京区大原野南春日町にある神社です。
「善峯寺」より北に位置します。
(「善峯寺」から善峰道(府道208号線)と大原野道(府道140号線)経由で約5km)

第50代桓武天皇が都を奈良から京都向日市を中心とした長岡京(784-794)に遷された時、天皇はしばしば大原野で鷹狩を行ったそうです。
萬葉集の編者大伴家持が 「大原や せがいの水を手にむすび 鳥は鳴くとも遊びてゆかん」 と詠んでいます。
この風景を賞で、皇后(藤原氏)の氏神春日大社の分霊を遷し祀ったのが、この神社の起こりです。
ゆえに、京春日(きょうかすが)の別称があります。

春日造りの丹塗りの本殿までの参道には、紅葉が多く植えられています。
参道途中にある「鯉沢の池」は、奈良の猿沢の池を模してつくったと云われています。
手水舎や狛犬が、春日大社の神使「鹿」で、かわいい印象でした。

大原野神社から大原野通(府道140号線)を北東へ約2km程行くと、境谷本通に至り、「洛西ニュータウン」があります。
のどかな風景の大原野南春日町から、ほんの数キロほどですが、まるで別世界のようです。

今回、西山三山を散策した後は、洛西ニュータウンの中にある「竹の郷温泉(京都エミナース)」の日帰り温泉を利用しました。
京都市内では、天然温泉の日帰り入浴施設は珍しいようで、「ゆらん」でようやく見つけた場所です。

…と言うわけで、温泉でしめまして「京都西山三山の紅葉」もおしまいですm(__)m。

◇大原野神社
京都府京都市西京区大原野南春日町1152 TEL:075-331-0014
交通:JR東海道本線「向日町駅」から大原野道(府道207・733・140号線)を西へ約5.6km。
(国道9号線「沓掛交差点」から丹波街道(府道10号線)と大原野道(府道140号線)を南西へ約3km)

◇ホテル京都エミナース 竹の郷温泉
京都市西京区大原野東境谷町2-4 TEL:075-332-5800
交通:JR東海道本線「桂川駅」から府道201号線と境谷本線を西へ約3.2km。
(国道9号線「中山交差点」から福西本道(府道140号線)を南へ約800m)

Written by むねこ

2011年11月22日 at 2:54 AM

カテゴリー: おでかけ(京都)

Tagged with , ,