むねこのICTスペース

「日本の世界遺産」「国宝・史跡・名勝」「日帰り温泉」を巡る、旅ブログを主に綴っています。

Posts Tagged ‘渓谷

白山麓の旅 白山スーパー林道(岐阜県~石川県)

with 2 comments

お久しぶりです。
残暑が厳しくバテバテで、パソコンを触る気にもなれない9月でしたが…
朝夕は涼しくなってきましたので、8月に行きました「白山麓」について…
徐々に記事にして行きたいと思います。

白山は、富山県・石川県・福井県・岐阜県の4県にまたがる両白山地の中央に位置します。
最高峰の御前峰(標高2,702m)・剣ヶ峰(2,677m)・大汝峰(2,684m)の「白山三峰」を中心とする、周辺の山峰の総称です。

今回の目的は、石川県側にあります「白山温泉郷」をめぐる旅…です(*^_^*)。
7月に岐阜県郡上市高鷲町~白鳥町を巡った時に、「白山周遊イラストマップ」を道の駅で貰い、そこに「プラチナルート」のキャンペーンが載っており、石川県側にも興味を持ったのでした。

白山スーパー林道から白川郷

プラチナルート=日本三名山にも数えられる「白山」周辺地域の白川郷・高山・五箇山・金沢などを巡る、環白山周遊ルート。
キャンペーンは、白山スーパー林道(普通車片道:3,150円、軽自動車片道:2,540円)の通行料が…
○協賛宿泊施設に宿泊すると片道無料になる(期間:6月上旬~11月10日)
○通行料2割引夏得(期間:7月1日~8月31日)…など。

今回は、東海北陸自動車道「白川郷IC」~白山スーパー林道~白山比め神社・白峰温泉郷・平泉寺白山神社(国道157号線沿)~北陸自動車道「福井IC」のルートで巡りました。

まずは、白山スーパー林道についてです(^^)。
白山スーパー林道は、岐阜県大野郡白川村鳩谷から石川県白山市尾添までを結ぶ、総延長33.3Kmの有料道路です。
切り立った崖に沿うように道路が整備されていて、最高地の標高は1,450mですので、カーブの連続です。
岐阜県側ゲート(標高770m)から蓮如茶屋(標高1,200m)までは、東方向に世界遺産の白川郷が眼下に見えます。
蓮如茶屋(標高1,200m)から三方岩駐車場(標高1,445m)までは、富山県側の山々と奥には北アルプスを望むことができます。

つづきを読むからは、フォトギャラリー9枚です。
続きを読む »

広告

Written by むねこ

2012年9月29日 at 9:48 PM

中濃 関市板取 板取川温泉バーデェハウス

leave a comment »

前の記事」(中濃 関市板取 あじさい村)のつづきです。
21世紀の森公園から、白鳥板取線(県道52号線)を北へ約4km行った先に「板取川温泉」があります。

板取川沿いに、赤い屋根の建物が並んでおり…
建物には「シュトローム」「ヤウゼハウス」「バーデェハウス」と名前が付いていました。
聞き慣れない言葉ですが…ドイツ語…かなぁ…
地図に「板取スイス村」と載っていますので…(^_^;)
そういえば…板取川温泉や板取中学校の建物は、スイス風だったように思います。

板取川温泉の泉質は、ナトリウム炭酸水素塩・塩化物泉、ph8.53です。
下呂温泉と平湯温泉の混合泉…とありました。
無味無臭・無色透明で、つるつる感があるお湯でした。
風呂上りは、すべすべのお肌になりました(*^_^*)。

お昼は、シュトローム内にあるお食事処「蕪山亭(ぶざんてい)」に入りました。
平成24年6月16日(土)~7月8日(日)は、板取地域一帯の協賛店(33店舗)で、「あじさい村」と言うイベントが行われており…
期間中特別メニューの「あじさい定食(1050円)」をいただきました。
お魚は、いわなのから揚げでした。非常に美味しかったです。

蕪山亭は、神明温泉湯元すぎ嶋が経営しているらしいです。
蕪山亭のお料理が美味しかったので、そちらの方も行ってみたくなりました。

◇板取川温泉バーデェハウス
所在地:岐阜県関市板取4175-9 TEL0581-57-2822
営業時間:午前10時~午後9時(12月~3月は~午後8時まで)
※終業時刻の30分前に受付終了。
定休日:毎週水曜日(水曜日が祝日の場合は翌日休み)、12月30日~1月1日。
入浴料:大人600円
泉質:内風呂 ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉(低張性アルカリ性低温泉)、露天風呂 ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉(低張性弱アルカリ性冷鉱泉)
温泉スタンド:100l/100円。
【車】東海北陸自動車道「美濃IC」から、国道156号線・県道81号線を洞戸へ、国道256号線・県道52号線を北上、(板取川沿で)約41km。
東海北陸自動車道「郡上八幡IC」から、国道256号線(タラガトンネル経由)、県道52号線を北上、約30km。

○関市観光協会 板取川支部のWebページです。
http://www.itadori-kankou.jp/

Written by むねこ

2012年7月8日 at 9:41 PM

中濃 関市板取 あじさい村

with one comment

岐阜県関市板取(旧武儀郡板取村)は、岐阜県の北西に位置します。
前回記事にしました「西美濃 新緑の淡墨桜と温泉」の岐阜県本巣市根尾より、日永岳(山県市)を挟んだ東北のあたりです。

今回の目的は、岐阜県関市板取の「アジサイロード」と日帰り温泉施設「板取川温泉 バーデェハウス」です。
国道256号線を経由し白鳥板取線(県道52号線)の板取川に沿った約24kmは、アジサイロードとよばれ「日本の道百選」にも選ばれた「花の街道」です。
梅雨期の6月中旬~7月上旬にかけて、7万本のあじさいが咲き、板取21世紀の森公園の3万本と合わせて、10万本のあじさいが咲き誇ります。

21世紀の森公園のあじさい

関市板取は、標高1000m前後の山々に囲まれ、長良川の支流「板取川」が流れる渓谷に集落が点在する地域です。
アジサイロードを車で走っていると、パトライトが点灯し…喫茶店か?と思ったら「おとり」と書いた看板で…
平成24年6月9日~9月22日まで「鮎釣り」が解禁しているらしく、板取川では釣りをしている人達が沢山おられました。

関市板取では、紫陽花が咲く時期は「あじさいまつり」が行われています。
1.あじさい村フェスティバル2012(開催日:平成24年6月23・24日(土日)  会場:21世紀の森公園特設会場)
2.あじさい村(開催日:平成24年6月16日(土)~7月8日(日) 場所:板取地域一帯)

2012年6月30日に行ったのですが、21世紀の森公園の紫陽花は、綺麗に咲いていました(*^_^*)。
ここで、「関市板取あじさい村マップ」なるものを貰いました。
期間中、あじさい村(板取地域一帯の協賛店 33店舗)で特典やイベントが行われるようです。

つづきを読むからは、フォトギャラリー9枚です。
続きを読む »

Written by むねこ

2012年7月4日 at 10:29 PM

カテゴリー: おでかけ(岐阜)

Tagged with ,

日野町鎌掛(かいがけ) しゃくなげ渓

with one comment

滋賀県蒲生郡日野町には、ホンシャクナゲが自生している群生地があります。
開花時期は、毎年4月下旬~5月上旬 ちょうどゴールデンウィークの時期です。

シャクナゲは高山植物で、県内では比良山地や鈴鹿山脈の標高1,000m以上の尾根に群落が見られます。
ここでは標高350m前後の比較的低い場所にあり、全国的にも極めて珍しいそうです。
昭和6年(1931年)に国の天然記念物に、昭和29年(1954年)に滋賀県の県花に指定されました。

蒲生郡日野町は、滋賀県の南東部(湖東三山・永源寺のさらに南側)鈴鹿山系の西麓に位置します。
「しゃくなげ渓」は、猪の鼻が岳の南にある鎌掛谷(石楠花谷)の鈴鹿国定公園内にあります。
(国道477号線「音羽」交差点から県道182号線を南西へ約3kmあたりに入口がある)
鎌掛谷を流れる耶斧岨(やぶそ)川渓谷の急峻な岩盤斜面に、ホンシャクナゲが約2万本群生しています。

県道182号線沿いの「しゃくなげ渓入口」から、耶斧岨川の上流の「ほんしゃくなげ群落登り口」までは、1km以上あります。
バスが1台通れるくらいの車道があり、開花時期のみシャトルバスが運行しています。
(石楠花池付近に駐車場がありますが、シーズン中はマイカーの通行は規制されます)
耶斧岨川を隔た対岸には、遊歩道も整備されており、軽い傾斜の散策(ハイキング)が楽しめます。

しゃくなげ渓には、今回が3回目で、シャトルバスも徒歩も両方経験していますが…。
気軽に花を観に来た方は、シャトルバスを利用する方がいいと思います(^_^;)。

「ほんしゃくなげ群落」は、小河川が形成した斜面の傾斜40度以上の土壌が保持されないような場所にあり、近くで観ると言うより景観を一望する感じです。
この日は、早朝にしゃくなげ渓に到着し、少し肌寒く、雨上がりで足元が悪い中、「登り口」に歩いて入りました。
自然遊歩道を登った先に群生地が2カ所あり、両方とも咲いていました♪
花が一面に咲いていると、「わぁ!!」とうれしくなりますね(*^_^*)。

☆この後、鎌掛の藤の寺「正法寺」へ行きました。
しゃくなげ渓が満開の頃は、藤の花はまだ咲きはじめです。
つづきは、次の記事にて…

◇ほんしゃくなげ群落
所在地:滋賀県蒲生郡日野町鎌掛 鎌掛谷(しゃくなげ渓)
日野観光協会:http://www.biwa.ne.jp/~hino-to/ TEL0748-52-6577
営業時間:午前9時~午後4時30分(開花時期のみ)
料金:保全協力金(大人400円)
【電車・バス】近江鉄道「日野駅」から、臨時バス「しゃくなげ渓行」終点下車。
(運行日:2012年4月28日(土)~5月6日(日))
【車】名神高速道路「八日市IC」から国道421・307号線経由で約35分。
新名神高速道路「甲賀土山IC」から国道1号・県道183・182号線経由で約30分。
駐車場:無料(シーズン中はしゃくなげ渓入口)
【しゃくなげ渓地図】http://www.biwa.ne.jp/~hino-to/syakunage-map.html

Written by むねこ

2012年5月4日 at 4:59 PM

カテゴリー: おでかけ(滋賀)

Tagged with ,

岐阜 池田町 大津谷公園の桜

with one comment

前の記事」(池田町 霞間ヶ渓の桜)のつづきです。
2012年4月14日に岐阜県揖斐郡池田町の霞間ヶ渓(かまがたに)と大津谷公園に桜を観に行きました。

池田山(標高924m)の東側山麓を南北に通る「ふれあい街道」(東海自然歩道)沿いに霞間ヶ渓・大津谷公園があります。
霞間ヶ渓は、池田山の登山口にもなっていて、そこから北へ約3km行った先が「大津谷公園」です。
大津谷公園の護岸は綺麗に整備され、キャンプ場になっていました。

大津谷公園の桜1

渓谷沿いは桜並木になっていて、川遊びができる散策路があったので、車を停めて少し歩きました。
池田町に着いたのは、AM9時頃でまだ小雨が残っていましたが、桜は「満開」でした(*^_^*)。
まだ観光ている人も少なく、華やか・賑やかと言うより、「しっとり」とした雰囲気でした。

公園の高台からは池田町の街並みが見渡せ、大津谷川沿いにも桜並木が続いていたので、車で川沿いを降りました。
約1kmくらいでしょうか?大津谷川の両脇に桜並木が続き、背後の池田山から霧が出て…
茶畑の鮮やかな緑に薄いピンクが栄え、なんとも美しい風景でした。

京都の寺院の凝縮された庭園の桜も、洗練されてよろしいですが…
自然の中の雄大な風景の桜も、よろしいですなぁ…と思いました。

つづきを読むからは、フォトギャラリー9枚です。
続きを読む »

Written by むねこ

2012年4月19日 at 2:54 AM

カテゴリー: おでかけ(岐阜)

Tagged with ,

岐阜 池田町 霞間ヶ渓(かまがたに)の桜

with one comment

2012年の桜の開花は、1週間遅れたようですね。
4月14・15日は、どこも満開で賑わった事と思います。

さて今年は、どこにお花見にいこうか…と思案して…。
土曜日はお天気が悪いので、近くに日帰り温泉がある所が良いなぁ…と…(^^ゞ
岐阜県揖斐郡池田町の池田温泉の近くに、「霞間ヶ渓(かまがたに)公園」があった事を思い出しました。

霞間ヶ渓堤防

伊吹山(1377m)の東側、池田山(924m)の山麓に「霞間ヶ渓公園」があります。
この谷は、土砂崩れをたびたび引き起こしたので、地域の人々は草木の伐採を禁じる「鎌留め」を行ったり、堤防を築いて護岸に桜を植えたりしてきたそうです。
やがて鎌留めで保護された山に桜が繁殖し、春に花が咲くと、山に薄桃色の霞がかかったように見えることから、「霞間ヶ渓(かまがたに)」と呼ばれるようになりました。

谷間に沿って、ヤマザクラ・シダレザクラ・エドヒガンなど数種類の桜が自生し、そこへ大垣藩が治山政策のためにソメイヨシノなどを新たに植樹、それ以降も観光開発の為に植樹がつづき、現在は全長2kmの渓谷一帯に約1500本の桜があるそうです。
昭和3年に「国の名勝・天然記念物」に指定され、平成元年には「日本さくら名所100選」に選ばれました。

つづきを読むからは、フォトギャラリー9枚です。
続きを読む »

Written by むねこ

2012年4月17日 at 11:47 PM

カテゴリー: おでかけ(岐阜)

Tagged with , ,

奈良月ヶ瀬尾山 真福寺のしだれ梅 4.8

leave a comment »

先週のお話ですが。
洛南の醍醐寺のしだれ桜は、5~7部咲きでしたが、ソメイヨシノは咲き始めで…。
どこか「見頃」のところはないか…もう梅は、終わっているだろうなぁ…
…と思いながら、2012年4月8日に、みたび奈良の月ヶ瀬梅林に行きました。

真福寺のしだれ梅

前回の2012年3月24日に来た時は、「湖畔は7分咲き、山頂は5分咲き」でした。
そして、「梅まつり」は3月末で終わっていたのですが…
4月8日の時点で、「真福寺」のしだれ梅が、満開でした(^_^;)。
梅の花は、しだれ梅の方が遅く咲くのですねぇ…。

月ヶ瀬梅林は、標高が高い(200m~300m)所にある、と前の記事でも書いていますが…。
洛南の「しだれ桜」の5分咲きと、月ヶ瀬の「しだれ梅」の満開が、同じ時期になるくらい、温度差があると言う事なのですねぇ。

さらに、3月24日の時点では、まだ咲いていなかった「天神梅林」や「龍王梅林」が、まだ咲いていました。
さすがに、2週間前に咲いていた「湖畔」と「帆浦梅林」は、葉が出ていましたけど…。

☆ちなみに前回(3月24日)に来た時の記事です↓。
奈良月ヶ瀬尾山 真福寺~帆浦梅林の梅
月ヶ瀬尾山 天神梅林~桃香野 龍王梅林の梅

つづきを読むからは、フォトギャラリー9枚です。
続きを読む »

Written by むねこ

2012年4月15日 at 10:03 PM

カテゴリー: おでかけ(奈良)

Tagged with , ,